ダイヤのA(1期) 動画

アニメ無料動画
©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

ダイヤのA(1期)
\動画を今すぐ無料視聴/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

U-NEXT

見放題

31日間無料
月額1990円

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。

今日から3月23日まで無料!

\この作品が配信中の動画サイト/

配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

U-NEXT

見放題
31日間無料
月額1990円
600円分配布

dアニメストア

見放題
31日間無料
月額400円
ポイント配布なし

Hulu

見放題
2週間無料
月額1026円
ポイント配布なし

dTV

見放題
31日間無料
月額500円
ポイント配布なし

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。

U-NEXTならお試し期間を利用すれば『ダイヤのA(1期)』の動画を第1話から第75話(最終話)まで全話無料視聴できます。


※画像は「ダイヤのA」(1期)の第1シーズンのものです。

さらに、お試し期間中に600円分のポイントもプレゼントされるため、漫画や雑誌、レンタル配信の動画も視聴できるお得な配信サイトになります。

31日間無料で動画視聴

目次

ダイヤのA(1期) あらすじ

天性のクセ球を武器にもつ沢村栄純は、天才捕手・御幸一也との出会いをきっかけに長野から上京し、青道高校野球部に入部。部員100人以上、1軍に入ることすら困難な強豪野球部で、沢村は同じく1年の豪速球投手・降谷暁たちと競いながらエースを目指す。

第1話『運命の一球』

2013年10月6日 8時30分 放送

中学最後の試合でサヨナラ負けを喫した野球部ピッチャー“沢村栄純”。彼は甲子園出場の夢をチームメイトと同じ高校に進学することで果たそうとする。だがそこに東京の名門野球高校から来たという突然の来客が……。

第2話『相棒』

2013年10月13日 8時30分 放送

野球部三年“東清国”と勝負する沢村。バッテリーを組むのは、チーム内でも一目置かれるキャッチャー“御幸一也”。彼のリードが沢村の持ち味を引き出す。東に投げた最後の一球。それは沢村の運命を分ける一球――。

第3話『投手失格?』

2013年10月20日 8時30分 放送

ついに野球部へ入部した沢村。だが練習にいきなり遅刻し、監督から戦力外通告とも取れる言葉を受ける。「自分はエースになるためにここに来ている」と直談判する沢村。そこで監督は、彼にある課題を課す。

第4話『同じタイプ?』

2013年10月27日 8時30分 放送

自主練に励む沢村は、同じ一年ピッチャーとキャッチボールをすることに。その優しさに気をよくした沢村だが、投げたボールのスピードに驚愕する。それが沢村のライバルとなる男、“降谷暁”との出会いだった――。

第5話『激突』

2013年11月3日 8時30分 放送

一年チームと二、三年チームとの対抗試合。恐ろしいほどの気迫を見せる先輩達に色を失う一年だが、始めて試合に出ることができた沢村は気合い満点。その様子は一見空回りしているかのように見えた。だが……。

第6話『真っ向勝負!』

2013年11月10日 8時30分 放送

続く対抗試合。一年“小湊春市”のアドバイスを受けた沢村は、ついに塁に出た。見事なバッティングを見せる春市。沢村の奮闘もあり、一点返して勢いづく一年。だが、監督は試合終了を宣言する。その真意とは?

第7話『ふたつのバッテリー』

2013年11月17日 8時30分 放送

バッテリーを組むことになった降谷と御幸。その様子に、沢村は御幸の相手が自分でないことへの不満をぶつける。そこに居合わせた冷たい表情を纏った暗い声の男。彼こそがもう一人のキャッチャー、クリスだった。

第8話『クリスの真実』

2013年11月24日 8時30分 放送

「この先、お前がエースになることはない」。クリスから宣告を受けた沢村は、クリスこそ一軍入りを諦めているように思え、非難めいた愚痴を御幸にこぼす。だが、御幸は思いもよらぬ怒りをあらわにするのだった。

