火垂るの墓 動画

『火垂るの墓』の動画を無料視聴するならこちら!

配信動画サイト 配信状況 無料体験と料金
TSUTAYA DISCAS
【無料レンタル】
31日間無料
月額2659円(税込)

(※本ページの情報は2020年10月時点のものです。)

 

無料体験期間中の解約なら費用は一切かかりません。

放送 1988年春
話数 全1話(約88分)
制作 スタジオジブリ
声優 清太・・・辰巳努

節子・・・白石綾乃

清太・節子の母・・・志乃原良子

親戚の叔母さん・・・山口朱美

挿入歌 アメリータ・ガリ=クルチ「埴生の宿」

 

自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。高畑勲監督のリアルかつ繊細な演出により、兄妹の孤独な心情を見事に活写。ふたりの運命を予見するような、闇夜を照らす蛍の姿が痛烈に迫る。また、昭和20年代の日本の生活を克明に描写した美術・演出も秀逸。昭和20年の神戸。急な空襲で母が入院した、14歳の清太と4歳の節子兄妹は、叔母のもとを頼りに訪れる。だがふたりの母が亡くなったのを機に叔母は彼らを邪険にしはじめ、清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。ふたりだけの自炊生活をはじめるが・・・。

このアニメを配信しているおすすめの動画配信サービス

動画サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

【無料レンタル】
31日間無料
月額2659円(税込)
1100円分の動画ポイント
×
配信なし
31日間無料
月額2189円(税込)
600円分のポイント
×
配信なし
31日間無料
月額440円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
無料期間なし
月額990円(税込)から
ポイントなし

×
配信なし
1ヶ月間無料
月額977円(税込)
最大900円分のポイント

×
配信なし
14日間無料
月額1026円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額1650円(税込)
1000ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額1958円(税込)
1958ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額618円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
14日間無料
月額1017円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額960円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
登録月無料
月額550円(税込)
ポイントなし

(※本ページの記載は2020年10月時点の情報です。)

宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」には、30日間の無料お試し期間があります。

無料お試しを使えば、『火垂るの墓』のDVDを無料で視聴できます。

 

なお、宅配レンタルと動画配信がセットになったサービスプラン「定額レンタル8」なら、DVDが借り放題で動画配信も見放題なので、動画配信されていない新作アニメを宅配レンタルで見たり、新作の映画などを動画配信で無料で見ることもできます。

