アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】明治東京恋伽(めいこい)の1話の感想まとめとネタバレを紹介!

投稿日:

アニメ『明治東京恋伽』(めいこい)の1話の感想とあらすじなどを紹介していきます!

明治東京恋伽(めいこい)はタイトルにある通り、明治時代を舞台とした恋愛物語です。

元々は女性向けノベルゲームとして人気を得ていた作品ですが、2019年1月よりアニメ化もされました。

テレビドラマや映画化も控えており、ますます人気が高まっている作品ですね。

原作の知らない人もいると思いますので、まずは簡単にあらすじ(ストーリー)を紹介していきます。

 

明治東京恋伽のあらすじ(ストーリー)を紹介

<明治東京恋伽(めいこい)のあらすじ>

不思議な世界があなたを誘う…今宵はストロベリームーンライト

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。
目を覚ますと。そこは明治時代の東京だった!

戸惑う芽衣を助けたのは森鴎外と菱田春草。
言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。

高官たちが集う華やかな舞踏会の場で泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。

この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に「物の怪」たちが姿を現す。
その姿を見る事ができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。

慣れない生活の中、彼あらと触れ合い芽生えていく恋心。
「魂依」の力は芽衣と彼らをより強い絆で結び付けていく。

しかし、現代に戻るチャンスは一ヵ月後の満月の夜。
芽衣が選ぶのは現代か、それとも…

少し不思議な明治の東京で、時を越えた恋の物語が開花する…

それでは『明治東京恋伽』の1話のネタバレを紹介していきます!

アニメ明治東京恋伽の1話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『明治東京恋伽』1話のネタバレも含まれます。

<ストロベリームーンは突然に>

楽しそうに話をしている女子高生の後ろを少し離れて歩く女の子。
彼女は幼少の頃から他の人には見えないモノが見えていました。
周囲の子たちはそれを不気味がり離れて行き、それ以降ずっと一人で過ごしていた。

変な物と関わらないよいに常にヘッドフォン付けていました。

ストロベリームーンナイトのこの日。
帰り道にマジックショーの会場の前を通ります。
マジックショーの男性はどんな物でも消し去れるという魔法の箱に入ってみてほしいとショーの手伝いを頼まれます。

目立つのが嫌な彼女ですが、箱の中に入ると少し気持ちが落ち着くのでした。
そしてカウントが終わり目を覚ますとそこは見覚えのない景色。
手にしていたスマホは壊れ、そんな時目の間に馬車が一台止まります。

馬車からはとても赤毛とクールなイケメン二人が降りて来て、彼女の身を案じます。
そんな二人は馬車で家まで送ると言いますが、どうやら彼女は自分の事をあまり覚えていない様子。

そんな彼女の反応を見た赤毛の男性は意味有り気に笑いました。
そして一先ず馬車に乗せてもらう事になった彼女。
森 りんたろうと名乗る赤毛の男性と菱田 春草と名乗るクールな男性。

そして彼女は自分の名前を聞かれるも、覚えておらず焦るも脳内に「綾月 芽衣」と声が聞こえます。
彼女はとっさに「綾月 芽衣」と名乗るのです。

ふと馬車の外へ目を向けるとそこはまるで明治の世界のような街並みが広がっていました。

そして芽衣は夜会が開かれている鹿鳴館へと連れて来られます。
しかし鹿鳴館は今もあったかと芽衣が首を傾げているとリンタロウに「子リスちゃん、存分に楽しみなさい」と声を掛けられます。
その言葉に困惑していると大好物のローストビーフの匂いが...。

リンタロウが説明をしている間に匂いに釣られてウェイターの後を追いかけ消えて行った芽衣。
その行く先には肩にウサギを乗せた鏡花と呼ばれた青年と爽やかな好青年というイケメン二人組がいました。
芽衣はウサギが気になり思わず青年に顔を近づけますが気付いた青年は汚いものを見るような眼をしながら素早く離れます。
その一部始終を見ていた好青年は「俺と踊る為に近づいてきたのだろう」と肩を抱いてきます。

芽衣は匂いに釣られて来たら肩にウサギを乗せた人がいたから気になって近くに来たと話します。
その言葉に少し反応をする青年。
しかし好青年にはウサギは見えておらず、話が噛み合いません。

