アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメネタ

【ドラゴンボール】登場人物キャラクター一覧と最強ランキングTOP10

投稿日:

大人から子供まで、あらゆる層から人気を集める大人気バトル漫画「ドラゴンボール」。

2015年から18年ぶりとなるアニメ新シリーズ「ドラゴンボール超」がそして2018年には新シリーズ初の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」が公開され、その人気はとどまることを知りません。

そんな大人気の「ドラゴンボール」バトル漫画だけあって多くのキャラクターが登場し熱い戦いを繰り広げます。

それだけに一度でもこの作品に触れたことのある人なら、だれもが疑問に思ったのではないでしょうか?

「ドラゴンボールのキャラで最強なのは誰だ!」と。

そこで今回はドラゴンボールの最強キャラをランキング形式で発表していきます。

また忘れがちな戦闘力の解説や、作中キャラの戦闘力まとめなどもご紹介しますね。

 

ドラゴンボールの戦闘力について

【戦闘力】というのはその人物がどれだけ強いのかを数値で表したものです。

例えば戦闘力53万のフリーザ様は戦闘力139の亀戦人よりも強い。そんな感じにキャラクターの強弱を分かり易くしてくれます。

基本的にはスカウターという装置を使って図りますが、中には自己申告をして圧倒的な実力を見せつけてくることも。

★あまりに有名すぎるフリーザ様の戦闘力。
当時ベジータの戦闘力3万程度で驚いてた当時のキッズたちはもうビビった。

戦闘力の初出はサイヤ人襲来編で、ラディッツが地球に来た時に運悪くその場にいた農夫の戦闘力を測ったのがきっかけです。

★こちらも有名な戦闘力。
おまけのようについてくる罵倒のせいで印象がより深まっています。

戦闘力が高い=強いというのは確かですし、まずは戦闘力から誰が最強キャラかを調査していきます。

そこでサイヤ人襲来編からナメック星編で、作中で描写のあった戦闘力について次の項目でまとめました。

 

登場キャラクター戦闘力の一覧

それではDB原作で描写のあった戦闘力を高い順からまとめました。

また複数の形態があるキャラクター(フリーザなど)を除き最も高い数値を載せています。

フリーザ<第2形態>
戦闘力100万以上
フリーザ<第1形態>
戦闘力53万
孫悟空(界王拳)
戦闘力18万
ギニュー
戦闘力12万
ネイル
戦闘力4万2000
ベジータ(戦闘力抑え状態)
戦闘力3万
孫悟飯
戦闘力1万以上
クリリン
戦闘力1万以上
ピッコロ
戦闘力1220
サイバイマン
戦闘力1200
天津飯
戦闘力259
ヤムチャ
戦闘力177
亀仙人
戦闘力139
銃を持ったおっさん
戦闘力5

以上原作で登場した戦闘力まとめでした。

意外なことにネット上でまことしやかに囁かれているフリーザの戦闘力1億2000万といった数値は原作では欠片も描写されておらず、集英社から発売された公式のガイドブックがソースとなっていたようです。

またフリーザ編の次のストーリーである人造人間編ではスカウターがそもそも使われなくなり(一説には戦闘力がインフレしすぎたためとも)戦闘力の描写自体なくなってしまいました。

これでは戦闘力だけで最強キャラを決定するのは難しそうですね。

戦闘力では最強キャラが分からないとするならあとはもう作中の描写を見て判断するしかありません。

そこで作中の描写を元に独断と偏見で最強ランキングトップ10を作成しましたので、次の項目でご紹介していきます。

 

ドラゴンボール最強ランキングTOP10

では、ドラゴンボール最強ランキングTOP10を発表していきます。

また、一口にドラゴンボールといいましても漫画やアニメ更にはゲームなど様々な派生作品が存在しています。

今回はゲーム版のキャラを除き、すべてのドラゴンボール関連作品が対象としてみました。

では、10位から順番に解説をしていきます。

第10位:ベジータ(SSGSS進化)

誇り高きサイヤ人の王子の新形態が10位にランクイン!

「お目目キラキラブルー」や「スーパーサイヤ人ブルー2」などイマイチ呼び方がはっきりしない形態ですが実力は折り紙付き!

