アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】モブサイコ100Ⅱの9話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の9話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『モブサイコ100』はマンガワンや裏サンデーで連載されていた、ワンパンマンのONEによるサイキック青春ストーリーです。

2019年1月より2期が始まり、ますます人気が高まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

7話を見逃した人もいると思いますので、簡単に8話のストーリーを紹介していきます。

モブサイコ100Ⅱの8話のストーリーと感想

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の8話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の8話のストーリーは…

<それでも ~前へ~>

毎年恒例、塩中の全校生徒によるマラソン大会の日が近づいてきた。
モブは10位以内に入賞したら、ツボミに告白すると宣言。
その心意気に打たれた周囲の声援を受け、モブは本番までひたすら練習に励むことに。
一方その頃、霊幻の「霊とか相談所」に依頼に来たのは、ツボミと彼女の友人のミキ。
兄の代わりに手伝いに来ていた律はそこで、ツボミの口から飛び出した意外な言葉を聞いてしまう。

『モブサイコ100Ⅱ』の8話の詳細なネタバレと感想まとめはコチラから

【アニメ】モブサイコ100Ⅱの8話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『モブサイコ100Ⅱ』の9話の感想まとめとネタバレを紹介します!

 

モブサイコ100Ⅱの9話を視聴したネタバレ感想

※ここから先はモブサイコ100Ⅱの9話のネタバレを含みます。

<見せてみろ ~集合~>

燃え盛る自宅の中、焦げた家族の死体を見つめるモブ。感情のメーターが振り切れたモブにおののきながらも、エクボは「この死体はダミーだ、敵の偽装工作だ」と必死に訴える。示された可能性に辛うじて正気を繋ぎ止めるモブは、感情の赴くまま街にいる超能力者を探査し、居場所を突き止める。膨れ上がった感情は、100%の「執着」だった。

OP明け、場面はテルの住むマンション。一人暮らしのテルを、超能力者が襲撃する。テルは素早く反応するが、部屋は爆発炎上してしまう。
一方モブは、探査にかかった二人組の超能力者の前に立ち塞がる。街中にも関わらず超能力戦を仕掛けてくる二人。モブは情報を聞き出そうと、感情的に敵を痛めつける。観念した超能力者は「家は今から襲う予定で、まだ何もしていない」と白状した。傍らで増援を警戒していたエクボは、野次馬の中に雨でもないのに傘を差した不気味な人影を見つける。

その時、モブの元に勢いよく車が乗りつけられた。車の主はかつての敵、爪第七支部元幹部である誇山と桜威だった。仲間と霊幻の待つ場所に連れて行くと二人に言われ、気が急いているモブは乗り込んだ車ごと空を飛んで隠れ家へ向かう。

隠れ家では誇山、桜威と同じ第七支部元幹部の寺蛇・槌屋・無飼・邑機、覚醒ラボ設立者の密裏とラボメンバー、そして霊幻が待っていた。上手く話せないモブに代わり、経緯を話すエクボ。霊幻はエクボを隅に呼び、ダミー人形の話に確証はあるのか尋ねる。実はそれは、根拠が薄くても言うしかなかった、エクボのとっさのセリフだった。エクボの告白を聞いてなお、霊幻はモブに「俺も無事だと思う」と伝える。その言葉に安心したモブは、気絶するように眠ってしまう。

モブを寝かし、霊幻たちは現状を確認し合う。元幹部たちは同時多発的に襲撃を受け、結束のためのリーダーを求め霊幻を訪ねていた。霊幻は何者かに事務所を燃やされ、覚醒ラボメンバーもまた爪に目をつけられている可能性があるため、密裏の確保したこの隠れ家に身を潜めていた。こうして、皆は一箇所に集まっていたのだ。

そこへテルが、自分が負かした襲撃者を手土産にやってくる。拷問により、爪が日本征服に向け動き出したと知る一同。その場の皆にリーダーと目され指示を仰がれる霊幻だが、「警察に連絡しよう」と冷めた判断を下す。

