アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメ感想

【アニメ】約束のネバーランドの8話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『約束のネバーランド』の8話の感想とあらすじなどを紹介していきます!

約束のネバーランドは週刊少年ジャンプに2016年から連載している人気漫画です。

2019年1月よりアニメ化もされ、ますます人気が高まっていますね!

フジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」でTV放送され、動画配信サービスでも先行配信されました。

前回を見逃した人もいると思いますので、簡単に7話のストーリーを紹介していきます。

 

約束のネバーランドの7話のストーリーと感想

アニメ『約束のネバーランド』の7話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『約束のネバーランド』の7話のストーリーは…

<011145>

イザベラからママの座を奪いたいという目的とともに、ハウスの管理システムについてクローネから聞かされたエマたちは、彼女と手を組むことにする。
その夜、情報収集のためクローネの部屋を訪れたエマとノーマンだったが、逆に発信器の場所や壊し方に気付いていたことを知られてしまう。
子供たちの脱獄計画を本部に訴えるための証拠として、発信器を壊す道具を探すクローネだったが、そんなクローネにイザベラは本部からの通達を突きつける。

『約束のネバーランド』の7話の詳細なネタバレと感想まとめはコチラから

【アニメ】約束のネバーランドの7話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『約束のネバーランド』の8話の感想まとめとネタバレを紹介します!

 

アニメ約束のネバーランドの8話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『約束のネバーランド』8話のネタバレも含まれます。

<021145>

本部からの手紙を確認するシスター・クローネ。イザベラは他の農園で人員に空きが出たため、彼女が別の農園のママになることに決まったのだと言います。そしてクローネに農園の外に迎えが来ているから行くようにと告げるのでした。

表面上は受け入れたように見せるクローネですが、内面ではイザベラが自分を始末するつもりだと気づき何とかして一矢報いてやろうと画策するのでした。

門でグランマと話すクローネ。彼女はイザベラとレイの関係、エマたち5人がハウスの闇を知ってしまっていることなどを報告しますが、グランマは"管理"出来ているのであれば問題ないと言います。

どうやらグランマ自身がママをやっていた時代に、イザベラに真相を知られるも管理して問題なかったという過去があるようです。

イザベラも、イザベラの農園も特別なんだ、イザベラの邪魔をするなとクローネに告げるグランマ。クローネはイザベラとグランマがずっと裏で繋がっていたことに気付くのでした。

一方、レイはイザベラに薬のすり替えの話をしに行きますが、そんなレイにクローネを始末したことを伝えるイザベラ。用済みになったからクローネを始末したのだと告げ、レイにも今までお疲れさまと告げるのでした。

自分は役に立ってきたはずだと言うレイに対し、役に立ってきたからこそ裏切り者だと分かっていても切らなかったと告げるイザベラ。そして今回レイを切るのも状況が変わったからであり、イザベラ側の都合であることを話します。

「ごめんね、レイ」と言いながらレイを閉じ込めて外に出るイザベラ。レイからの合図を外で待っていたドンとギルダはレイからの合図がないのにイザベラが外に出てきたことに危機感を覚えるのでした。

レイが部屋に閉じ込められていることに気付くドン。体当たりでドアを破りレイを救出し、イザベラの後を追うのでした。

門ではクローネが鬼と対峙しています。"始末"とは鬼にクローネを殺させることのようです。鬼と対峙し、走馬灯のように過去のことを思い返すクローネ。そしてエマたちに絶対に逃げろ、この世界を変えろと想い、彼女は命を落とすのでした。

森の中ではイザベラがエマとノーマンに接触します。演技しないで話すのは初めてねとエマたちに告げるイザベラ。周りに誰もいないから、何も知らない良い子を演じる必要はないと2人に告げます。

良い子はやめる、そう言って別々の方向に逃げる二人でしたが、イザベラはエマの足を折ってしまいます。エマの悲鳴に逃げるのをやめるノーマン。そしてレイたちもエマたちの元へ駆けつけます。

エマの足の処置をしながら、これでゆっくり明日を迎えられると言うイザベラ。エマにも明日は祝福するようにと言います。

そしてイザベラは「おめでとう ノーマン」とノーマンに話しかけると。彼の出荷が明日に決まったことを告げるのでした。

以上が『約束のネバーランド』8話のネタバレでした!
 