第9話『悔しさ、胸に刻んで』

2013年12月1日 8時30分 放送

クリスの真実を知り、クリスにボールを受けてもらうことになった沢村。彼が選択し、投げた球は全力投球!だがそれに対し、クリスは「お前の持ち味はなんだ?」と問いかける。沢村が出した答えはズバリ−−−。

第10話『磨け、クセ球』

2013年12月8日 8時30分 放送

クリスが引退する前に、成長した自分の姿を見せたい。沢村はクリスに言われた通り、自分の持ち味を磨き上げる努力をする。そして、ついに訪れた一軍入りを決める試合。沢村は、クリスにある頼み事をする。

第11話『クリス出陣!』

2013年12月25日 8時30分 放送

マウンドに立った沢村が投げたのは、強力なムービングボールだった。だが、コントロールがおぼつかない。ピッチャー交代かと思われたその時、マウンドに現れたのはクリスだった。絶体絶命のピンチの中、クリスが採った「秘策」とは?

第12話『ターゲット』

2014年1月1日 8時30分 放送

試合を観戦しに来たクリスの父、アニマル。彼は息子が無理をしてプレイするのを制止しようとする。だが、怪我も厭わぬプレイをする息子の姿を見て、次第にかつてプロ野球選手だった自身の若い頃を重ねていき――。

第13話『一軍昇格』

2014年1月8日 8時30分 放送

沢村の相手バッター財前は、意表をついたプレイに出る。だが、沢村はピッチングを軌道修正し、難を逃れた。勢いづいた沢村が投げた最後の一球。クリスに対する想いを乗せた沢村から放たれたボールは――。

第14話『合宿スタート!』

2014年1月15日 8時30分 放送

練習を重ねていく沢村。だが、その姿は誰が見てもオーバーワーク気味だった。クリスは沢村を呼び出し、ある忠告をする。それは沢村の身体を気遣った、クリスなりの配慮だった。そして始まった地獄の合宿に沢村は――。

第15話『プレーで引っぱれ!』

2014年1月22日 8時30分 放送

合宿は続く。厳しい練習になんとか食らいついていく沢村達1年。少しづつその成果が見えてくる中、沢村はなぜか御幸の寮部屋へ招き入れられる。そこには先輩たちが待ち構えていて--。

第16話『試練』

2014年1月29日 8時30分 放送

大阪桐生との練習試合。合宿の疲れからチームメンバーは調子が上がらない。降谷も4回で11失点を許すという不調ぶり。ついにその口からタイムの声が掛かった。だがそれは、思いもよらぬ闘志から来るものだった。

第17話『試合は楽しい』

2014年2月5日 8時30分 放送

桐生との一進一退の攻防の中、ついに沢村が御幸とのバッテリーのもとマウンドに立つ。「楽しくやろうぜ」と声をかける御幸。だが沢村は知らなかった、この試合が意味するものを……。

第18話『むかつくけど』

2014年2月12日 8時30分 放送

球種も経験もない沢村に、御幸は「せめてインコースに投げ込んでみろ」と発破をかける。沢村はムカつく思いとともに、自分がなぜ青道に来たかを思い返すのだった。その思いとともに投げられた一球は--。

第19話『因縁』

2014年2月19日 8時30分 放送

青道因縁の相手であり、稲城のエースである成宮鳴。彼が身につけた新たな武器は、青道メンバーを震撼させる。闘志に火をつけられる丹波。彼も成宮と同じく、これまで特訓し続けていた武器があったのだ--。

第20話『緊急事態』

2014年2月26日 8時30分 放送

試合中対立する、御幸と丹波の意見。だが、丹波は本当のエースになるために、それは必要なことだと決意を顕にする。名実共にエースの風格へと近づいていく丹波。だが、そんな彼を信じられない悪夢が襲う。

