アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメ感想

【アニメ】モブサイコ100Ⅱの4話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の4話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『モブサイコ100』はマンガワンや裏サンデーで連載されていた、ワンパンマンのONEによるサイキック青春ストーリーです。

2019年1月より2期が始まり、ますます人気が高まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

3話を見逃した人もいると思いますので、簡単に3話のストーリーを紹介していきます。

モブサイコ100Ⅱの3話のストーリーと感想

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の3話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『モブサイコ100Ⅱ』の3話のストーリーは…

<モブサイコ100Ⅱの3話のネタバレまとめ>

前回から反省を生かして霊幻は霊とか相談所のホームページをつくる

HPの出来に反して様々な依頼が殺到する

霊幻はいつもどおり、その場のノリで適当にすべての依頼をこなしてゆく

幽霊事件にみせかけたストーカー事件を解決したり、大学生の廃墟探索に付き合ったり…割と大変そうな感じ

2パートではいきなりかつあげに遭うモブだがエクボや弟、部活の仲間に助けてもらう

モブは霊幻の仕事を手伝っている最中、家族の自縛霊と出会う

祓わないと依頼人には怒られるけど、家族の自縛霊に共感もするモブは悩む

霊幻はここでモブの心情を察し、依頼人たちに「この依頼は終わりだ」と告げる

モブは今回の件で自分の力について深く考える…

『モブサイコ100Ⅱ』の3話の詳細なネタバレと感想まとめはコチラから

【アニメ】モブサイコ100Ⅱの3話の感想まとめとネタバレ紹介!

それではアニメ『モブサイコ100Ⅱ』の4話の感想まとめとネタバレを紹介します!

 

モブサイコ100Ⅱの4話を視聴したネタバレ感想

※ここから先はモブサイコ100Ⅱの4話のネタバレを含みます。

<中身~悪霊~>

今回は結構ハードな展開と内容のストーリーです。

冒頭、エクボが霊能力者に追い詰められるシーンから始まります。

OP

霊幻が次に見つけた仕事は「悪霊が取り付いた娘を救って欲しい」という依頼。

金持ちの依頼という事で屋敷に到着すると60人以上の霊能力者がひしめき合っていました。

前回登場した森羅万象丸のその一人。

また彼の師匠の大物霊能力者もお供を連れて参戦してきています。

これだけ多くの霊能力者がいると誰から娘の除霊を始めるかもめ始めます。

しかし、さすがは霊幻、ここでも公正をきわめる為といい順番をじゃんけんで決めようと言い出します。

そう、霊幻はむちゃくちゃじゃんけんが強かったのです(人の癖などを見抜くのは一流)。

そんなわけで霊幻が隔離された部屋にいる娘と会話し始めます。

娘曰く「狂っているのはパパのほうだよ!お父さんは私をぶったり怒鳴ったりして…」と悲痛な叫びで訴えてきます。

霊能力者たちも依頼者のほうがおかしいと思い始めた時

「いや、こんな危険なヤツ見たことない。よく思い返せ。一人称も一致しない。子どもと話しているとは思えなかったぜ」

と霊幻が娘のほうがおかしいと見破ります。

見破られた娘は正体をさらし、隔離された部屋を突破し暴れ始めます。

「あれは最上啓二だ…」とエクボがなにやら知っている様子。

実は冒頭でエクボがやられかけたのは、娘に悪霊となって取り付いている最上啓二でした。

森羅万象丸の師匠もそれなりに応戦しますが、やられてしまい、ついにモブに出番が回ってきました。

圧倒的な力にモブもおされぎみ、そしてどうやら最上と娘はほぼ同化しているという事が分かります。

こうなったら内側から最上を倒すしかないと、モブは自分の身体をエクボに預けて娘の心の中に入り込みます。

しかし、それは最上が仕掛けた罠でした…

以上、モブサイコ100Ⅱの4話のネタバレでした!

