アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ続編情報

【アニメ続編】涼宮ハルヒの憂鬱3期の可能性となぜやらないのか最新情報を紹介!

投稿日:

2006年4月より放送され社会現象を巻き起こしたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』

放送から10年近くたった現在でもスニーカー文庫で1,2を争う人気を誇る本作。

スピンオフ作品の連載、映画化、ゲーム化様々なメディアミックスがされたことも記憶に新しいですね。

ですが、ここまで人気があった『涼宮ハルヒの憂鬱』ですがいまだアニメ3期がくるといった情報はありません。

そこで、ここではアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』3期の可能性を考察したいと思います。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の最新情報を含めご紹介しますね。

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』2期までのおさらい

それではまずアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』はどこまでアニメ化されているのか見てみます。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の原作小説は以下のタイトルで発売されています。

<小説タイトル>

・涼宮ハルヒの憂鬱
・涼宮ハルヒの溜息
・涼宮ハルヒの退屈(涼宮ハルヒの退屈、笹の葉ラプソディ、ミステリックサイン、孤島症候群)
・涼宮ハルヒの消失
・涼宮ハルヒの暴走(エンドレスエイト、射手座の日、雪山症候群)
・涼宮ハルヒの動揺(ライブアライブ、朝比奈ミクルの冒険Episode00、ヒトメボレLOVERなど)
・涼宮ハルヒの陰謀
・涼宮ハルヒの憤慨
・涼宮ハルヒの分裂
・涼宮ハルヒの驚愕

この中でアニメ化されているのは「エンドレスエイト」が収録されている5巻の途中まで

11巻まで小説は刊行されていますので、6巻分ストックがあります。

アニメ続編をつくるのにはストックは充分だと思いますね!

では、なぜ続編がつくられないのか詳しくみていきましょう。

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』3期の可能性は?

アニメシリーズ合計70万本を突破し大ヒットを遂げたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが正直なところ

3期の可能性は低いです。

しかし、そんなに売れたのなら3期をやらないのはおかしいんじゃないか?と思う方もいるかもしれません。

こう考えたのは2つほど理由があります。

以下それぞれの理由の解説をします。
 

涼宮ハルヒの憂鬱3期の可能性が低い2つの理由

理由1:アニメ2期の不評
『涼宮ハルヒの憂鬱』3期が無いと考える1つ目の理由にアニメ2期を不評があります。

2期は売り上げとしては初動2万枚を軽く超え累計では4万枚を突破するほどの大ヒットでした。

しかし、評価的な面では残念ながら2期は1期と比べると厳しいものがありました。

理由として真っ先に挙げられるのはやはり「エンドレスエイト」と呼ばれる一連のエピソードでしょう。

この「エンドレスエイト」と呼ばれるエピソードは名前の通り全8回にわたる長編なのですが、その内容がひどすぎてアニメ好きの間では未だに語り継がれているほど……。

「エンドレスエイト」の何がひどかったのかというと”ほぼ同じ内容を8回にわたり繰り返した”これにつきます。

もちろん、完全に同じ内容だったわけではありません。

ですが8回にわたる放送の中で「変わったのは登場人物の着てる服と声優の演技だけ」とまで言われるほどには変化がありません。

この「エンドレスエイト」に引っ張られる形でアニメ2期は評判を落としてしまいました。

実際この不評が影響しているのかは定かではありませんが、2期放送時点で製作が決定していた映画「涼宮ハルヒの消失」を公開して以降、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」本編の制作はされていません。
 
理由2:長期間の原作小説のストップ
2つ目の理由として挙げられるのは長期間の原作小説のストップです。

以下2010年以降に刊行された小説「涼宮ハルヒシリーズ」のタイトルと発売日です。

涼宮ハルヒの驚愕 → 2011年6月

実はアニメが終わってから刊行された「涼宮ハルヒシリーズ」の小説はなんとたったの1巻だけ!

