アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメネタ

アニメSSSS.GRIDMAN(グリッドマン)のSSSSとは?隠された意味と真相を紹介!

投稿日:

2018年秋アニメで今も人気を誇るアニメ『SSSS.GRIDMAN』。

原作は1993年に放送された特撮、『電光超人グリッドマン』!

TOKYO MXで特撮版の再放送も始まり、更に盛り上がりを見せています。

今回はアニメタイトルに隠された物語のテーマに迫ります。

グリッドマンとは?

特撮の『電光超人グリッドマン』では、コンピューターワールド内に悪性の怪獣がプログラムを破壊し、通信障害など実社会に悪影響が及びます。

その怪獣に立ち向かい、システムを元通りに修正するヒーロー、それがグリッドマンです。

1993年にはまだパソコンやネットワークが普及しておらず、コンピューターウイルスも認知されていなかったため、“早すぎた名作”と言われてきました。

アニメのグリッドマンでは、高校生の響裕太がグリッドマンと一体化し、街を壊す怪獣と戦います

コンピューターワールドのヒーロー、グリッドマンが実社会に現れた!と思うほど、瓦礫や崩れ去る街を細かく描写した戦闘シーンが魅力です。

しかし、怪獣を倒した後に街は修復し、人々の記憶から怪獣とグリッドマンに関する記憶は消去されてしまいます。

アニメではお約束展開ですが、現実社会には不可解です。

そこがアニメ版の物語の最重要点であり、タイトルの“SSSS”に繋がっていると思われます!

 

グリッドマンの“SSSS”に込められた意味とは!

結論から先に言いますと、SSSSとは

Special Signature to Save a Soul
(魂を救う特別な署名)

 
最終回に裕太と新世紀中学生達が、本来の姿(特撮版のグリッドマン)に変身する時のパソコンに表示された文字の頭文字です。

アクセスコードはグリッドマン!と六花や内海が言った際に、表示された画面にその文字列は表示されています。

ばらばらになっていたグリッドマンと裕太、新世紀中学生が融合し、元のグリッドマンになれば、悪性物質を取り除き、本来あるべき状態に修復することができます。  

つまり、グリッドマンの果たすべき使命は、魂を救い、本来あるべき状態にすることだったのです。

 

グリッドマンが魂を救うのは誰?

では、グリッドマンによる魂の救いが必要な存在は誰か?

それは、新条アカネです。

アカネは、クラスメートからいつも注目されていますが、人にぶつかれば反射的に謝罪を求める。

校外学習でクラスメートがはしゃいでいる様子を見て、裕太に「私はそういうの得意じゃないから、本当は」とつぶやくなど、コミュニケーションが苦手なところがあります

ネタバレになりますが、裕太達が暮らしている街はリアルではなく、アカネが生み出した仮想空間

要はアニメなどの二次元の世界。

ひとりぼっちでリアルに後ろめたさを感じたアカネが、自分を好きになるように周りの人間を設定

好きになるように設定しないと誰も自分の事を好きにならない、そんな孤独な彼女にとって居心地のいい場所を作り、その世界を大好きな怪獣に管理させて、好きな時に怪獣を使って破壊。

そして、管理怪獣の力で復元したりとアカネは自由自在に世界を操っていたのです。 

そうした暴挙を繰り返す中で、彼女の心は歪んでいき、そのアカネの心に付け込み、世界を壊そうとしたのが、敵であるアレクシス・ケリヴでした。

最終回でアレクシス・ケリヴはアカネを傀儡に使った理由を語ります。

『私の命には限りがない。
それは私に虚無感をもたらした。
故にアカネ君のような人間の情動だけが私の心を満たしてくれた。

彼女はあらゆるイレギュラーやここで生まれた命までコントロールできない。
だからこそ怪獣が必要だったのだ。その繰り返しを続け私は心を満たしたかった』

アレクシス・ケリヴは、リアルも自分が作った世界でさえも思うようにいかないアカネのフラストレーションを利用していたのです

アニメの世界観を巧みに歌詞に表現する、オーイシマサヨシ氏が作詞した主題歌『UNION』にも、

作り物のようなこの日々に僕らのSOSが加速する』、
君を退屈から救いに来たんだ

というフレーズが存在します。 

作り物は、アカネの仮想空間。

君とは、オープニング映像でぼんやりと窓を眺めていたアカネ。

退屈は、アカネの溜まったフラストレーションや、永遠の命を持つアレクシス・ケリヴのこと。

つまりこの物語のテーマは、この仮想世界を作ったアカネの魂を開放し、アレクシス・ケリヴの手から救い出すことだったと考えられます

最終回の必殺技、フィクサービームを撃つ際にグリッドマンが言った台詞からもそれは読み取れます。

フィクサービームとはこの世界を修復する力。この世界を作った新条アカネの心を救う力だ!
  
フィクサービーム後、アカネの作った街は裕太達の暮らす平和な世界に戻ります。

組織、アカネは裕太、内海、六花の言葉を受けて、自分の意志で前を向き、元の世界に帰らないといけないと悟り、これまでの非礼を六花に謝ります。

六花はアカネに渡したかった定期入れを渡し、アカネに「私はアカネとずっと一緒にいたい。どうかこの願いがずっと叶いませんように。」と願うと、アカネは六花の優しさに救われ、元の世界へ帰還。

それが、ラストの実写(リアルのアカネが目を覚ます)に繋がり、そこから主題歌『UNION』のMVに映るリアルのアカネらしき女子高生の通学シーンに繋がっています。 

また、どことなくリアルのアカネは六花に雰囲気が似ていますよね?

という考察をされている方が言うように、裕太やグリッドマンは、アカネのなりたい姿ではなく、ありのままのアカネが好きで、彼女の心を助けたいと思っていたのかもしれません。

『UNION』のMVはこちら

 

まとめ

アニメのグリッドマンは、歪んでしまった仮想世界とアカネの心を修復し、アカネがリアルと向き合うための物語でした。

特撮リメイクにせずアニメにしたのも、リアルではない世界を表現するのにアニメが相応しかったと推測できます。

3月23、24日に開催されるイベント、アニメジャパンにも『SSSS.GRIDMAN』のブースが出展されるので最新情報の発表が楽しみです!

-アニメネタ

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.