無料期間中の解約なら費用は一切かかりません。

AnitubeやGOGOANIMEなどの動画サイトで動画を見ると、スマホやPCがウイルスに感染する恐れがあります。

こうなってしまってからでは遅いので、違法動画の視聴は気をつけたいところです。

公式動画配信サービスが安心安全

・無料お試し期間が長く設けられている
・高画質、高音質で楽しめる
・広告などが出ることもないのでノーストレス
・もちろんウイルス感染の心配もなし

『火垂るの墓』本編動画

1945年(昭和20年)9月21日、清太は省線(現在のJR神戸線)三ノ宮駅構内で、14歳の若さで衰弱死した。清太の所持品は錆びたドロップ缶。その中にはわずか4歳で衰弱死した妹・節子の小さな骨片が入っていた。駅員がドロップ缶を見つけ、無造作に草むらへ放り投げていった。地面に落ちた缶からこぼれ落ちた遺骨のまわりに蛍がひとしきり飛び交い、やがて静まる。
太平洋戦争末期、兵庫県武庫郡御影町(現在の神戸市東灘区[注釈 1])に住んでいた清太とその妹・節子は6月5日の神戸大空襲で母も家も失い、父の従兄弟の嫁で今は未亡人である兵庫県西宮市の親戚の家に身を寄せることになる。
最初のうちは順調だった共同生活も戦争が進むにつれて、2人を邪魔扱いする説教くさい叔母との諍いが絶えなくなっていった。居心地が悪くなった清太は節子を連れて家を出ることを決心し、近くの満池谷町の貯水池のほとりにある防空壕の中で暮らし始めるが[注釈 2]、配給は途切れがちになり、情報や近所付き合いもないために思うように食料が得られず、節子は徐々に栄養失調で弱っていった。清太は畑から野菜を盗んだり、空襲で無人となった人家から火事場泥棒し、時には見つかり殴られた上に派出所に突き出されながらも飢えをしのいだ。
ある日、川辺で倒れている節子を発見した清太は、病院に連れていくも医者に「滋養を付けるしかない」と言われたため、銀行から貯金を下ろして食料の調達に走る最中に日本が降伏して戦争は終わったことを知った。清太は日本が敗戦し、父の所属する連合艦隊も壊滅したと聞かされショックを受ける。節子に食べ物を食べさせるものの既に手遅れで、節子は終戦から7日後の8月22日に短い生涯を閉じた。節子を荼毘に付した後、清太は防空壕を去る。その清太もまた栄養失調に侵されており、身寄りも無いため三ノ宮駅に寝起きする戦災孤児の1人として野垂れ死に、死体は他の死亡した30人の死体と共に荼毘に付され、無縁仏として納骨堂へ収められた。その後、物語の冒頭1945年(昭和20年)9月21日、鉄道構内で衰弱し霊的な存在となった清太は節子と再会し自分たちが生きていた頃を思い浮かべ見つめ続ける。それから2人は現代の時代まで成仏せずに迷い続けた。

動画共有サイト

公式配信サイトで動画を無料でみる

『火垂るの墓』感想

papapaさん

一見、見やすい絵柄のアニメですが、そのストーリーの中に戦争の悲しさを描いてくれています。主人公のお母さんが亡くなってしまう時の痛々しい描写は子供心に衝撃的でしたが、子供が戦争というものを知るための入り口になる良い作品だったのではないかなと思います。このお話は、子供の頃と大人になってからとで見た感想が大きく変わった作品です。子供の頃は「お母さんが死んでしまった兄妹がかわいそう」「親戚にもいじめられてかわいそう」「親戚のおばさんはひどい」と思っていました。けれど、大人になってから改めて見ると少し違った感情があります。親戚のおばさんは冷たいけれど、この時代、子供を引き取って育てることの負担はかなり大きかったと思います。それに加えて、居候させてもらいながらも非協力的な二人の態度…。イライラしてしまうし、どんどん可愛く見えなくなってしまうよな、と、親戚側の気持ちもわかる気がしました。「食事に文句があるなら自炊しろ」と言われて本当に自炊し始める子供たち…。可愛らしくはないですよね。自炊できるお金を隠し持っていたことも…おばさんにとっていい印象ではないですよね。清太と節子も悪気があってそう振る舞っているわけではないのでしょうけど。元々の恵まれた環境に慣れてしまっていたことや、居候先に気を使うということに頭が回るほど大人ではなかった面もあると思います。そんなすれ違いと、終戦前という貧しい時代背景があってあんな悲惨なことになってしまったんだな、と、大人になってからは感じるようになりました。一概に誰が悪いと言えるようなお話ではなかったんですね。見ると悲しく辛くなってしまうので、積極的に何回も見たいかというとそうではないのですが…でも、たまには見て、今の私たちには縁遠い戦争っていうものを考える機会を持つのにはいい作品ではないかなと思っています。

前田定満さん

本作はとても悲しい物語です。見終わった後、言葉が出ず、涙が止まりませんでした。戦争の凄惨さ、命の儚さを痛感します。これが実際に起きていたと思うと恐ろしいです。是非後世にも伝えるべき作品だと思います。

スタジオジブリ関連作品

魔女の宅急便

おすすめ度:★★★★★

・『魔女の宅急便』は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品です。
・とあるのどかな田舎町に住むキキは、魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子です。
・キキは古くからのしきたりに従って旅立ち、海に囲まれたコリコの街に定住を決めますが・・・。
おもひでぽろぽろ

おすすめ度:★★★★★

・『おもひでぽろぽろ』は、岡本螢原作、刀根夕子作画の漫画を原作とした、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品です。
・全編に徹底したリアリズムが貫かれ、舞台となった1982年の山形県山形市高瀬地区の様子や仙山線高瀬駅などが緻密に描かれています。
・また、1966年の描写においてもその当時の様子を徹底的なリサーチを元に描いています。
紅の豚

