アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメネタ

【ドラゴンボール】ヒットの声優は誰か調査!強さはどれくらいかも紹介

投稿日:

大人から子供まで、あらゆる層から人気を集める大人気バトル漫画「ドラゴンボール」。

2015年から18年ぶりとなるアニメ新シリーズ「ドラゴンボール超」がそして2018年には新シリーズ初の劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」が公開され、その人気はとどまることを知りません。

そんなドラゴンボールに登場する超戦士「ヒット」。

超からの登場にも関わらず、時を止めるといったドラゴンボールでは中々見られない強力な能力を使ったファイトスタイルで人気を集めたキャラクターです。

今回はそんなヒットの強さや活躍について調査しました!

またヒットの声優についてもご紹介します。

ヒットの声優「山地和弘」について

ヒットの声優は「山路和弘」さん!ジェイソンステイサムの吹き替えの人といった方が通りがいいかもしれませんね。

独特の渋い声質で主に洋画の吹き替え等で活躍していましたが、近年はアニメ・ゲームでの活躍も増えています。

65歳になってもますます勢いを増す山路さんの活躍に目が離せませんね!

ヒットの活躍

ヒットの初登場はドラゴンボール超の「破壊神シャンパ編」から。

悟空達の第7宇宙と対決する第6宇宙チームの一人として登場し、初登場時は何の情報も明かされていなかったため謎めいた男でもありました。

その正体は第6宇宙の伝説の殺し屋!戦いが終わった後逃げようとするフロストを謎の力で無力化してしまいます。

ベジータとの戦いでもその力を発揮します。あのベジータでも見切れない攻撃で終始試合を優勢に進め圧勝。

ベジータが見切れなかったのも無理はありません。ヒットは「時飛ばし」という能力を持っており時間を0.1秒ほど飛ばすことが出来るのです。

このわずかな時間の時飛ばしとはいえ、一瞬一秒を争うドラゴンボールの戦闘においては絶大な効力を発揮します。

悟空もなすすべがないかと思われていたのですが……なんと時が飛ばされた後の攻撃を予想して防御するという神業でこの時飛ばしに対応。

時飛ばしを対応されてしまったヒット……しかしそれで倒れる彼ではありません!

★拡大した時飛ばしの一撃!まるで敵キャラとは思えない急成長にはさすがの悟空もついていけなかった。

戦闘中に気をブルー形態、界王拳ブルーとギアを上げる悟空に呼応するように、ヒットの時飛ばしの時間が0.2秒、0.5秒と拡張……成長していきます。

決着こそ二人が試合形式での戦いを拒んだのでつきませんでしたが、この戦いは敵でありながら成長するヒットの姿から超でも屈指の名勝負として人気が高いです。

そんな二人の再戦は少し飛んで第71話から。

何者かによって悟空の暗殺を依頼されたというヒット。

それに対し望むところだと戦いを始めますが、ここでヒットは以前の戦いでは見せられなかった「殺しの技」を披露。

見えない衝撃波を心臓に向けて放つことで、悟空の心臓を停止。

ここでヒットは一度悟空の殺害に成功しています

自分に気功波を当てて人工マッサージをするという荒業で復活した悟空に向けて「一度殺したのだからもうお前を殺す必要はない」と立ち去ろうとするヒット。

もちろん悟空がそれで納得するわけがありません、ヒットの時飛ばしは見切ったと言って戦いを再開します。

ここでヴァドスより「ヒットは飛ばした時間をため込んで自分だけが行き来するパラレルワールドを生成することが可能」という事実が明かされます。

そのパラレルワールドからの一方的な攻撃を行うことで悟空相手に戦いを優位に進めます。

ここら辺の「時飛ばし」は少し複雑ですので詳しい説明は後ほど。

しかし、黙ってやられる悟空ではありません!神の気を最大限に開放し、強引にヒットのパラレルワールドを突破。

そのまま勝利するかと思われましたが、かめはめ波を撃ち込んだところで悟空の体力が限界になってしまいます。

両者ノックダウンで戦いは引き分けに終わりました。

また戦いの後には悟空の暗殺を依頼したのが外ならぬ悟空自身だということが判明。

流石にこの事実にヒットは驚くも、悟空と再戦することを約束しまたどこかへと消えていった。

次の活躍は「宇宙サバイバル編」。

各宇宙から最強の戦士たちがバトルロワイアルを繰り広げる力の大会にもちろん参戦。

宇宙サバイバル編では悟空との共闘以外目立った活躍こそなかったものの、第6宇宙のいぶし銀として戦闘からサポートまで幅広く活躍します。

そして「超」最大の相手ジレンとの激闘を繰り広げます。

時飛ばしを使いながら戦うも反則級のスペックをもつジレンには分が悪く、徐々に押されていくヒット。

捨て身の覚悟で放った奥の手「相手に凝縮した時飛ばしのエネルギーをぶつけることで相手の時間を止める」攻撃を放つもジレンには通用せずに敗北。力の大会から脱落します。

 