第21話『夢の舞台へ』

2014年3月5日 8時30分 放送

甲子園予選開会式。そこには数多くのライバルの姿があった。選ばれる代表はたったの2校。名門復活を掛けた青道高校の夏が、ついに始まる。初戦の相手は米門西高校。青道高校の先発は……。

第22話『アピールタイム』

2014年3月12日 8時30分 放送

初戦の相手、米門西高校の先発は、青道側が想定していた選手と違っていた。情報のない相手に苦戦する青道ナイン。結果、初回無得点という苦しい立ち上がりに。だが先発を任された降谷は、その状況にも動じない。

第23話『公式戦デビュー』

2014年3月19日 8時30分 放送

初戦が終わり、各選手は己の弱点に磨きをかけていく。沢村はクリスにボールの握り方を教えられていた。ストレートの基本となる4シーム。それは沢村にとって、今後の大きな武器となるはずのものだった。

第24話『精密機械』

2014年3月26日 8時30分 放送

四回戦の相手校は明川学園。そのピッチャー、楊 舜臣のピッチングは、「精密機械」と言われ、正確無比なコントロールに裏打ちされたものだった。「これまでの相手とは違う」、その予感に青道ナインは身を引き締める。

第25話『降谷攻略』

2014年4月2日 8時30分 放送

明川戦先発の降谷は、得意のスピードボールを思い切り投げ込む。だがそれは球数を多く投げさせ、ストライクの入らない降谷の自滅を狙う作戦だった。それに気がついた御幸は、起死回生の策に出る。

第26話『ミラクル明川』

2014年4月9日 8時30分 放送

1回表、打席には明川のエース、楊 舜臣。異様な気迫に力む降谷は投げ損じてしまい、レフトへ長打をくらう。結果二点の先制を許してしまう。その後、試合の流れは明川に握られてしまい--。

第27話『逃げねえぞ』

2014年4月16日 8時30分 放送

暑さでスタミナが奪われている降谷に対し、バントでさらに体力を奪う作戦に出る明川打線。市大戦を前に降谷の弱点を晒すわけにはいかないと、片岡監督は沢村投入を決意する。片岡のその決意の根拠とは?

第28話『軌跡 沢村栄純 熱闘のマウンドへ』

2014年4月23日 8時30分 放送

中学最後の試合でサヨナラ負けを喫した野球部ピッチャー沢村に突然の来客が現れた。それは名門高校青道へ進学を進めるスカウトだった……。運命の出会いから、夏の大会まで。今語られる沢村の軌跡。

第29話『拮抗』

2014年4月30日 8時30分 放送

ついに登板した沢村は、見事に明川打線を打ち取る。それに応えるように青道の打線も反撃を開始。御幸の打席。彼は「俺がもしこの投手をリードするなら」と考える……。その読みは果たして的中するのか?

第30話『勝者と敗者』

2014年5月7日 8時30分 放送

片岡監督は代打として春市を起用する。春市はそれに応え、会心のヒット。春市の安打に勢いづき、沢村、倉持が続く。そして好打者亮介がバッターボックスへ。絶好のチャンスに亮介の選択は、なんとスクイズ……!

第31話『ダークホース』

2014年5月14日 8時30分 放送

青道は、準々決勝で当たるであろう、市大三高の試合を観戦する。市大の相手は無名の薬師。そのクリンナップは前戦とはまるで違い、一年生を据えていた。市大は初回からリードを奪い、楽勝ムードだったのだが……。

第32話『それぞれの夏』

2014年5月21日 8時30分 放送

好投を見せる市大エース真中。だが、薬師四番バッター雷市が打った打球が、真中に直撃。そのまま降板するという事態に。エース不在の市大は、善戦するも敗北を喫する。思わぬ展開に青道の面々は愕然とし……。

第33話『金のなる木』

2014年5月28日 8時30分 放送

薬師戦に備え、投手の奮起を促す片岡監督。沢村、降谷、川上には三人の継投で行くと伝え、丹波には登板を示唆。そこからはチーム全員で戦うという意志が感じ取れた。そしてついに準々決勝。薬師のオーダーは?