恐らく”力の大会”の中でもトップクラスの破壊神トッポを撃破した功績は大きいです。

また、トッポ戦では破壊の力をいとも簡単に打ち消したところも見逃せません。

これはつまり、ベジータの力が破壊神と同等またはそれ以上の領域にまで到達していることに他なりません!

残念ながらジレンには及ばなかった力ですが、ジレンからも「孫悟空の次に強い」と言われただけあって、その力が本物だということは間違いありませんね。

破壊神を倒しているだけあってビルス様より上か悩んだのですが、この形態に目覚めたときのビルス様のリアクションがあまりに薄かったので、今回はビルス様より下の位置づけになりました。

第9位:破壊神ビルス

約10年ぶりになるドラゴンボールの新作劇場版アニメ「ドラゴンボール 神と神」で華やかなデビューを飾り、かつての最強ランキングを塗り替えたビルス様も今となっては9位にランクインする事態に。

圧倒的な力を持つビルス様ですが……

おつきの神官であるウィスから「悟空とベジータが協力しあえば十分戦える」
『ドラゴンボール超 ブロリー』では悟空がブロリーに対し「ビルス様より強い」

などなど、かつてのような圧倒的に強いと言われることは少なくなってきた感じです。

ですが、作中で今だに1度も本気を出していないこともあり、上記の悟空のセリフも一度も本気を見ていない悟空が

「(自分が戦った時の)ビルス様より強い」

といった意味での発言ですので、実際にブロリーが確実にビルス様より強いかといわれると謎な部分がありますね……。

今回は悟空の発言を信用する方向でこの順位付けとなりました。

第8位:ブロリー(ドラゴンボール超)

久しぶりにスクリーンの世界に帰ってきて、そのまま以前と変わらぬ暴れぶりを見せた伝説のスーパーサイヤ人が8位にランクイン!

超のブロリーはかつてのように悟空への恨みで動いているわけではなく、スーパーサイヤ人に覚醒した理由も"父であるパラガスがフリーザに殺された怒りで覚醒"とかなりキャラクター性が変わったことも印象深いです。

そしてブロリーの特徴といえばやはり、その圧倒的成長スピードでしょう。

最初は普通のスーパーサイヤ人形態にも苦戦するほどの強さでしたが、戦いが進むにつれ悟空やベジータ単体のSSGSSですら太刀打ちできなくなり、やむを得なくフュージョンを選択させたその強さは"伝説のスーパーサイヤ人"の呼び名にふさわしいです。

★ブロリー独特の緑色の気に、膨張した筋肉にどことなくかつての伝説のスーパーサイヤ人形態を思い出させます。

今回はゴジータブルーに倒されて止まりましたが、もし倒せなかったらどうなっていたことか……

下手をすれば破壊神どころか天使にまで迫る存在になっていたかもしれません。

なんにせよ次の登場に期待大なキャラクターですね!

第7位:ゴジータ(SSGSS)

こちらも映画で大活躍したゴジータが7位にランクインです。

登場するや否やブロリーを終始圧倒した強さに痺れます。

映像が凄すぎて、正直今迄のどのキャラよりも強そうに思った人も多かったかもしれません。

ベジットブルーと比べてどちらが強いのかというのはよく議論になりますが、今回はゴジータを下の位置づけとさせていただきました。

理由は後ほど詳しく解説します。

第6位:ベジット(SSGSS)

ドラゴンボール超”未来トランクス編”での活躍が印象的な、もう一人の合体戦士が6位にランクイン。

満を持して登場するや否やザマスを圧倒。

とどめこそトランクスに譲りましたが、時間制限さえなければ勝っていたことは間違いなしでしょう。

ゴジータとは同じ合体戦士であることから、ファンの間ではたびたび比較されます。

今回ゴジータよりも強いと決めた理由として「フュージョンは足し算だがポタラの合体は掛け算である」という設定が決め手となりました。

しかし、上記の設定も原作では1度も出てきていません。

よって、ゴジータとベジットの強さはイマイチはっきりしないのが難しいところですね。

第5位:ジレン

ドラゴンボール超、最後の敵ジレンが5位にランクイン!

ジレンといえばその圧倒的なパワー!

ヒットの時飛ばしやベジータのファイナルフラッシュを受けてなんともなかった時は思わず「マジかよ……」と開いた口が塞がりませんでした。

身勝手の極意に至った悟空ですらも倒しきれなかったその実力は本物!

