アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメ感想

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の3話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の3話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『荒野のコトブキ飛行隊』は人気アニメ「ガルパン」のスタッフが再結集し作られたアニメです。

2019年1月よりアニメ放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

2話を見逃した人もいると思いますので、簡単に2話のストーリーを紹介していきます。

荒野のコトブキ飛行隊の2話のストーリーと感想

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の2話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の2話のストーリーは…

<さすらいの6人>

・街での休暇中にマダムから緊急招集が入る

・ここでコトブキ飛行隊の怪我で療養中だったチカが戻ってくる

・今度は評議会議員であるユーリアの護衛任務

・ガドールという街まで送り届ける任務中に30機を越える空賊に襲われる

・キリエは果敢に戦うがやられそうになる。そこへチカがフォローにはいり間一髪で凌ぐ

・無事、ユーリアをガドールまで送り届けたのだった…

『荒野のコトブキ飛行隊』の詳細なネタバレと感想まとめはコチラから

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の2話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』の3話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

荒野のコトブキ飛行隊の3話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『荒野のコトブキ飛行隊』3話のネタバレも含まれます。

<ラハマの長い日>

羽衣丸が係留地のラハマへ戻ると、ラハマの街で何者かの襲撃により炎が上がっていた。
自警団や消防のおかげでなんとか火は消し止められ大きな被害は免れたものの、街の自警団の詰め所は半壊状態になってしまった。

ラハマ町長曰く“エリート興業”と名乗る一団がやってきて、攻撃してきたのだという。
詰め所前には空賊の良く使う12.7ミリの機関砲弾の薬莢が落ちており、空賊の仕業ではないかと思われる。

そんな中、未確認の飛行物体が多数ラハマに近づいてきた。けたたましい軍歌の様な社歌と共に隼三型の戦闘機が5機キリエ達の前に着陸してきた。
一機からエリート興行の代表取締役と名乗るトリヘイという男が降りてきてラハマ町長に名刺を渡した。
彼はラハマ町長に「耳寄りな商売の話を持ってきた」と説明をし、ラハマが保管する戦闘機・雷電と、価値不明の浮世絵との交換を申し出てきたが、町民はそれに反対。トリヘイもあっさり引き下がり、町長もホッとしていると、突然街を攻撃し、3日後に社員総出で再来する告げて去っていった。

雷電は山の洞穴の中に保管してあり、代々町長の占有機で、町長もかつてはラハマの貴公子と呼ばれるパイロットだったらしい。

戦う事に賛成派のチカと反対派のキリエだったが、コトブキ飛行隊はオウニ商会との契約下にあり、戦闘に応戦するとなるとマダム・ルゥルゥの許可や新しく契約する事が必要となってくる。契約金も高値だった。しかし、戦闘するにもラハマには九七式が11機しかなく、40機所有するエリート興行に勝てる見込みが少ない。対空機銃もあるものの5年以上訓練をしていなく、自警団の現状を冷静に考えるとコトブキ飛行隊に頼るべきという意見もあり、町長は雷電の引き渡しか戦闘か決断を迫られるも町長選挙も控えており、事なかれ主義の町長はどちらか選択することが出来なかった。そこで、町の代表会議にかけて町民の意見を聞くことにした。

街の代表会議では夜遅くまで議論されたが、街のために戦闘機を差し出した方がいいという意見と、勇敢に戦うべきだという意見が対立し、一向に決まる様子はなかった。

事なかれ主義の町長はエリート興行の申し出を受けようという選択を街の代表会議で話すが、エンマが空賊の卑劣さを語る。
その手はきつく握られ、エンマが空賊に対して良いイメージを持っていない事がうかがい知れる。

エンマにけしかけられ、町長は戦いたい胸の内を明かすが、予算がない事で決断ができずにいた。

そんなやり取りを聞いていたレオナがマダム・ルゥルゥからの提案を提示する。
それは、コトブキ飛行隊だけでは手が足りない分、町のすべての人の協力があるなら、契約を考え、契約金の割引もするというものだった。

「昔は町はテメエ達で守るのが当たり前だったんだ」町人達は一致団結し、町長も戦うことを決めた。

そして、約束の3日後がやってきた。なかなか姿を見せないエリート興行。ラハマ自警団も準備を進め、コトブキ飛行隊も待ち構えていたがなんと、敵機はコトブキ飛行隊が待ち構えていた方向とは逆の方向から攻めてきた!

コトブキ飛行隊が応戦出来るまで15分かかる。15分持ちこたえると闘志をもやし、まずはラハマ自警団が戦いの舞台である青空へ飛び立った。

エリート興行は人事部と営業部に散会し、人事部はラハマ自警団と対戦、営業部は雷電には危害を加えない様にしながらも、町の主要な建物を攻撃する作戦に出た。

町長達は町のど真ん中に雷電を置き、近づいてきた機体を対空機銃で攻撃する作戦を取った。

空ではラハマ自警団が追い詰められドンドン撃ち落とされていた。ピンチの中現れたのはコトブキ飛行隊!!
華麗な操縦テクニックと見事なチームワーク、そして射撃のテクニックがエリート興行をどんどん追い詰めていく。

攻防戦が繰り広げられる中でもエンマの機体にエリート興行の銃弾がヒットしてしまう。

黒煙を上げながら徐々に高度が下がっていくエンマの機体。
とどめを刺そうとトリヘイがエンマの機体を追いかけてきたが、その間を割って入ったのが、町長が操縦する雷電だった!!

雷電の活躍により、エンマは無事荒野に不時着することが出来た。

しかし、雷電が弾切れになってしまい、その隙を突かれ、トリヘイが雷電の上に機体を接近させ、乗り込んできて、操縦席を奪われエリート興行は去って行っててしまう。

町も随分攻撃されてしまい、結局雷電も奪われてしまったが、空賊に対して町が一丸となって戦ったところを見せつけることが出来たことは今回戦って良かったと思えたラハマ自警団の団長であった。

以上『荒野のコトブキ飛行隊』の3話のネタバレでした!

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めた『荒野のコトブキ飛行隊』の3話の感想です。
 

<面白い展開になってきましたね>

・nagayuさんの感想

冒頭は手描きでしたね。サービスシーン的なものは手描きになるのかな。
個人的にはうれしいです。いきなり浮世絵が出てきてちょっと笑ってしまった。戦闘機と同じで、これも落ちてきたのかな。
町を守るか、雷電を渡すかで仲間内で意見が割れるのはいいですよね。
それぞれのキャラの個性や立場が分かってきますし、より魅力が深まりました。
泣きながら雷電で特攻する町長かっこいい。最初は無能かと思いきや、やるときはやるんですね。
まぁ、結局雷電は奪われてしまいましたが。
でも浮世絵と交換してくれたんですね。シリアスの中にちょっとしたコメディがあって好きです。
パラシュートは撃たれない優しい世界ですが、味方もやられるのはちょっと予想外。
そしてミッション失敗からの雷電奪還作戦。面白い展開になってきましたね。

 

荒野のコトブキ飛行隊の次回のストーリーは?

<エリート砦>

『荒野のコトブキ飛行隊』の放送状況

TV放送時間

TOKYO MX
毎週日曜22:30〜
テレビ愛知
毎週日曜26:05〜
MBS
毎週火曜27:00〜
BS11
毎週火曜24:00〜

U-NEXTなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】荒野のコトブキ飛行隊の動画を1話から無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『荒野のコトブキ飛行隊』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『荒野のコトブキ飛行隊』の3話の感想まとめとネタバレでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期の中でも内容はリアルバトル路線のアニメだと思います。

4話の感想まとめやネタバレも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.