ちはやふる 動画

アニメ無料動画
©末次由紀/講談社・VAP・NTV

ちはやふる
\動画を今すぐ無料視聴/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

U-NEXT

見放題

31日間無料
月額1990円

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。

今日から8月16日まで無料!

\この作品が配信中の動画サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

U-NEXT

見放題
31日間無料
月額1990円
600円分配布

dアニメストア

見放題
31日間無料
月額400円
ポイント配布なし

Hulu

見放題
2週間無料
月額1026円
ポイント配布なし

Amazonプライムビデオ

レンタル
30日間無料
月額500円
ポイント配布なし
※Huluは通常「2週間」が無料お試し期間となっていますが、エポスカード契約特典で無料お試し期間が「1ヶ月」まで延長されます。また、入会後半年間まで毎月90エポスポイントがプレゼントされます。

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。

U-NEXTならお試し期間を利用すれば『ちはやふる』の動画を第1話から全話無料視聴できます。

さらに、お試し期間中に600円分のポイントもプレゼントされるため、漫画や雑誌、レンタル配信の動画も視聴できるお得な配信サイトになります。

31日間無料で動画視聴

ちはやふる あらすじ

姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、転校生・綿谷新に「自分 のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は、競技かるたで名人に なること。普段は大人しい新が真剣に札を払うその姿に衝撃を受けた千早は、幼なじみの真島太一も巻き込んでかるたの魅力に引きこまれていく。聴力に優れた千早の才能に、そしてかる たを一緒にできる友達ができたことに新は喜ぶが、卒業後はみな別の道を歩むのだった。それから4年後。高校生になった千早は、福井に戻った新がかるたから離れてしまったことを 知るが、それでも、かるたを続けていれば再会できると信じ、太一と2人、 瑞沢高校かるた部を設立する。

第1話『さくやこのはな』

2011年10月4日 24時59分 放送

小学生6年生の綾瀬千早が出会ったのは、福井から来た転校生・綿谷 新。大人しくて無口な新には、意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。

第2話『からくれなゐに』

2011年10月11日 24時59分 放送

千早の一言で、転校生の新を除け者にする真島太一らクラスメイトと新はかるた大会で勝負をすることになった。負けず嫌いな太一は、千早と親しくなった新への対抗心から、大会の途中で新のメガネを盗んでしまう。さすがの新も、メガネ無しでは札が思うように取れず、代わりに千早が太一と戦うことに―。

第3話『ふれるしらゆき』

2011年10月18日 24時59分 放送

千早と太一、新の三人は地元のかるた会の「白波かるた会」を訪れ、責任者の原田や同年代の木梨浩(ヒョロくん)らに出会う。ヒョロくんと源平戦で戦う三人の姿を見た原田は、千早の才能を見抜き、入会を勧める。原田から「百人友達ができたと思って仲よくなりなさい」と教えられた千早は自分の夢を見つめ始める。

第4話『しつこころなくはなのちるらむ』

2011年10月25日 24時59分 放送

新は、一家で具合の悪い祖父のいる福井に帰ることになった。かるたを続けていれば再会できると信じ、三人は別れる。高校生になった千早は、太一とのかるた部を作る約束を果たすため、A級を目指し大会に出場する。力いっぱいかるたを楽しむ千早。そんな千早をみて、太一の心は動かされていく―。

第5話『よはのつきかな』

2011年11月1日 24時59分 放送

新から「かるたはもうやってない」と告げられた千早は、太一と二人で新の故郷、福井へ。そこで新に会えた喜びから、また三人でかるたをしようと提案する千早に対し、冷たくつき放つ新。そこには昔の新はいない、真実を知りたい千早は―。

第6話『けふここのへににほひぬるかな』

2011年11月8日 24時59分 放送

5人集まれば部として認めるという宮内先生の言葉を胸に、千早は部員を集め始める。ある日、古典が大好きで呉服屋の娘である大江奏がかるた部を訪れる。優美な宮廷遊びとしてのかるたと競技かるたの差に愕然とする奏。そんな奏に競技かるたの楽しさを知ってもらいたい千早は―。。