おすすめ度:★★★★☆

・『紅の豚』は、1992年に日本のスタジオジブリで制作された長編アニメ映画作品です。
・深紅の飛行艇を操る豚のポルコ・ロッソは、アドリア海の小島に隠棲し、空中海賊(空賊)退治を請け負う賞金稼ぎとして暮らしていました。
・ある晩、昔馴染みのジーナが営むホテル・アドリアーノを訪れたポルコは、米国製の飛行艇を操るアメリカ人カーチスに出会い、ストーリーが始まります。
耳をすませば

おすすめ度:★★★★☆

・『耳をすませば』は、柊あおいの漫画作品を原作とした、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品です。
・月島雫は読書が好きな中学3年。ある日、父の勤める図書館で自分が借りた本の読書カードにいずれも「天沢聖司」の名前があることに気がつき、思いを馳せます。
・原作漫画版とアニメ映画版では設定や展開が異なり、アニメ映画版では、背景美術として東京都の多摩市・日野市・武蔵野市を描写した絵柄が多く見られます。
平成狸合戦ぽんぽこ

おすすめ度:★★★★☆

・『平成狸合戦ぽんぽこ』は、1994年にスタジオジブリで制作されたアニメーション映画作品です。
・開発が進む多摩ニュータウン(多摩市)を舞台に、その一帯の狸が化学(ばけがく)を駆使して人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品です。
・数年に1度、日本テレビ「金曜ロードショー」枠で再放送されており、スタジオ内の初のCG使用作品でもあります。

『火垂るの墓』と類似のおすすめアニメ

じゃりン子チエ

おすすめ度:★★★★★

・『じゃりン子チエ』は、ウチは日本一不幸な少女や!なにわの元気娘と周囲の人々を描く大阪下町の人情劇です。
・はるき悦巳の同名作品を原作に、大阪下町を舞台とした笑いと涙のホームコメディです。
・テツ役の西川のりおを始め関西芸人が多数出演、その熱演がはまっていて笑いを誘います。
チエちゃん奮戦記:じゃりン子チエ

おすすめ度:★★★★★

・『チエちゃん奮戦記:じゃりン子チエ』は、チエの周囲は今日も大騒ぎ!下町の人々をユーモアたっぷりに描く人情コメディ第2弾です。
・はるき悦巳の同名漫画を原作とするTVシリーズ第2弾です。
・キャストの一部が変更されましたが、ネイティブの関西弁が炸裂し、その演技も魅力的なユーモア満載の人情コメディです。
ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え

おすすめ度:★★★★☆

・『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』は、先祖の残した財宝をめぐるレース!?多国籍軍を相手に大暴れするテレビスペシャル第3弾です。
・かのナポレオンの有名な言葉を鍵に、コミカルに描かれたスペシャル第3弾です。
・ルパン一族の財宝の謎に、銭形とそのパートナー千恵子と、ルパンとの三角関係(?)が描かれます。
緊急発進セイバーキッズ

おすすめ度:★★★★☆

・『緊急発進セイバーキッズ』は、スーパーメカで世界を救え!近未来で繰り広げられるモンキー・パンチ原作のSF活劇です。
・「ルパン三世」のモンキー・パンチが原作を手がけた近未来SFアニメです。
・メカを駆使し世界を救う天神林ファミリーの活躍を描きます。
ルパン三世 ロシアより愛をこめて

おすすめ度:★★★★☆

・『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』は、歴史に消えたロシア王朝の遺産を追うルパン!謎の怪僧と対決するTVスペシャル第4弾です。
・ロマノフ王朝が残した金塊を巡る冒険が繰り広げられるTVスペシャル第4弾です。
・出崎統監督の演出により軽快なタッチで描かれる物語は二転三転し、片時も目を離せない展開になります。

曜日別アニメ一覧

曜日をタップで一覧を表示します。

アニメ視聴におすすめの動画配信サービスをチェック

動画配信サービス・アニメ

(画像・ボタンのタップでページに移動します。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です