アニメ大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】盾の勇者の成り上がりの4話の感想まとめとネタバレを紹介!

投稿日:

アニメ『盾の勇者の成り上がり』の4話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『盾の勇者の成り上がり』はなろう系ラノベ原作の異世界転生アニメです。

2019年1月よりアニメ放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

ただ、前回放送を見逃した方もいると思うので、まずは3話の感想とネタバレを紹介していきます。

盾の勇者の成り上がりの3話のストーリーと感想

・ラフタリアが美しく成長する

・尚文のスキルも上がり、連携が上手くなっている

・最初は冷たい態度だった村人たちもラフタリアのおかげで態度が軟化する

・災厄の波が来て、他の勇者と再び邂逅する

・盾の勇者だけ村人を助けるために救助に向かう

・尚文とラフタリアが必死に戦う姿に他の騎士も心を動かされる

・見事、魔物を撃退し、村で宴を行う

『盾の勇者の成り上がり』の3話の詳細な感想まとめはこちらから

【アニメ】盾の勇者の成り上がりの3話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『盾の勇者の成り上がり』の4話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

盾の勇者の成り上がりの4話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『盾の勇者の成り上がり』4話のネタバレも含まれます。

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めた盾の勇者の成り上がりの4話の感想です。

 

<穏やかな時間を過ごす二人の姿はとても嬉しかったです>

・kizuna1さんの感想

盾の勇者の成り上がり、第四話「暁の子守歌」を見ました。
最初は、災厄の波を退けたことへの宴から始まる、のですが……ちやほやされる他の勇者たちとは異なり、ナオフミは窓際で独りぼっち。
しかし他の勇者たちも冒険者たちも、口も態度もデカいですね。対して活躍していないくせに。

ラフタリアはここでもかわいい。
回りと、ナオフミの温度の違いがよく分かっていて、自分だけでもナオフミの気持ちを温めようとしているんだよね。
ラフタリアにケーキ食べさせてもらいたい……!

しかし、マリンが何か仕掛けてきました。
耳に何事かささやかれたモトヤスが、いきなり決闘とか言ってくるし。
奴隷としてナオフミに買われたラフタリアを解放しろ、とか。
勇者が奴隷を仲間にするなんて、落ちるところまで落ちた、とか、奴隷を没収するとか……話が無茶苦茶だよ。
ラフタリアが嫌がるのを、「ナオフミが呪いをかけているんだろう」と言い出すし。
あの国の人は、ナオフミの言葉を聞かない人間が多すぎる。いつものことだけど。

「最強のやりと盾の勝負」、全ての攻撃をナオフミは躱しましたね。
最強の槍だって当たらなかったらなんてことないですもんね。
そしてオレンジバルーン登場。バルーンこそ最強かもしれない(笑)
盾が攻撃できないなら、モンスター使いになってモンスターを戦わせたらいいのにってずっと思ってたけど、本当にそうなってきたね。
しかし、股間と顔を狙うのは……ダメだと思いますー(笑)また悪者の顔になってるよナオフミ!!

一度は、モトヤスを倒しかけたのに、マリンガちょっかいを出してきて、モトヤスの攻撃がナオフミのお腹を貫いてしまいました。
盾で受けないと躱せないのか??

一度倒れたことで、負けたことになってしまったナオフミ……
「マリンが魔法を仕掛けたから、邪魔者が入ったからだ」というナオフミの言葉を、誰も聞いてくれません。
王様が、勝負の結果をモトヤスの勝利と宣言してしまいました。

そこで驚愕の事実発覚!

マリン…マルティ、お前王様の子どもだったのかー!!
モトフミに取り入るためにナオフミを陥れたマリン、その娘のために事実を捻じ曲げる王様、これはクソだ。

勝負の結果を受けて、ラフタリアの奴隷契約が解消されてしまいました。
奴隷のアザも、ナオフミに反抗すると痛むという拘束条件もなくなってしまいます。
背を向けたラフタリアの姿に、ナオフミがまた絶望に陥って……ナオフミの中で、何かの解放がされてしまいます。

倒れこんだナオフミの横で、ラフタリアがモトヤスの頬を叩いてナオフミの援護をします。
聞いてる、ねえナオフミ聞いてる?
ラフタリアが、拘束の無い状態で、本当の言葉を語っているんだよ。

ここで、残りの勇者の2人、レンとイツキがやっと登場。
「マリンがさっき魔法を使った」と、異議申し立てにやって来ました。
この二人は、王様の命令に従うことないし、ラフタリアが本当にナオフミを慕っているということも理解していますね。
もうすぐ、ちゃんとナオフミの言葉を聞いてくれるようになるのかな? と期待してしまう。