第7話『ひとこそみえねあきはきにけり』

2011年11月15日 24時59分 放送

奏が3人目の部員となり、千早は更なる部員獲得に動き出した。まずスカウトしたのは同じクラスで学年2位の駒野勉。彼を『机くん』と呼び勧誘する千早。しかし、彼はかるたを遊びだと批難し勉強を理由に興味を示してくれない。1回やればわかると千早は机くんを無理やり部室へ連れてきて―。

第8話『たえてひさしくなりぬれど』

2011年11月22日 24時59分 放送

ついに正式な部として認められるまであと1人。千早たちは勧誘活動を続けていたがなかなか入部希望者が見つからない。そんなある日、小学生のときにかるたで対決した肉まん君をみつける。肉まん君はテニス部に入っていて、かるた部には入らないという。しかし、肉まん君が本当はまだかるたが好きだと見抜いた千早はかるた勝負を持ちかける。

第9話『しのぶれど』

2011年11月29日 24時59分 放送

正式に部として認めてもらえたかるた部。千早は5人で全国大会に出ると宣言。初心者の奏ちゃんと机くんは戸惑うが、千早は手加減なしで二人の相手をする。「かるた部のみんなとチームになりたい。」という千早の強い思いの元、更なる上達を目指し、5人は合宿を行うことに。

第10話『ゆくもかへるもわかれては』

2011年12月6日 24時59分 放送

瑞沢高校かるた部初の公式戦、全国大会の東京予選が始まった。順調に予選を勝ち抜いていく瑞沢高校。予選を通して1人だけ1勝もできなかった机くんは、自分は必要ないのではないかと落ち込み、試合に出ないと言い出した。机くんの心情を察した太一は1つの決断をする。部長としてチームを一つにするために―。

第11話『あまつかぜ』

2011年12月13日 24時59分 放送

決勝戦へ進み、全国大会常連の北央学園と対戦することになった瑞沢高校かるた部。試合開始序盤、瑞沢高校は思うような攻めができずにいる中、千早は対戦相手須藤の挑発にも苛立っていた。しかし、仲間たちのかるたに触れ、1枚取ることがチームの1枚になっていくことを知り・・・。

第12話『むらさきのゆきしめのゆき』

2011年12月20日 24時59分 放送

全国大会出場を決め、それぞれの弱点克服のために千早と太一は 白波会、肉まん君、机くん、奏ちゃんは翠北かるた会の練習に通うことに。プレッシャーから不安になっていた千早を勇気づけたのは、意外な人たちの応援だった。

第13話『きみがため』

2012年1月3日 24時59分 放送

近江神宮で必勝祈願のお参りをして試合に臨む瑞沢高校かるた部の面々。しかし、試合中千早の様子がおかしい。そんな中、かるたから離れていた新は、祖父との過去を思い返しながら、千早達の試合が行われている近江神宮へ向かっていた。

第14話『はなよりほかにしるひともなし』

2012年1月10日 24時59分 放送

体調を回復させ個人戦へ出場する千早。階級別で行われる個人戦、A級の試合には史上最年少「クイーン」若宮詩暢が出場していた。2回戦でクイーンと当たった千早はクイーンの圧倒的な強さに札を取らせてもらえない。諦めかけたそのとき、新とかるたをしている小学校のときの自分を思い出し―。

第15話『つらぬきとめぬたまぞちりける』

2012年1月17日 24時59分 放送

手も足も出なかったクイーンから札を抜く千早。クイーンとの試合で本当の強さの答えに近づいていく。一方、B級で決勝戦へ進んだ太一は優勝をかけて試合に臨んでいた。そんな太一の姿を応援するかるた部メンバー達。前に進むことを恐れず戦う太一は勝利を手にすることができるのか―。

