アニメ大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の6話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の6話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『荒野のコトブキ飛行隊』は人気アニメ「ガルパン」のスタッフが再結集し作られたアニメです。

2019年1月よりアニメ放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

前回を見逃した人もいると思いますので、簡単に5話のストーリーを紹介していきます。

荒野のコトブキ飛行隊の5話のストーリーと感想

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の5話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の5話のストーリーは…

<華麗なるアレシマ>

・「整然としていて規律に満ちている正しい美しさだ」といわれるアレシマが今回の舞台

・アレシマ空軍当局にコトブキ飛行隊全員の航空申請をだす必要があり、文句を言うキリエだがレオナに一喝されしぶしぶ行くことに

・道中、騒いでいたキリエは車に轢かれそうになり、車の相手が謝罪をしてくる

・一件が落着すると今度は「オーシャンサンフイッシュホテルに急行するように」と依頼を言い渡される

・そこへ行くとガドールの評議会議員ユーリアが待っていて、対談相手はイサオという人物との事

・イサオの名前を聞いたレオナの表情が変わる

・対談当日、空賊が現れ出撃するコトブキ飛行隊だがいつもと違うレオナは撃墜されそうになり、イサオに助けられる

・イサオは通称「天上の奇術師」と呼ばれ、イケスカ所属の飛行隊の名をはせた人物でレオナを過去の戦いでレオナを助けた恩人であった

『荒野のコトブキ飛行隊』の詳細なネタバレと感想まとめはコチラから

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の5話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の6話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

荒野のコトブキ飛行隊の6話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『荒野のコトブキ飛行隊』6話のネタバレも含まれます。

<帰らざる無宿>

ビリヤード台の上で対峙するドード船長とアノマロカリスのぬいぐるみ。
どんなに睨んでも微動だにしない(当たり前ですが…)アノマロカリスのぬいぐるみに大声で威嚇するドードー船長だったが、チカが「やめて!!マロちゃんはいそのい子なの!!」とかばいに入り、チカはドードー船長に追いかけまわされてしまう。

ドードー船長とチカが大騒ぎしている中でトウワ・ブユウ商事の会長イサオが一面に載った新聞記事を見ていたザラ。
新聞記事にはイサオ氏がアレシマを救ったという見出しと、イサオ氏の写真がでかでかと掲載されていた。
イサオだけを称賛する記事にキリエとエンマは納得がいかない様子だった。
レオナの活躍を聞き、褒める羽衣丸の主操縦士のアンナと副操縦士のマリア。
二人に褒められるも否定をするレオナの姿に「さすが隊長!!」「謙虚だ」と感心する二人だったが、コトブキ飛行隊に隊長として一人の飛行機乗りとして我を忘れた行動をしてしまった事を悔やんで反省していたレオナだった。
「この侘びはいつか必ず…」と思い詰めるレオナに「それが貸し借りってもんじゃないの。隊長なんだからもっと仲間を頼りなさい。」と助言するマダム・ルゥルゥ。
「頼られると嬉しいもの。それに貸し借りがいけないと思わないで、もっとゆるーく頼る感じでいいんじゃない?」というザラの話に納得したレオナだっが、話はチカのアノマロカリスのぬいぐるみ(♂設定)に配偶者のぬいぐるみを買う話になり、同室のケイトやエンマから反対される。

そのころキリエはアレシマでの警備費の請求にユーリア議員のところへ来ていた。アタッシュケースいっぱいに詰められた紙幣を目の前に「こんなに…」と驚くキリエだったが、無事アレシマでの警備費を回収することができた。

ユーリア議員の元から飛び立ち青空の中飛んでいたキリエ。途中雲の中や雲の上など自由に飛んでいたところ一機の戦闘機を発見してキリエの表情は一変する。
その機体には蛇がとぐろを巻きハートに絡まりついているマークがついていた。謎の戦闘機を追いかけるキリエだったが、その戦闘機はキリエに気付いたのか機体を揺らしながら飛びキリエを誘う。

一方羽衣丸では爆弾低気圧が近づいてきており、低気圧に備えて高度を下げるなど対策をとっていた。

「初めて落としてくれた時のこと忘れない!!」と言いながら先ほど見つけた戦闘機を雷雲の中追いかけるキリエ。
その戦闘機とはトロッカのはずれで不意打ちを受け、ショートの帰りに空賊を引き連れて襲われるなどキリエは敵視していた。
何発も弾丸を打ち込むも雲の中に逃げられてしまう。雷雲の中でキリエをあざ笑うかのように飛ぶ謎の戦闘機。
追いかけているうちに敵の機体はいつの間にかキリエの機体の後ろにあった。撃たれてしまうかと思い表情が固まるキリエだったが、相手は何故だか撃つことなく機体を翻し雲の中に消えていった。
相手にする気が相手にないことに腹を立てたキリエは雲の中を追いかけ、切り立った谷間に差し掛かる。谷間の中、撃ちながら飛び続けるも気づけば後ろをとられてしまい、空へと逃げるキリエ。
逃げ惑う中機体の前方に打ち込まれてしまい、キリエの機体は谷底へと落下していったのであった。

酒場ではコトブキ飛行隊のチカ、エンマ、ザラ、レオナ、ケイトの5人がキリエの帰りを待っていた。
なかなか帰還しないキリエにカリカリしているチカだったが、ケイトは羽衣丸のように嵐を避けてどこかに避難しているのではないかと考えていた。
みなキリエの期間を心配している様子で自然と無言になっていた。
「一つ分かったことがある。チカがキリエを心配していることだ。」レオナに指摘され「お金が心配なの」と怒るチカだったが、皆がキリエの無事の帰還を待っていた。