ナオフミの元に戻るラフタリア。
ですが、ナオフミはラフタリアの手を払い、「裏切者はあっちに行け」と怒鳴ります。ラフタリアが否定して、ナオフミを裏切らない、といってもなかなか言葉を聞いてくれません。
信じるのが怖いんだね、ナオフミ……
これ以上傷つくのが怖いんだね。
それでも、ラフタリアは「ナオフミ様を信じています」と何度も言いつのります。
「そばに居させてください、ナオフミ様が必要なんです」と。
この国に来て、裏切られて、孤独だったナオフミの心が、やっとほどけてきましたね……よかった。

エンディングにかさなって、穏やかな時間を過ごす二人の姿はとても嬉しかったです。ナオフミの味覚も戻ってきたし。
それにしても、今頃ラフタリアが大人になったことに気が付いたのかナオフミ(笑)

暖かく終わった、盾の勇者の成り上がり第四話でした。

 

<傷ついた主人公の心を癒していく素敵なシーン>

・julie_kさんの感想

続きが気になってたまらない盾の勇者の成り上がり4話は宴のシーンから始まります。王をはじめ客人達の注目が槍、剣、弓の勇者に集まる中、盾の勇者尚文は一人目立たたないように窓辺に佇み、最初の波を退けた今も彼らの関係性が変わらないことを感じさせます。

ラフタリアが気になって仕方がない槍の勇者を見て1話で主人公に濡れ衣を着せたマインがまたしても悪だくみをし、槍の勇者と盾の勇者が決闘をすることになってしまいます。亜人を奴隷にしていることを責められ、槍の勇者に負けたらラフタリアを奴隷から開放しろと言われます。圧倒的な悪女として描かれるマインの存在は、主人公への同情や共感を生み物語にメリハリをつける重要な役だと思います。

盾に反発するので剣を持つことができない主人公はどう考えても不利ですが、持ち前のアイディアと必死に盾のスキルを研究してきた成果で槍の勇者を追い詰めます。いつもマントの下に隠しているバルーンを使ったり、新しいスキルであるドッグバイトなどを利用して上手く攻撃するシーンは爽快です。今まで槍の勇者とマインは主人公に酷い事ばかり言ってきたので、我慢し続けてきた主人公がやり返す機会があって気分がスッキリします。

盾のスキルで槍の勇者をバルーンと共に閉じ込めて戦闘不能にした主人公でしたが、王は勝利を認めずに無視します。さらに、マインが魔法で主人公を攻撃して槍の勇者に反撃のチャンスを与え必殺技で主人公は倒れます。今まで爽快だった気持ちが一気にマインや王への不快感に変わるシーンです。マインによる反則があったと伝えても誰にも聞いてもらえず、盾の勇者はいらないとか処刑しろとか酷い野次が聴こえてきます。

槍の勇者の勝利により、約束通りラフタリアの奴隷の刻印が消えて開放されます。誰も信じてくれないし誰も信じられない孤独の中、主人公はラフタリアが遠くへ行ってしまうように感じて怒りや悔しさといった負の感情で一杯になります。

しかし、ラフタリアは平手で槍の勇者の頬を打ち卑怯者だと怒ります。あなたは病で倒れそうな奴隷に手を差し伸べることができますか?と、主人公の優しさを必死に訴えます。ラフタリアだけが主人公を曇りのないまっすぐな目で見ていることが伝わり胸が熱くなります。さらに、剣と弓の勇者が風魔法による不正があったと指摘し、この二人はマインや王の仲間ではなく正義感が強いのだとわかって少しほっとしました。

ラフタリアは、世界中が尚文様を悪く言っても私だけは違うって、何回でも尚文様は良い人なんだって言いますと伝えます。誰かに言ってもらいたかった言葉をくれるラフタリアのきれいな心が、傷ついた主人公の心を癒していく素敵なシーンです。噂を知ったうえであなたが必要だと言い、今まで辛かったんですねと痛みを分かち合おうとするラフタリアの優しさに感動しました。

 

盾の勇者の成り上がりの次回のストーリーは?

『盾の勇者の成り上がり』の放送状況

TV放送時間

AT-X 毎週水曜 22:00~
TOKYO MX 毎週水曜 25:05~
テレビ愛知 毎週水曜 26:35~
KBS京都 毎週水曜 25:05~
サンテレビ 毎週水曜 25:30~
TVQ九州放送 毎週水曜 26:35~
BS11 毎週水曜 25:30~

FODプレミアムなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】盾の勇者の成り上がりの動画を無料で観れるサイトを紹介

今すぐ『盾の勇者の成り上がり』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『盾の勇者の成り上がり』の4話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期の覇権アニメとしても呼び声が高いアニメです。

5話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ大陸 , 2019 All Rights Reserved.