第16話『をぐらやま』

2012年1月24日 24時59分 放送

総集編と4コマ劇場

第17話『みちこそなけれ』

2012年1月31日 24時59分 放送

全国大会が終わり、それぞれの課題が見えてきた瑞沢高校かるた部。太一と肉まんくんはA級への昇格を、奏ちゃんと机くんは段位取得を、そして千早は東日本予選優勝を目指して練習に励んでいた。そんなある日、千早は原田先生に「速くとるのをやめなさい。」といわれ、自分のかるたと向き合うことに。

第18話『はなぞむかしのかににほひける』

2012年2月7日 24時59分 放送

千早はA級初の、千早以外の部員は昇級かけての公式戦が遂に訪れた。千早の相手はかるた暦35年の金井桜。速さでは上手の千早が、なかなか札を取らせてもらえない。更には、千早の苦手な配置へと試合を展開していく様子にA級の強さを痛感する。桜のかるたに翻弄され千早は何を見出すのか―。

第19話『ながらへば』

2012年2月14日 24時59分 放送

ついに決勝戦。D級は奏ちゃんと机君、B級は太一と肉まん君の瑞沢高校同士の対戦となった。仲間でありつつも、お互いにライバルとして戦う四人の姿に、千早は様々な強さがあることを知りながら試合の行く末を見守る。

第20話『くもゐにまがふおきつしらなみ』

2012年2月21日 24時59分 放送

順調に試合で実戦を積んでいた瑞沢高校かるた部だったが、あまりに学業の成績が悪い千早はテスト勉強のため大会へ出場できなくなってしまう。一人、大会に出場していた太一。そこで出会ったのはかるたの世界へ帰ってきた新の姿だった。新の姿に太一は、そして千早は―。

第21話『わがころもでにゆきはふりつつ』

2012年2月28日 24時59分 放送

再びクイーンと対決するために、クイーン位東日本予選に出場する千早。一回戦の相手は天才と呼ばれる小学生・梨理華。千早は、速くとるかるたをする梨理華と向き合うことで、速く取らないかるたの意味を理解していく―。

第22話『うつりにけりないたづらに』

2012年3月6日 24時59分 放送

千早の次の対戦相手は前クイーンの山本由美。過去にみたクイーン戦での由美の粘り強い試合が印象的に残っている千早。強い相手との戦いに気持ちも引き締めて試合にのぞんだが、明らかに気の入っていないかるたをする由美に対し、千早の心は燃え上がる。

第23話『しろきをみればよぞふけにける』

2012年3月13日 24時59分 放送

由美に4枚差で負けてしまった千早。悔しい思いはしたものの、原田先生や坪口の活躍に励まされ、自分の未熟さを知る。一方、新は西日本予選で4回戦敗退していた。かるたから離れてしまった時間を後悔し、更に熱心に練習に打ち込む新。それぞれがまた一つ成長し、新たな一歩を踏み出し始める。

第24話『おのへのさくらさきにけり』

2012年3月20日 24時59分 放送

太一の家でクイーン戦、名人戦を観戦することになった瑞沢高校かるた部。そこには変貌を遂げたクイーンの姿が。太った身体でうまく動けず、由美に札をとられるクイーン。このまま勝負は決まってしまうのか―。

第25話(最終話)『もれいづるつきのかげのさやけさ』

2012年3月27日 24時59分 放送

28枚もの一字決まりをもつ名人、周防のかるたにショックを受ける千早達。千早、新、太一、かるた部の皆はそれぞれが想いを胸に抱き、かるたへと向き合っていく―。

ちはやふる 声優・製作

放送 2011年秋
製作 MADHOUSE
声優 綾瀬千早:瀬戸麻沙美
綿谷新:細谷佳正
綿谷新(小学生):寺崎裕香
真島太一:宮野真守
真島太一(小学生):高垣彩陽
大江奏:茅野愛衣
西田優征:奈良徹
駒野勉:代永翼

 

ちはやふる 音楽・サイト

オープニング 「YOUTHFUL」 99RadioService
エンディング 「そしていま」 瀬戸麻沙美
公式サイト TVアニメ「ちはやふる」

ちはやふる 関連アニメ動画