地味に戦闘中にパワーアップするなど成長性もありそうです。

★ムキムキになったジレン

傷つきボロボロになったというのに、どこか嬉しそうに見えるのはきっと彼もまた悟空に影響を受けた一人だということでしょう。

最終的には梧空、フリーザ、17号の三人がかりでやっと倒せた強敵ながらも、本質的には正義の心を宿した人物ですので、次に悟空達と出会うときはきっと共に戦う姿が見られそうなので、今から楽しみですね!

第4位:孫悟空(身勝手の極意)

我らがヒーロー孫悟空が4位にランクインです!

力の大会で目覚めた新たな力"身勝手の極意"。

全身がこれまでとは違った銀色の気に包まれ、髪の色も同じように銀髪となり鋭いイメージに変貌します。

★身勝手極まる

鋭くなったイメージはどことなくフリーザ編でのスーパーサイヤ人覚醒を思い出す。

詳細は作中でもぼかされていますが......

体が勝手に動きどんな危険を回避できる
破壊神どころか天使の域にある力である

以上のことが判明しており、最終決戦で悟空が身勝手の極意のままジレンと戦っていたら勝っていた事をみるに、その強さは確かです。

しかしながら、未だ悟空も使いこなせていないことを考慮に入れ、この順位とさせていただきました。

第3位:ウイス

ビルス様の付き人ことウイスが第3位にランクイン。

映画で初登場した時はただの付き人かと思われたウイスですが、実はビルス様の師匠だったり、時を巻き戻したり、ブロリーを弄ぶように翻弄したりともうやりたい放題。

明確な戦闘描写こそ少ないものの、鳥山先生直々に「ビルスの強さを10とするとウイスは15くらい」と言われるほどなので相当な強さを持っていることは明白です。

また、悟空がまだ使いこなしていない身勝手の極意を完璧にマスターしているようで、強さの底がまるで見えてきません。

天使という立場上、本気の戦闘シーンが観れることは無いでしょう。

ですが、いつか本気の戦闘が見れることを期待したいですね。

第2位:合体ザマス(最終形態)

未来トランクス編のボスにして「ドラゴンボール 超」"最悪"の敵「ザマス」。

その最終形態が2位にランクイン!

決戦の果て合体ザマスは未来トランクスの手よって消滅しました......肉体だけですが。

怨念だけの存在となったザマスは全宇宙と同化し、未来トランクス世界の住人をトランクスとマイを除き全員殺害。

全員とはもちろん破壊神や天使なども例外ではなく、未来トランクス世界の宇宙にはもう全王様以外の神様は残っていませんでした。

★宇宙を覆いつくすザマスの怨念。

一面に広がるザマスの顔はまるで世界の終わりのようです。

この描写を見る限り、こうなったザマス(以下無限ザマス)は全王を除くすべての登場人物より強いことが確定しています、

......正直、無限ザマスに対して全王様以外で対処できる気がしません。

そして、ドラゴンボールの長編ストーリーが終わるときは大抵はハッピーエンドを迎えることが多いのですが、ザマスを倒したトランクスに待っていたのは自分の故郷を守れなかった現実だけ.......。

このあんまりな結末にファンの間でも最悪の敵と名高いです。

第1位:全王

第1位はやっぱりこの人!宇宙を統べる王様「全ちゃん」こと全王様です!!

こんな可愛い外見のキャラが最強って何かの間違いじゃない?

ドラゴンボール超を見ていなかった人がそう疑問に思うのも無理はありませんが、全王さまは文字通り格が違う強さを持っています。

作中での戦闘描写は一つもありません......当たり前です。

全ての物を一瞬で消滅させる力を持つ全王さまは、悟空たちのように肉弾戦をしたり気弾を打ったりする必要が皆無だからです。

あんなにも絶望的だった無限ザマスを一瞬で消滅させたその姿は、味方だというのにどこか恐怖を感じさせます。

 

まとめ

以上ドラゴンボールの最強ランキングTOP10でした!

皆さんが最強だと思うキャラは入っていたでしょうか?

今回はこのようなランキング付けをしましたが、ドラゴンボールの世界は広がり続けています!

最強の脱獄囚「モロ」やウイスより強いと噂の大神官など、最強ランキングを塗り変えそうなキャラが続々登場しています。

これからのドラゴンボールにも目が離せませんね!

-アニメネタ

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.