みんなの感想&コメント

アニメ『約束のネバーランド』8話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めた約束のネバーランドの8話の感想です。

<後味が悪いなぁと思いながらエンディングを迎えたのは初めての気分でした>

・koyanagiさんの感想

突如として、他の農園に移動になったクローネの展開にはじめは驚きを隠せませんでしたが、今の現状を上に話してしまい、最終的にはまさか殺されてしまうとは思ってもいませんでした。

クローネの過去の回想シーンをみるとクローネは自分なりに頑張っていたんだなと感じたり、本気で子供たちを助けようとしていたんだなと感じました。本当にいい人でした。

ストーリーはかわり、イザベラもついに動き出しましたが、レイを初めから裏切り者とわかっていたり、子供たちの行動を全て把握していたんだなと改めてイザベラの行動力には脱帽しました。
レイを閉じ込め、森に向かうママ。

最終的にレイは仲間により助けられたのは意外な展開でしたが、イザベラがノーマンとエマに改めて正直に話す姿は、何故か怖かったです。

物語の終盤…エマはママの発信機を奪おうと、ママに襲いかかりますがママの力に及ばず、右膝を骨折させられてしまうのは目が点になりました。最終的にはノーマンの出荷が決まったりと意外な展開になってストーリーが終わりなんだか後味が悪いなぁと思いながらエンディングを迎えたのは初めての気分でした。

<期待通りの展開を見せてくれました>

・tamamuraさんの感想

約束のネバーランド第8話、前回、クローネに本部から手紙が来たところでの引きに続きが気になっていましたが、期待通りの展開を見せてくれました。

クローネが本部に始末されるのですが、イザベラとグランマが繋がっていることや、イザベラがグランマに以下に特別扱いされているかなども明らかになり、ハウスやイザベラの設定により伏線めいたものを感じられる回だったかと思います。鬼に処理されるクローネでしたが、食べられるわけではなく殺されただけだったのも気になるところです。

また本筋では、イザベラによりエマの足が折られ抵抗できなくなったところに、ノーマンの出荷が明日行われることが告げられ、話が大きく動きました。

次回ノーマンは出荷されてしまうのか、動けないエマはどのようにそれを受け入れるのか、1週間待ちきれないですね!

<今回は怒涛の展開、目白押しの回でしたね!>

・mikaelさんの感想

今回は怒涛の展開、目白押しの回でしたね!
絵馬たちの脱走に協力したクローネは、違う施設のママに就任か!?
と、思わせておいて実は出荷!
鬼に殺されてしまいました。
そして塀の外を下見する計画中、ママを監視するレイは閉じ込められ、エマは骨折!
絵馬に抱き着かれて
「あなたたちを愛してるわ」
なんて言ってた舌の根が乾かぬうちに、エマの足をボキッ!と折るママ。
お、恐ろしすぎる~・・・。
「あなたたちを愛してるから止めるのよ・・・」
なんて言いながら、どうしても
【塀の外を見せたくない何か】
があるとしか思えない!!ですよね。
そして決定したノーマンの出荷!
まだ8話ですよ!早すぎませんか?
第9話も絶対に見逃せない「約束のネバーランド」です!

<最初から最後まで画面から目が離せないスリリングな回でした。>

・asakuraさんの感想

最初から最後まで画面から目が離せないスリリングな回でした。
前回、ラストでイザベラがシスタークローネに手渡した手紙はまさかの第4プラントの管理人に登用という内容に驚きました。
しかし、シスター・クローネの怒る様子から、結局イザベラは、自分だけでGFハウスを最高品質の農園にしたかったと思われます。

クローネを処分した鬼よりもイザベラ、グランマの方が怖かったです。
また、クローネを鬼が始末するシーンと子ども達の食事シーンを交互に写し、子どもが肉を食べる口元のアップや、“いただきます”、“ごちそうさま”のタイミングなど、グロテスクな描写にせず、音のみで凄惨さを表現した演出は斬新で、衝撃的に感じました。