まとめるとアニメ「ドラゴンボール超」においてヒットは悟空のよきライバルの一人として活躍しました。

しかし、彼の持つ力「時飛ばし」は少し能力が複雑……。

そこで次からは「時飛ばし」について解説をしていきます。

 

ヒットの持つ力「時飛ばし」

ここから「時飛ばし」について解説をしていきます。

「時飛ばし」について勘違いしやすいのですが時を止めているわけではありません。

この能力が可能とするのは文字通り時をふっ飛ばすこと!

例えるならビデオのスキップ機能。スキップされた間の出来事にはヒットしか認識できず、ヒットのみが飛ばした時間を自由に動くことが出来ます。

この飛ばした時の間に攻撃を仕掛けることで見切れない攻撃を仕掛けたり、逆に攻撃を回避することも可能とドラゴンボールに珍しい強力な特殊能力です。

また飛ばした時間は蓄積することが可能。蓄積した時間を開放することで時間の流れが異なる空間=パラレルワールドを生成することが出来ます。

このパラレルワールドは時飛ばしの性質を受け継いでるため、ヒットのみが行き来し攻撃も一方的に行うことが出来ます。

悟空を追い込んだ時もこのパラレルワールドを利用して、一方的に攻撃していたわけですね。

このようにかなり無茶苦茶な性質を持つ時飛ばしですが無敵ではありません。

一つ目は飛ばされた時を予想されてしまうと無力であること。

初回の悟空がやったように、飛ばされた後の攻撃を予想することで時飛ばしを対応されてしまいます。

そして二つ目の弱点として「神の気」持ちなどの強大な力の前には打ち破られてしまうこと。

自分の攻撃をよけられても、あちらからの攻撃も時飛ばしで躱すことが出来ます。

しかし、相手の力が強大だとそもそも時飛ばしが効力を失い無効化されてしまいます。

某漫画風に言うのでしたら「時の世界への入門」といった所でしょうか。

また飛ばされた時を凝縮した「パラレルワールドの生成」や「相手の時間を止める」といった攻撃も、前者はパラレルワールドの空間ごと破壊され、後者はジレンのゴリ押しで突破されてしまいました。

総じて格上には効果が薄い能力となっています。

ですが、基本的には強力な能力であることに変わらないです。力の大会では味方のサポートから相手への攻撃まで多彩な使い方をみせ、ヒットの強さを印象付けました。

 

ヒットの強さは?神の領域にあるのか?天使に通用するのかを検証

ここまではヒットの活躍や能力について検証してきましたが、実際にヒットはどれくらいの戦闘力なのでしょうか?

まず、ヒットはSSGSSの悟空と引き分けるほどの力を持っていることは確定です。

そして、ジレンに対しては少し動きを止めることは出来ましたが終始圧倒されています。

以上のことを合わせるとヒットはSSGSS形態の悟空と同等の戦闘力と予想します。

神の気を持っているかは不明ですが、SSGSSと渡り合っている時点でその力は神の領域にありそうです。

しかし天使に通用するかは謎なところがありますね……。

設定上は天使は破壊神すら上回る力を持っていると言われており、力の大会最強であるジレンよりも上とする見方が強いです。

実際に天使が戦ったシーンが無いので断言はできません。ですが恐らくジレンよりも強い天使に時飛ばしが利くとは思えないので、天使には「時飛ばし」は通用しないでしょう。

 

まとめ

以上ヒットの声優さんと活躍のまとめでした。

ドラゴンボール超の中でもヒットは「時飛ばし」を使った独特な戦闘スタイルと、悟空とのライバル関係を気づいたことで人気が高いキャラクターです。

それだけに結局アニメでは悟空との再戦の約束が果たされることはなく終わってしまったのが残念でなりません。

「ドラゴンボール超」は漫画版などで新しい展開が描かれていますので、もしかしたらヒットとの再戦もどこかで描かれるかもしれません。

これからもドラゴンボールから目が離せませんね!

-アニメネタ

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.