もちろん完結などしていません。

実のところ原作者の谷川流先生は1つも作品を完結させておらず「涼宮ハルヒシリーズ」もその例に漏れず未完のまま原作がストップしている状態です。

これは原作の出版元のスニーカー文庫からしてみれば大問題です。

アニメ化というのは原作の宣伝という目的もあり、近年では「このすば」などがアニメ化以降急激に原作の売り上げを伸ばしました(およそ3倍ほど)

そういった事情もあり宣伝するための原作に動きのない「涼宮ハルヒシリーズ」の3期を作るのは出版元としては考えられないのです。
 

『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズの最新情報

ここまでアニメ3期の可能性が低い理由についてまとめました。

しかし、原作の動きが無かった「涼宮ハルヒシリーズ」ですが近年は変わった動きがありました。

新作短編エピソードが掲載!

スニーカー文庫30周年を記念し復刻した「ザ・スニーカー」でなんと「涼宮ハルヒシリーズ」の新作短編が掲載されました。

ハルヒ達の高校、北高学園の七不思議に関するエピソードとなっており、久々の新作というのもあってファン必見の1冊となっています。

ストーリーとしては部長のハルヒが不在の状況で百人一首しているところからスタートします。

新キャラが出てきたり、珍しく小泉が活躍したり…どうしても見たい方はザ・スニーカーを購入して読んでみるのをおすすめします。

角川文庫版「涼宮ハルヒの憂鬱」発売!

なんと「涼宮ハルヒの憂鬱」が角川文庫からも刊行されることが決まりました。

確かに元々の出版元のスニーカー文庫は角川の傘下なので何も問題はないのですが……。

一度ライトノベルとして出た小説を違うレーベルで、まるで一般の小説のように売り出すというのはなかなか前例のない話です。

これは違和感を覚える人も多いかもしれませんね。

新作アニメ制作決定!などの情報はありませんが「涼宮ハルヒシリーズ」の展開はスニーカー文庫の中でもかなり異質です。

先程は3期の可能性が低いとしましたが、ここまで異質だともしかしたらその考えを改めなければならないかもしれません。

そこで、もう一度『涼宮ハルヒの憂鬱』3期の可能性について考えたいと思います。
 

もう一度アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』3期の可能性を考える

30周年の記念雑誌の表紙を飾ったり、前例の少ない文庫本化を果たすなど「涼宮ハルヒシリーズ」はスニーカー文庫の中でも特別な作品として扱われています。

近年アニメ界でリバイバルブームが起こっており「魔術師オーフェン」「シティーハンター」など往年の名作が再アニメ化を果たしています。

このリバイバルブームに乗じて『涼宮ハルヒの憂鬱』3期が制作される可能性があるかもしれません。

ですがスニーカー文庫で往年の名作といえば「ロードス島戦記」が存在しており、しかも最近30周年を記念してシリーズが再起動。

リバイバルブームにのって新作アニメを作るのなら「ロードス島戦記」になってしまうかもしれません……。

やはり、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」3期の可能性は低いと考えてよさそうです。

ですが、小説の宣伝とはまるで関係ない媒体、例えばOVAなどでなら新作アニメの可能性はあるかもしれません。

OVAはファンしか買わない分、小説の宣伝を無視してアニメを作れるからです。アニメ前作から時間が経過してOVAが作られた作品には「ヘルシング」などがあります。

もちろん、作るためには相当な人気がないといけませんが……「涼宮ハルヒの憂鬱」という社会現象級のコンテンツならもしかしたら可能かもしれません。
 

まとめ

残念ながら3期の可能性は低そうなアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』

しかしながら『涼宮ハルヒの憂鬱』ほどのタイトルが出版社から忘れられる、ということはないでしょう。

これからも何かしらの新展開が続いていくはずですので、その新展開の中に新作アニメの制作が発表されるように祈りましょう。

-アニメ続編情報

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.