第34話『頼れる先輩達』

2014年6月4日 8時30分 放送

薬師戦の初回、雷市と降谷の対決は、雷市に軍配が上がる。それを起点に薬師が先制。だが、「お前の後ろには頼れる先輩がいる」その御幸の一言と、見事なセカンドへの送球が降谷を救った。そして降谷自身も……。

第35話『ポテンシャル』

2014年6月11日 8時30分 放送

絶好調の降谷は続投を望むが、片岡監督の判断は継投策だった。次に登板するのは沢村。雷市と初対決を迎える。ムービングボールを受け、そのポテンシャルの高さにテンションを上げていく雷市。両者対決の行方は?

第36話『エース登場』

2014年6月18日 8時30分 放送

ついに薬師はエース真田を登板させる。迎えうつ御幸は「カットボール」により打ち取られてしまう。そんな真田に負けるものかと気合いのピッチングを見せる沢村。だが、薬師打線も黙ったままでは終わらない……。

第37話『バースト!』

2014年6月25日 8時30分 放送

二度目の対決を迎えた沢村と雷市。片岡監督からの激励の言葉もあり、沢村は奮起する。だが、打ち取ったと思われた打球がスタンドに吸い込まれ、ホームラン。ショックを受ける沢村。さらに選手交代を告げられーー。

第38話『それぞれの役割』

2014年7月2日 8時30分 放送

8回表、沢村の代わりにマウンドに上った川上は雷市との勝負を迎える。川上と御幸が取った選択はフォアボールだった。一見、青道のピンチに見える状況。だが、川上は雷市を歩かせたことで、逆に開き直りを見せる。

第39話『期待を背負って』

2014年7月9日 8時30分 放送

8回表ツーアウト1・3塁。ついに丹波がマウンドに立つ。降谷、沢村、川上の想いをボールと一緒に受け取る丹波。迎え打つバッターは、薬師のエース真田!轟監督は、丹波の出鼻を挫こうと初球狙いの指示を出す。

第40話『ウィニングショット』

2014年7月16日 8時30分 放送

9回表・薬師最後の攻撃。ツーアウトランナー1塁で雷市に打順が回る。期待で熱くなる薬師ベンチ。「チームに応えたい」雷市の気持ちが変化する。3球目が甘いコースに入り、青道ナインは雷市の強打を覚悟した――。

第41話『いざ、準決勝』

2014年7月23日 8時30分 放送

青道高校の準決勝対戦相手は大巨人・真木が投手の仙泉学園高校。老獪なキャラクターの鵜飼監督は、青道突破の糸口は片岡監督の若さにあると記者へ語る。一方沢村は、薬師戦での降板経験を引きずっていた。

第42話『そびえる大巨人』

2014年7月30日 8時30分 放送

鵜飼監督の堅実な采配のもと、長身の真木は、落差あるカーブを繰り出す。疲労がたまる丹波――沢村に登板のチャンスはあるのか?応援席には、かけつけた若菜たち、そして稲城実業の成宮・原田・吉沢らの姿も。

第43話『リベンジ』

2014年8月6日 8時30分 放送

エース丹波に代わり代打春市。真木はコンプレックスむき出しの投球で春市を攻める。ツーストライクで追い詰められた春市だが、真木のカーブへ丁寧にバットを合わせ値千金の長打!そして6回裏ついに沢村が登板する!

第44話『決め球』

2014年8月13日 8時30分 放送

気迫でバッターボックスに立つ真木。大きなファールを打たれる沢村。鵜飼監督はトップ3の壁を叩き壊せと、真木へエールを送る。青道ナイン、若菜たちが見守るなか、沢村はクロスファイヤーを投げ込む!!

