ゲド戦記 動画

『ゲド戦記』の動画を無料視聴するならこちら!

配信動画サイト 配信状況 無料体験と料金
TSUTAYA DISCAS
【無料レンタル】
31日間無料
月額2659円(税込)

(※本ページの情報は2020年10月時点のものです。)

 

無料体験期間中の解約なら費用は一切かかりません。

放送 2006年夏
話数 全1話(約115分)
制作 スタジオジブリ
声優 アレン・・・岡田准一

テルー・・・手嶌葵

クモ・・・田中裕子

ウサギ・・・香川照之

テナー・・・風吹ジュン

ハジア売り・・・内藤剛志

女主人・・・倍賞美津子

王妃・・・夏川結衣

国王・・・小林薫

ハイタカ・・・菅原文太

主題歌 手嶌葵「時の歌」

ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会う…。

このアニメを配信しているおすすめの動画配信サービス

動画サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

【無料レンタル】
31日間無料
月額2659円(税込)
1100円分の動画ポイント
×
配信なし
31日間無料
月額2189円(税込)
600円分のポイント
×
配信なし
31日間無料
月額440円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
無料期間なし
月額990円(税込)から
ポイントなし

×
配信なし
1ヶ月間無料
月額977円(税込)
最大900円分のポイント

×
配信なし
14日間無料
月額1026円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額1650円(税込)
1000ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額1958円(税込)
1958ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額618円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
14日間無料
月額1017円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額960円(税込)
ポイントなし

×
配信なし
登録月無料
月額550円(税込)
ポイントなし

(※本ページの記載は2020年10月時点の情報です。)

宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」には、30日間の無料お試し期間があります。

無料お試しを使えば、『ゲド戦記』のDVDを無料で視聴できます。

 

なお、宅配レンタルと動画配信がセットになったサービスプラン「定額レンタル8」なら、DVDが借り放題で動画配信も見放題なので、動画配信されていない新作アニメを宅配レンタルで見たり、新作の映画などを動画配信で無料で見ることもできます。

無料期間中の解約なら費用は一切かかりません。

AnitubeやGOGOANIMEなどの動画サイトで動画を見ると、スマホやPCがウイルスに感染する恐れがあります。

こうなってしまってからでは遅いので、違法動画の視聴は気をつけたいところです。

公式動画配信サービスが安心安全

・無料お試し期間が長く設けられている
・高画質、高音質で楽しめる
・広告などが出ることもないのでノーストレス
・もちろんウイルス感染の心配もなし

『ゲド戦記』本編動画

西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界に現れた。そして、それと呼応するかのように、各地で作物が枯れ、家畜が倒れていく。世界の均衡が崩れつつあった。災いの源を探るゲドは、旅の途中、国を捨てた王子アレンに出会う。心に闇を持つ少年は、得体の知れない“影”に追われていた。二人は、都城ホート・タウンにたどり着く。そこでは、人身売買が行われ、麻薬が蔓延し、売っている物はまがい物ばかり。表面的には陽気で騒々しかったが、行き交う顔からは実在感が失われていた。街をさまようアレンは、謎の少女テルーを人狩りの手から救い出すが、彼女は少年を拒絶する。
――世界に兆す災いの背後には、クモと呼ばれる男がいた。“死ぬこと”を誰よりも怖れるその男は、かつてゲドと戦い、そして敗れた大魔法使いだった。

動画共有サイト

公式配信サイトで動画を無料でみる

『ゲド戦記』感想

waon.nさん

本作は映像が素晴らしく、背景もとても作りこまれています。あのクオリティの絵が動いているだけで感動します。ストーリーはジブリ映画にしてはありがちな気もしましたが、グラフィックと動きを見るだけで満足してしまう作品です。

ぽちきんぐさん

本作は、宮崎駿さんの息子である、宮崎吾郎さんの初監督作品です。グラフィックはさすがジブリ作品と言った感じで、細かく作りこまれています。父親に影響され過ぎて原作から離れてしまっているのが残念なところですが、世界観は良いものがあります。宮崎駿監督がいかに怪物だったか実感する映画だったと思います。