その頃キリエは、丘の上に不時着して気絶していた。気が付き、お金が無事あることに安堵したキリエだったが、機体のエンジンは上半分が撃ち抜かれており、無線も使えない状態だった。

キリエが墜落した場所はオフコー山という場所だった。ユーハングでは空ではなく、海に船が浮かんでいた。
オフコー山はちょうど船の滑走路と同じ距離だったため、ユーハングから来た新米飛行機乗りが練習する場所として使用していたようだったが、墜落などの事故が多く、不幸ものばかりだったため「オフコー山」と呼ばれるようになったらしい。

話の内容を裏付けるように周りには墜落してボロボロになった機体や翼の一部などが落ちていた。
オフコー山からラハマまでは直線でちょうど260キロの位置にあり、途中には空の駅も街も何もなかった。
ラハマに帰ろうにもエンジンが動かないのでオフコー山から下りることができず、下りれたとしても、途中にそびえ立つソウウン峡谷があるので、超えることができない状況だった。

ここからはキリエの小さいときのサブ爺との思い出の回想になる。オフコー山で倒れていたサブ爺を見つけた幼いころのキリエ。周りの人たちはサブ爺を恐れ関わらないようにしていた。
何か起きるとサブ爺が疑われ、街の人たちからは煙たがられる存在だった。
そんなことともあり、人嫌いのサブ爺だったが、恐れることなく無邪気に話しかけ好奇心旺盛なキリエを隼に乗せて大空を飛んでくれたのだった。

サブ爺の隼にはキリエの機体にもついている鷹のマークがついており、サブ爺と飛ぶ空は大きく綺麗でキリエは目を輝かせて乗っていた。

別の日キリエがサブ爺の元を訪ねるとサブ爺はスーツ姿の男と話をしていた。スーツ姿の男はサブ爺に「力を貸してほしい」と要望していたが、「研究も開発もやる気はない」と断っていた。
「戻りたいろはかんがえないのか?」という問いかけに言葉を失いうつむくサブ爺。
キリエの問いかけにも答えず、「もう来るな」と追い返されてしまう。
再びサブ爺の元を訪れた時にはサブ爺の家は燃やされ、隼で飛び去るサブ爺だった。これがサブ爺とキリエの出会いと別れだった。

羽衣丸では機関予定時刻から44時間がたっていたため、ガドールからラハマまでの航路を中心にキリエを捜索する作戦が練られていた。
みなキリエの無事を信じ捜索の計画をたてるのであった。

一夜明けたオフコー山ではキリエが帰還すべく機体を修理していた。なんとかプロペラも周り、走り出す機体。
途中墜落しかけるも、サブ爺に教えてもらった操縦技術を思い出しながら大空へと飛び立つことができた。

「飛行機は飛ばすもんじゃない。自然と飛ぶんだ。操縦士はそれに寄り添うだけだ」と幼少期のキリエに様々なことを教えてくれたサブ爺。
キリエは岩をサブ爺の代わりに燃えた家の後に置き、「まだ見てないところを見に行ってくる!じゃあね、サブ爺!」と石に誓いをたて、旅立った過去があった。

キリエを探しながら並んで飛んでいたコトブキ飛行隊のメンバー。遠くから手を振り飛んでくるキリエの機体を見つけホッと胸をなでおろしたのであった。

以上が『荒野のコトブキ飛行隊』の6話のネタバレでした!
 

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めた『荒野のコトブキ飛行隊』の6話の感想です。
 

<メンバーのそれぞれを信頼しあう関係性が羨ましく思いました>

・ring the bellさんの感想

・今回はキリエの過去がいろいろと分かる回でした。前回の報酬をユーリア議員のところへ取りに行ったキリエが大暴走をしてほんとにハラハラしました。

・この世界の設定の説明も出てきて、分かってきたこともありましたが、サブ爺とユーハングの関係やスーツの男などまた謎が増えてきたのでこの伏線が回収される日が楽しみですね!!

・それにしても、キリエの暴走っぷりにはいつも冷や冷やさせられます。
いつも鉄砲玉のようなキリエですが、特に蛇がとぐろを巻いてハートに絡まりつくマークが描かれた機体を見た時の豹変ぶりは裏に何かあると思っていましたが、何度かやられて描写が今回は出てきて、またここからひも解いていけるのかな?と思います。

・チカはいつもキリエに憎まれ口をたたきながらも今回の不安そうなキリエを心配する様子は可愛かったです。
「お金を持って逃げたんじゃない?」というユーリア議員の一言を「キリエはお金じゃ動かない!」と誰一人キリエを疑うことをしなかった仲間関係って本当に信頼しあっていてわかりあっていていい関係だなと感じました。
なかなかこんな関係築くのも容易ではないと思うので、コトブキ飛行隊のメンバーのそれぞれを信頼しあう関係性が羨ましく思いました。

 

荒野のコトブキ飛行隊の次回のストーリーは?

<ナサリンの1ポンド硬貨>

『荒野のコトブキ飛行隊』の放送状況

TV放送時間

TOKYO MX
毎週日曜22:30〜
テレビ愛知
毎週日曜26:05〜
MBS
毎週火曜27:00〜
BS11
毎週火曜24:00〜

U-NEXTなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の動画を1話から無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『荒野のコトブキ飛行隊』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『荒野のコトブキ飛行隊』の6話の感想まとめとネタバレでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期の中でも内容はリアルバトル路線のアニメだと思います。

7話の感想まとめやネタバレも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-, ,

Copyright© アニメ大陸 , 2019 All Rights Reserved.