第45話『夢物語』

2014年8月20日 8時30分 放送

仙泉学園戦に勝利し、友人との再会に和む沢村。準決勝第2試合は優勝候補の強豪・稲城実業vs無名の都立校・桜沢高校。菊川監督は「歴史を変えるときが来たのだ」と言い、試合はまさかの大波乱を向かえる――。

第46話『絶望を呼ぶ投球』

2014年8月27日 8時30分 放送

長尾のナックルボールを武器にチャンスを待つ桜沢。だが、成宮の豪速球は圧倒的な実力差となって桜沢にプレッシャーをかける。その焦りが守備に影響し、ついに桜沢にミスが。さらに続くバッターは四番・原田--。

第47話『、、、あの夏』

2014年9月3日 8時30分 放送

試合後の成宮は御幸に気づく。「そういや、このメンツが揃うのも、あの時以来じゃね?」カルロスの言葉通り、その場にいたのは、かつて成宮が稲城実業へ誘ったメンバーだった。御幸もまた、そのひとりであった。

第48話『寮にて、、、、』

2014年9月10日 8時30分 放送

成宮の投球ビデオを見る青道ナイン。結城は決勝戦へ自信の程を伺わせる。その言葉は、選手ひとりひとりがこれまで積み重ねてきた努力に裏打ちされていた。一方の稲城実業もまた、対青道投球に万全の対策をしていた。

第49話『懐かしい顔』

2014年9月17日 8時30分 放送

決勝戦前日。沢村は弱点克服のために変化球を覚えたいと切り出す。そんなときOB東が差し入れを持ちグラウンドに現れた。沢村は、東にバッターボックスに入ってもらい、カットボールの練習をすることに。

第50話『明日への足跡』

2014年9月24日 8時30分 放送

結城たち3年生は入部当初“不作の年”と呼ばれていた。上級生から全く期待されていないメンバーだったが、互いに励まし合いながら練習を重ねた。その努力はいつしか、互いへのライバル心を信頼と絆に変えていた。

第51話『決戦開始!』

2014年9月1日 8時30分 放送

決勝戦スタメンに3年生坂井の名前はなかった。呆然とする坂井に監督・片岡は檄を飛ばす。甲子園出場まであと一勝――青道ナインは胸の高鳴りを抑えきれずに最後の夜を過ごしていた。それは片岡監督もまた同じで――

第52話『負けたくない』

2014年9月8日 8時30分 放送

4番の結城を抑えられた青道は、改めて成宮の実力を思い知る。その裏、青道のピッチャーは降谷。文句なしの立ち上がりで、三者連続三振! だが、成宮も負けじと三者三振。試合は投手戦の様相を呈し始める。

第53話『ギアチェンジ』

2014年9月15日 8時30分 放送

拮抗状態のまま3回を終えた決勝戦。4番・結城に対峙し、成宮の目つきが変わる。チェンジアップを見せ球にストレートで三振、流れを作りスリーアウトチェンジに。成宮の本気――青道ベンチに不穏な空気が漂う。

第54話『託す信頼、応える勇気』

2014年9月22日 8時30分 放送

5回表、降谷が青道2本目のヒットを飛ばす。青道同点のチャンスに9番ライト・白州が成宮のストレートを狙い打つ!制球が先か白州の足が速いか……!?そして五回裏、ついにエース・丹波がマウンドに上がる。

第55話『強い男』

2014年9月29日 8時30分 放送

エース・丹波が二死満塁を凌ぎ盛り上がる青道ナイン。しかし成宮・原田の稲実バッテリーはピッチングを変えバッターを塁に出させない。そして攻守交替のタイミング、倉持はついに亮介を呼び止める。

第56話『決断』

2014年10月6日 8時30分 放送

徐々に追い詰められる青道。劣勢の7回裏、丹波の足がつるアクシデントに見舞われる――緊張が走る青道ベンチ。片岡監督の采配は、投手交代。ピッチャーは……沢村ついに成宮と沢村の正面対決!!