スタジオジブリ関連作品

崖の上のポニョ

おすすめ度:★★★★★

・『崖の上のポニョ』は、2008年7月19日に東宝による配給で公開されたスタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。
・海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳児の少年・宗介の物語です。
・宮崎駿による2004年の『ハウルの動く城』に続く4年ぶりの作品で、原作・脚本・監督の3つすべてを担当するのは、2001年公開の『千と千尋の神隠し』以来7年ぶりでした。
借りぐらしのアリエッティ

おすすめ度:★★★★★

・『借りぐらしのアリエッティ』は、メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作となっているアニメ映画です。
・14歳の小人の少女・アリエッティは、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら、両親と慎ましく暮らしていました。
・そんなある日、その屋敷に引越してきた病を患った少年・翔に自分の姿を見られてしまい、アリエッティは外の世界で暮らすことを余儀なくされます。
コクリコ坂から

おすすめ度:★★★★☆

・『コクリコ坂から』は、高橋千鶴(作画)・佐山哲郎(原作)による日本の漫画作品を原作としたスタジオジブリ製作の劇場版アニメ作品です。
・映画版のオリジナル要素として、高校の文化部部室塔「カルチェラタン」が登場し、俊と水沼は、取り壊しが予定されているカルチェラタンを守るために奔走します。
・海はカルチェラタンの良さを生徒達に伝えるための大掃除を提案し、それを通じて俊と接近するなど、映画版のストーリーはこの保存運動を軸として大きく再構成されています。
風立ちぬ

おすすめ度:★★★★☆

・『風立ちぬ』は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。
・本作は、宮崎が『モデルグラフィックス』誌上にて発表した連載漫画『風立ちぬ』を原作としています。
・実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説からの着想も盛り込まれました。
かぐや姫の物語

おすすめ度:★★★★☆

・『かぐや姫の物語』は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画です。
・監督は高畑勲が務め、2013年11月23日に公開されたました。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」です。
・高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなり、高畑は本作公開から4年半後に死去し、本作が最後の監督作品となりました。

『ゲド戦記』と類似のおすすめアニメ

劇場版 スペースアドベンチャー コブラ

おすすめ度:★★★★★

・『劇場版 スペースアドベンチャー コブラ』は、左腕にサイコガンを持つ男のハードボイルドなSFアクション、初のアニメ映画です。
・本作は、原作漫画の人気エピソードを基に構成されたオリジナルストーリーが描かれています。
・クライマックスのクリスタル・ボーイとの決戦は、コブラのカッコよさが最も光ります。
新・ど根性ガエル ど根性・夢枕

おすすめ度:★★★★★

・『新・ど根性ガエル ど根性・夢枕』は、夢をきっかけに巻き起こる大騒動。笑いあり、感動ありの、シリーズ初の劇場版です。
・本作は、TV放送されたエピソードからいくつかの話を混ぜ合わせ1本の作品として再構成しています。
・新規録音セリフもあり、まったく新しいストーリーに見えるその構成力に脱帽します。
ゴルゴ13(劇場版)

おすすめ度:★★★★☆

・『ゴルゴ13(劇場版)』は、超A級スナイパー、その名はゴルゴ13。ハードボイルド劇画の金字塔を劇場アニメ化した作品です。
・ゴルゴ13ことデューク東郷がどんなに難しい依頼でもこなす姿には、暗殺に対する彼の“美学”が浮かび上がります。
・出崎統監督のハードボイルドな演出による映像の賜物です。
キャッツ・アイ

おすすめ度:★★★★☆

・『キャッツ・アイ』は、美人3姉妹の華麗な怪盗姿が視聴者たちの目を釘付けにした、80年代の傑作ラブコメディです。
・『シティーハンター』の北条司の出世作で、怪盗アニメの名作として未だ語り継がれる伝説的作品です。
・来生3姉妹のセクシーなレオタード姿は、幅広い年齢層の視聴者を虜にしました。
ルパン三世 PART3

おすすめ度:★★★★☆

・『ルパン三世 PART3』は、ハード&セクシーに変身したルパンが繰り広げるスタイリッシュクライムアクションです。
・世紀の大泥棒が仲間と活躍するTVシリーズの第3弾です。
・パンのジャケットがピンク色になるなど色調は明るめですが、反面、エピソードはやや大人向けの内容となっています。

曜日別アニメ一覧

曜日をタップで一覧を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です