一方爪では、ボスである鈴木が革命を宣言していた。五人の最高幹部・5超の羽鳥の電波ジャックにより、宣言はテレビを通じて広く布告された。

その頃、テレビの前で宣言を聞いた鈴木の息子・ショウは羞恥に震えていた。ショウは影山家の両親を温泉旅行を口実に遠くに逃がし、律と共に行動していた。ショウはモブをきっかけがないと爆発しないタイプと評し、「きっかけは与えた」と思わせぶりに話す。

爪本部では外人部隊のヨシフが、外人部隊仲間に離反をそそのかしていた。爪として日本征服をするより、外人部隊で爪を乗っ取る方が現実的と言うのだ。提案に乗った外人部隊は、支部の幹部たちに戦いを仕掛ける。

事の発端であるヨシフは、単身鈴木に話しかけに行く。ヨシフの正体は、爪を崩壊させるために政府から送り込まれた刺客だった。鈴木を見くびるヨシフの背後に、5超の一人、芹沢が現れる。ヨシフの抱き込んだ外人部隊は5超の峯岸、柴田にあっさり潰され、ヨシフもまた、芹沢に建物の外まで簡単に吹き飛ばされてしまった。

爪の状況が目まぐるしく動くその頃、テレビを点けていなかった霊幻たち隠れ家組は、爪の革命宣言すら把握していなかった。

場所は変わって、5超の残りの一人である島崎は、総理大臣の講演に乱入していた。警備に囲まれながら、島崎は悠々と総理誘拐を宣言。動きを先読みできる能力で警備の銃撃を完璧にかわし、テレポート能力で総理大臣共々遠く離れた公園に瞬間移動してしまう。

そこへ、島崎の気配を察知したテルが現れる。テルはこれまで敵から受けて学んできた様々な技を駆使して応戦するが、瞬間移動を使いこなす島崎の動きについていけず、ついには倒れ伏してしまうのだった。

以上が『モブサイコ100Ⅱ』の9話のネタバレでした!

みんなの感想&コメント

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』9話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めたモブサイコ100Ⅱの9話の感想です。

 

<終始驚きっぱなしのストーリーでした>

TPONさんの感想

前回のほのぼのストーリーから突如モブ達を襲った謎の事件の黒幕も分かり、このストーリーの醍醐味であるサイキックバトルが存分に披露するアクションストーリーに切り替わり興奮してくるストーリーでした。

興奮もさることながら驚くことも多く、霊幻を慕う第七支部組や、覚醒ラボ、花沢を含む超能力持ち組の結集、そしてなにより律と両親の生存と将との提携等前回までのストーリーからは予想できない展開がたたみかけるように詰め込まれ、終始驚きっぱなしのストーリーでした。

一方で、支部長より実力のある5超の登場と、組織内での反乱、霊幻達の超能力組達の結集による予想外の共闘は興奮する物があり、元爪のメンツや子供が行動を動かしているのは、今後のストーリーが楽しみになってくるエピソードでした。

<今週はアツいバトルが見所の回でした!>

・tsurunokoeさんの感想

先週ラストの急展開から引き続き、心臓に悪い出だしでした。

ヒリヒリした展開の中で、モブとエクボがいつのまにか築いてきた信頼関係が再確認できた気がしました……そして、裏番時代ともまた違うテルのピリついた表情が見られて、彼はこれまで厳しい人生を歩んできたんだろうなと切なくなりました。

後半パートでは、重要な敵キャラである5超たちの声がついに聞けて興奮しっぱなし。
5超メンバーの個性的な戦闘スタイルとパワーを見せつけられた気持ちです。
段々スケールが大きくなってくる爪の動きに、今後どうなってしまうのかヒヤヒヤしています。

ラストのバトルシーンは敵味方ともにカッコよく、カメラワークなどの演出にテンションが上がりました。バトルの勝敗が付いて、負けた彼は次回果たしてどうなるのか……今週はアツいバトルが見所の回でした!