第57話『頼もしい後輩達』

2014年10月13日 8時30分 放送

成宮から三球三振を奪う沢村。御幸の強気のリードと沢村の度胸が、試合の空気を変えた。本来の攻めの姿勢を取り戻す青道高校。バッターボックスに立つのは降谷。成宮は勝気なクロスファイヤーを投げる!!

第58話『前を打つ男』

2014年10月20日 8時30分 放送

1点追加の青道。バッターボックスには、亮介に代わり代打春市!ラッキーボーイの登場にベンチの期待も高まる。対して全力でねじ伏せたい稲実。春市の木製バットを見た成宮はいきりたつ。春市、チャンスを繋げられるか!?

第59話『怖いもの知らず』

2014年10月27日 8時30分 放送

4番結城とエース成宮の真っ向勝負。勝負球のチェンジアップを脅威的な集中力で打つ結城!8回表ついに青道高校逆転!!思わずベンチで涙する丹波。荒れる成宮。緊迫の決勝戦8回裏、沢村の投球は続く。

第60話『孤独な太陽』

2014年11月3日 8時30分 放送

9回表、劣勢の稲城実業。「負ける気がしない」成宮は去年の甲子園での敗北、そして執念で這い上がり今日を迎えたことを思い返す。稲実ナインは、孤独な完全主義者であるエース成宮に全幅の信頼を置いて守備につく。

第61話『執念』

2014年11月10日 8時30分 放送

決勝戦9回の独特な空気は、想像を絶するプレッシャーとなって沢村を襲う。カルロスはベースに覆いかぶさるように立ち、デッドボール覚悟のインコース封じに出る。稲実の執念に飲まれそうになる沢村……。

第62話『天王山』

2014年11月17日 8時30分 放送

稲実は得点圏にランナーを置き、4番・原田が打席に立つ!勝利目前にして、最大の試練が訪れる青道。最後の守備タイムを取り、伝令にエース・丹波が走る。ここを守りきれば甲子園……!ついに決勝戦の勝敗がつく!!

第63話『残響』

2014年11月24日 8時30分 放送

9回裏、劇的な幕切れ――決勝戦はエース・成宮のヒットにより、稲城実業の逆転勝利となった。崩れ落ちる青道ナイン。夢の舞台まであとアウトひとつ届かなかった……。青道高校の名門復活を懸けた夏は終わった。

第64話『リスタート』

2014年12月1日 8時30分 放送

決勝戦に敗れ、意気消沈する青道メンバー。春市はずっと部屋で膝を抱えていた。「俺は心のどこかでこの日を待っとったで」。同室の前園は気持ちをぶつける。前園の言葉にハっとした春市はバットを握り立ち上がった。

第65話『日の当たる場所』

2014年12月8日 8時30分 放送

新キャプテンとなった御幸は「勝つことにはとことん貪欲でありたい」と意気込みを語る。新チームには、これまで3年生の影に隠れていた部員の姿が。しかし川上はひとり、チームの雰囲気についていけないでいた。

第66話『よそ者』

2014年12月12日 8時30分 放送

決勝戦前夜、成宮はチームメイトへ頭を下げる。驚く稲実ナイン。そしてついに始まる決勝戦。甲子園のマウンドに立つ成宮の姿は、沢村の気持ちに火をつけた。そんな青道の練習風景を不気味に眺めるひとりの男がいた。

第67話『発奮材料』

2014年12月19日 8時30分 放送

なかなか嚙み合わない青道新チーム。練習試合の成績は8勝4敗、得点力に乏しく圧倒的な勝利がない。起爆剤になればとの想いから、片岡監督は薬師の練習試合を受ける。意気込む沢村へ御幸は失投の多さを注意した。

第68話『エースの座』

2014年12月26日 8時30分 放送

乱打戦も想定された試合はまさかの投手戦になっていた。降谷は雷市を打ち取り、三者凡退を決めマウンドを悠然と降りる。降谷の成長を肌で感じる青道ナイン。着実に先へ進む降谷の姿にベンチの沢村は慄然とする。

第69話『負けらんねぇ!』

2015年1月2日 8時30分 放送

6回を無失点に抑えた降谷。ついに青道に絶対的エース誕生か?と観客が沸く。対する薬師高校も、エース真田が登板。マウンドに立つ真田の気迫に圧される青道ナイン。真田の姿に降谷が重なり、沢村の闘志は燃え上がる!