そして、今までの誰かが見ているようなカメラワークも、全てイザベラのものだったとも推察でき、細部にわたってエマ達にとって絶望的な現状を描いていました。

レイの二重スパイ、ドンとギルダも加わったことも知っていたイザベラ。

ラストシーンの忠告の口調は優しいですが、「今ここでは飼育監と食用児」など直接的な表現を使うところや、イザベラの注意を引いたエマの足を折って、「痛くない、痛くない」と優しく語りかけるのも、恐ろしかったです。

”何不自由なく幸せに過ごし、出荷され、死ぬ前まで笑顔でいてほしい“というイザベラの言葉には、子ども達を商品として見ながら、養育者として歪んだ愛情を抱えているように感じました。

また、レイより先にノーマンの出荷が急に決まったのも気になるところです。

脱獄を早めることになりそうですが、イザベラに計画がばれ、運動神経抜群のエマが動けない、絶望的状況をどう打開するかに注目して楽しみたいと思いました。

<ノーマンがどうなってしまうか。どうにか逃げて欲しい。>

・冷凍みかんさんの感想

クローネが他のプラントのママになるなんで子供達大丈夫か?なんて思ったけど罠でした。グランマという人が一番偉い人なのかな。
イザベラの事をコマと呼べる程のある程度の権力者には違いないだろう。
ただ、嵌められたクローネは可哀想に思える。
クローネは努力してママになった、もしかしたら子供を好きで本当のママになりたかったのかもしれないから。
あの胸に刺した後に咲く花がなんとも毒々しい。
レイにクローネを排除したと言うのはレイに忠告、あるいは脅迫なんだろう。そりゃいつもクールなレイも動揺するよ。
さらにはスパイを解雇、イザベラのこれからの行動を抑制出来なくなってしまった。
そしたら更に脱走が難しくなりそうだ。遂にイザベラが本性を現した、これよりも狂った本性がこれ以上出てこないで欲しい。
食用児なんて言っておきながら愛しているなんて言われても信じられないし。
そもそもエマの足を痛めつけるなんで愛してるなんて言えるのか。まあ、簡単に止められないほどイザベラは強いのが分かった。
出荷が決まってしまったノーマンがどうなってしまうか。どうにか逃げて欲しい。

<否が応でも感情移入しそうになります>

・はるらはるさんの感想

狂った世界で、自分の力で生き抜いてきたクローネの最期。
回想という形で見せつけられた成長過程に、否が応でも感情移入しそうになります。
ただただ己の力でここまでのし上がってきた彼女だったのに、
グランマの意向に沿わないゆえに出荷されてしまうなど、真面目にやってる人間からしたら、
悔しささえ覚える展開です。
そんな彼女が最後に望んだのが、己の救済よりも子供たちの脱走だった所に、
彼女の真の奥深さを感じます。

子供たちは脱走の下見に出かけますが、エマの骨折、ノーマンの出荷の決定など、次々に絶望的な状況に陥ります。。
ママの望む、出荷の日まで幸せに暮らす事は、果たして彼女なりの愛情と言えるのか。
子供たちがこれからどう「抗う」のか、今後も目が離せません。

以上が『約束のネバーランド』8話の感想まとめでした!
 

約束のネバーランドの次回のストーリーは?

<031145>

ノーマンの出荷を阻止するため、逃げたふりをしてハウスの敷地内に潜伏するよう提案するエマとレイ。
自分が逃げることでエマたちの脱獄が失敗してしまうと拒否するノーマンだったが、二人の必死の説得を受け入れる。
出荷当日である翌日、逃げるために塀へと向かったはずのノーマンだったが、計画に反して夕方にはハウスに戻ってきてしまった。
戻ってきたノーマンから明かされた真実に、エマとレイは驚愕する。

約束のネバーランドの放送状況
TV放送時間
フジテレビ ノイタミナ 24:55~

BSフジほか各局でも放送

FODプレミアムなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】約束のネバーランドの動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『約束のネバーランド』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

 

まとめ

以上が『約束のネバーランド』の8話のネタバレと感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

9話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-,

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.