<前回、鬱展開で終わっていたので、早めの段階で家族の安全が確認できて良かったです>

・tamamuraさんの感想

とりあえず、モブの家族無事で良かった~!
律はショウと共に行動しており、父母は温泉旅行に行ってました。

前回、鬱展開で終わっていたので、早めの段階で家族の安全が確認できて良かったです。

そして話の大筋として、爪が世界中から超能力者600人を集めてテロを企て始めました。とは言え、外人部隊は裏切り者、支部長クラスですら弱く使えそうなのは5超と呼ばれる5人だけというのが、目論見が明かになってすぐバレてました。

5超の凄さを強調するためであれば、600人のくだりはなくてもよかったのかなと感じてしまいました。

ですが、5超の力は絶大なようなのでこれからモブ達がどのように対処するか気になるところですね。今クールも終盤に差し掛かりましたが、どのような展開になるのか楽しみにしたいと思います。

<次回からはモブの反撃が開始しますね!>

・mikaelさんの感想

燃え盛るモブの家で見つかった遺体・・・。
モブと組んで行動するエクボはとっさに「ダミー人形だ!」と、モブを落ち着かせます。
しかしそれは可能性がとても薄いですよね・・・。
モブが混乱しないためにエクボがついた嘘、そして霊幻も
「俺も人形だと思う。さきに家を燃やして家族を危険な目に合わせないようにしてるんだ」
と、エクボの嘘に加担しましたよね。
そのエクボと霊幻のとっさの優しさに、どれだけ2人がモブを大事にしているかがわかりますよね!
しかし敵はテロ組織超能力結社「爪」。
つまり今回の火事はモブへのけん制なのでしょうか。
モブに精神的ダメージを与え、「爪」の邪魔をさせないようにしたのか・・・と思わせておいて。
そして火事の時に現れた「爪」のリーダーの息子、鈴木はモブの家族を助けに来ていたんですね!
エクボと霊幻が立てた小さな望みの「仮説」が当たっていたんです!
モブの家族が生きていたことで、視聴者のみなさんも気持ちが楽になったでしょう。
しかしモブはまだその事実を知りません。
家族は「爪」が隠しているのかも!という可能性がある限り、モブは「爪」にマックスパワーで挑むと思われます。
次回からはモブの反撃が開始しますね!
オープニング同様に派手な攻防戦が期待できそうです!!

<エクボと霊幻がモブをどれだけ大事に思っているかが伝わります>

・nagatomoさんの感想

前回の衝撃のラストからの続きで、暴走しかけていたモブ。それを嘘をついてでも止めたエクボ。
やはり二人の関係性はいい相棒って感じで好きです。
霊幻もその嘘に加担してモブを安心させていましたし、エクボと霊幻がモブをどれだけ大事に思っているかが伝わります。
霊幻とエクボの嘘が真実で、律も両親も生きているのが分かった時はホッとしました。

本格的に動き始めた爪。5超と呼ばれる存在のお披露目のような感じで、敵の強さが描かれておりました。
やはりアクションの作画は素晴らしく、花沢と島崎のバトルは最高です。
花沢は今回負けてしまいましたが、個人的には好きなキャラなので、今後の活躍に期待したいです。
そして来週から5超との本格的なバトルが始まるのが今から待ち遠しいです。

以上が『モブサイコ100Ⅱ』9話の感想まとめでした!
 

モブサイコ100Ⅱの次回のストーリーは?

<衝突 ~パワー系~>

世界に向けて宣戦布告し、調味文化タワーに立てこもった「爪」のボス・鈴木統一郎。
瞬く間に警察の包囲網を排除すると、彼らはさっそく次の行動へと移る。
一方、隠れ家に逃げ込んだ霊幻たちも、この状況を手をこまねいて見ているだけではなかった。
霊幻の指示のもと、タワーへの潜入を試みる元第七支部や覚醒ラボの面々。
さらには律とショウも、鈴木の野望を阻止しようと独自に動き始める。

モブサイコ100Ⅱの放送状況
TV放送時間

TOKYO-MX 23:00~

BSフジほか各局でも放送

U-NEXTなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】モブサイコ100の動画を無料で1期も2期も観れるサイトを紹介

今すぐ『モブサイコ100Ⅱ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『モブサイコ100Ⅱ』の9話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

10話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.