想像以上の強敵にモブは勝てるのか、次回の話は必見ですね。

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めたモブサイコ100Ⅱの4話の感想です。

 

<これぞモブサイコ100というシーンが多い良パート回でした>

TPONさんの感想

モブサイコ100Ⅱ4話は、霊幻とモブのいつものコンビによる除霊作業がメインでありますが、また個性的なキャラクターと新たな脅威の予兆が目立つエピソードでありました。霊幻に相変わらず信頼を寄せるモブは、金にがめつい霊幻の新たな依頼に同行するといういつもの描写なのですが、今宵のクライアントが非常に莫大な財力を持っているという一点だけで動くという、非常に単純な思考ルーチンの霊幻ならではの描写が伺えます。

また財力があるということで、霊幻だけでなく別の同業者も雇っているのですが、そこにはかつて強調した仲間や、モブにコテンパンにされた組織の一員、その他大勢の珍妙な霊媒師や特殊能力らしき力を持っているという、イレギュラーな光景は非常に笑えます。笑わせるだけなら霊幻も負けておらず、相変わらず芯の太い霊幻らしく、ぬけぬけと依頼を真っ先に受けようとして莫大な報酬を得ようとしたり、ジャンケン対決で優勝するなど非常にピンポイントながらに笑わせてくれます。

しかし、物語が進むにつれシリアスになっていき、今宵の要件である除霊作業も苦戦し、モブでさえも手こずっているというらしくないシーンがありました。そこでエクボが思い出した一人の人物、最上こそ今宵の黒幕であり、今後のモブ達の迷案を握る男なのでもあるのでした。

最上自体も霊能力にたけた男であるものの、エクボと争いを行ったこともあり、エクボはかろうじて逃げることが出来たという強敵感満載のヒールの登場はやはりモブらしく、シーズン2にして長期ストーリーと大乱闘の予兆も感じさせるものもありました。

物語の中盤頃になると、除霊作業に苦戦しモブや他の霊能力者も共闘する物の、苦労むなしく返り討ちにあうという驚異も見せてくれました。とはいえ、モブや過去に共闘したことのあるもの達はともかく大抵の霊媒能力者のアクションが非常に陳腐であり、あまりの情けない行動は逆に記憶に残る描写を残してくれました。

そして物語の終盤、モブの正体を知った悪霊とのインファイトからの衝撃のオチはとても遺憾であり、今後のモブの行方を左右させるこの最上の行動は、一体モブやその仲間達にどのような影響を及ぼしてしまうのか気になる内容でありました。全体的にシリアスな描写が多く、過去のエピソードと比べるとかなりバトルシーンが多く、前回の布石でもあったモブの内なる覚醒ゲージもあって、久々の強敵との戦いはとても感服しましたが、モブが敗北してしまうのは予想外でもありました。

一方で、モブにベクトルがおかれがちであったこのエピソードでありますが、同行していた霊幻やエクボも自分の持ち味やキャラクターを活かしつつ時に助けたりとそれぞれいいバイプレイヤーを演じてくれる描写もあり、新たな敵の最上も中途半端に強いのではなくモブに致命傷を負わせるという活躍はバトルアニメの真骨頂を物語るいいアクセントとなっているため、これぞモブサイコ100というシーンが多い良パート回でした。

<シリアスとギャグが融合しているところがやっぱり面白い>

・nagayuさんの感想

お金持ちからの除霊依頼。タクシー代が出るといいながら電車で移動するところにケチっぽさが滲み出てる。
色々な霊能力者が集められていましたが、全員胡散臭い。
悪霊と対峙する順番をジャンケンで決めるところとかシリアスとギャグが融合しているところがやっぱり面白いです。
悪霊と対峙するときに漫画のようなコマ割りで意味不明な行動を起こす霊能力者に「飽きてきたな」という言葉には同意してしまいそうでした。
悪霊と戦う前のモブがかっこよすぎる。やはり髪型で損してると思う。
悪霊とモブとのバトルはやはりすごい作画、前の話で出てきた幽体離脱を利用して、悪霊を追い出そうとするも失敗し、ピンチに陥るモブ。
次回予告から見るに来週は精神的にきつそうで、どうなるか楽しみですが怖くもありますね。

 

モブサイコ100Ⅱの次回のストーリーは?

<不和 ~選択~>

最上啓示が生み出したパラレルワールドに囚われてしまったモブ。
みのりがクラスに転入してきたことをきっかけに、イジメの標的にされたモブは、誰かに救いを求めることもできず、次第に負の感情を溜め込んでいく。
そして明かされる、生前の最上を襲った悲劇の真相。
一方、浅桐邸では霊幻たちが、モブの意識が戻るのを待ち続けていた。
エクボはモブを救おうと、みのりの体に侵入を試みる。

モブサイコ100Ⅱの放送状況
TV放送時間

TOKYO-MX 23:00~

BSフジほか各局でも放送

U-NEXTなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】モブサイコ100の動画を無料で1期も2期も観れるサイトを紹介

今すぐ『モブサイコ100Ⅱ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『モブサイコ100Ⅱ』の4話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

5話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.