第70話『Next Stage』

2015年1月9日 8時30分 放送

自滅の末に3失点。交替を告げられた沢村は、涙ながらにマウンドを去る。「ここで降りたら、俺は——」夏の大会の記憶が蘇る。ベンチで茫然自失の沢村。その姿は、好ピッチングを続ける降谷とはあまりに対照的だった。

第71話『9月の空の下』

2015年1月16日 8時30分 放送

イップスに陥り、人が変わったようになる沢村。金丸や春乃、倉持と御幸、そしてクリスもまた沢村を信じて見守っていた。心配する周囲をよそに、黙々とランニングを続ける沢村。その表情は徐々に前を向いてきて——

第72話『最後の教え』

2015年1月23日 8時30分 放送

秋季予選を勝ち進む青道。しかし、落合コーチと片岡監督の意見は対立したままだった。イップスに苦しむ沢村の前にクリスが現れる。アウトローを磨け——クリスの言葉にハッとし、沢村に新たな闘志が燃える。

第73話『継承』

2015年1月30日 8時30分 放送

結城から片岡監督の退陣を聞かされ愕然とする3年生。片岡監督は新チームへオフの合宿メニューを課す。手を抜こうとする部員を叱咤する前園。御幸は前園を頼もしく思う反面、何も言わない片岡に戸惑っていた――。

第74話『道しるべ』

2015年2月6日 8時30分 放送

片岡監督の辞任を知った1、2年生。ベンチに動揺が走る。新チームは浮き足立ち、見かねた伊佐敷は怒鳴り声をあげる。戸惑う新キャプテンの御幸。「お前がチームの道しるべになれ」との結城の言葉に、御幸は覚悟を決める。

第75話『その場所を目指して――』

2015年2月13日 8時30分 放送

9回表に前園が待望のホームランを打ち、試合は3対3の同点へ。そして9回裏、ついに沢村の登板。対する3年生チームは、代打にクリス。沢村は自分を導いてくれたクリスへと、全身全霊でアウトローを投げる!!

OVA『Face』

OVA『Out Run』

OVA『Boys be…』

ダイヤのA(1期) 声優・製作

放送 2013年秋
製作 MADHOUSE
声優 沢村栄純:逢坂良太
降谷暁:島﨑信長
御幸一也:櫻井孝宏
奥村光舟:内田雄馬
倉持洋一:浅沼晋太郎
小湊春市:花江夏樹
結城将司:武内駿輔
瀬戸拓馬:山下大輝
由井薫:村瀬歩
浅田浩文:畠中祐

 

ダイヤのA(1期) 音楽・サイト

オープニング 「Go EXCEED!!」 Tom-H@ck featuring 大石昌良
オープニング 「Perfect HERO」 Tom-H@ck featuring 大石昌良
オープニング 「疾走れ!ミライ」 GLAY
エンディング 「Seek Diamonds」 日笠陽子
エンディング 「グローリー!」 三森すずこ
エンディング 「未来へつなげ」 D応P(ダイヤのA応援プロジェクト)
エンディング 「CLOUD NINE」 青道高校野球部【沢村栄純(逢坂良太)、降谷暁(島﨑信長)、小湊春市(花江夏樹)】
エンディング 「PROMISSED FIELD」 青道高校野球部【沢村栄純(逢坂良太)、降谷暁(島﨑信長)、小湊春市(花江夏樹)】
エンディング 「FINAL VICTORY」 青道高校野球部
公式サイト TVアニメ「ダイヤのA」

ダイヤのA(1期) 関連アニメ動画