芽衣に対し「物ノ怪を見たんじゃないか」とからかう好青年。
そして「物ノ怪」という単語に敏感に反応をした眼鏡をかけた男性、小泉 八雲が話に割り込んできたのです。
その名前に芽衣は「あの耳なし芳一の?」と尋ねると「私の事を知っているのですね」少し興奮する八雲。
そんな八雲と意気投合したかのように握手をしながら好青年は川上 音二郎と名乗ります。

八雲にダンスを申し込まれる芽衣ですが、その後ろにはあのショーの司会をしていた男性が。
思わず駆け寄り状況を説明してもらおうとしますが、当人も「まさかタイムスリップしてしまうとは自分でも驚いている」と話します。

そんな最中男性が指を鳴らすと部屋の電気が消え、突然狐が現れ会場を暴れまわります。
その狐はほかの人には見えておらず、会場は騒然となります。

そんな中狐に近づく男。
捕まえると思いきやいきなり狐を刺し殺そうとしました。
芽衣は思わず身を挺して狐を庇いますがそのせいで刀を持った男に「貴様、魂衣か?物ノ怪が見えるのか」と鋭い目つきで問われます。

電気が点くと先ほどまで居た筈の狐は消え、男は未だ芽衣に刀を向け続けます。
その時、リンタロウが芽衣を抱き上げ7「心配いらないと声を掛けます。」
男はリンタオウに向かい「邪魔をするな、森 鴎外」と言います。
しかし鴎外は「僕のフィアンセに手を出さないでくれ。お前は僕の物だ」と爽やかに男に告げるのでした。
芽衣はその名前と鴎外の行動に驚き動けませんでした...。

 

みんなの感想&コメント

アニメ『明治東京恋伽』1話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めた明治東京恋伽の1話の感想です。

<鴎外と芽衣ちゃんのその後がどうなるのか、目が離せませんね!>

・nozomiさんの感想

何だか、まだ1話目とは思えないような内容の多さな気がww

芽衣ちゃん、あんなに可愛いのに幼い頃にとても辛い思いをしたんですね...
それからずっと一人なんて想像しただけでもう...

というか森さんなにか知っているのかな...
芽衣が記憶を無くしている様子を受け入れて不敵に笑ってうたけど...
あの笑顔の意味は一体何なのでしょうか...

そして春草は無口だけどかっこいいし、鏡花は潔癖症の所もまた可愛いし、音二郎はただただかっこいい!←
八雲は何とも言えない色気がムンムンと伝わってきます...!!!

それにしてもあのショーの男の人はいったい何者なのでしょうか?
まだまだ気になる事だらけのネイコイ!
次回は鴎外と芽衣ちゃんのその後がどうなるのか、目が離せませんね!!

以上、アニメ『明治東京恋伽』1話のみんなの感想でした。

 

明治東京恋伽(めいこい)の次回のストーリーは?

<牛鍋は湯気にかすむロマン>

鹿鳴館で警官の藤田五郎から不審者扱いされた芽衣を、「僕の大事なフィアンセ」だと言い抱き寄せる鴎外。
そのまま行き場のない芽衣を連れ帰り、記憶が戻るまでの間、屋敷にいて構わないと言う。
鴎外の優しく甘い言葉に翻弄される芽衣。
一方、同じ居候で美術学生の春草は、迷惑そうな様子で態度もつれないが……。

明治東京恋伽の放送状況

TV放送時間
TOKYO MX
毎週水曜 23:30〜
テレビ愛知
毎週水曜 26:05〜
サンテレビ
毎週土曜 25:00~
KBS京都
毎週日曜 23:00~
BSフジ
毎週日曜 24:30~

U-NEXTなど動画配信サービスで最新話から観る事ができます。

【アニメ】明治東京恋伽(めいこい)の動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『明治東京恋伽』(めいこい)を無料で観たい方はチェックしてみて下さい!

 

まとめ

以上が『明治東京恋伽』(めいこい)の1話の感想まとめとネタバレでした!

今期のアニメの中でも恋愛ラブコメアニメのおすすめ作品ですので、まだ観てない方はチェックしてみて下さい。

2話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.