アニメ大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】ケムリクサの4話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『ケムリクサ』の4話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『ケムリクサ』は「けものフレンズ」で有名なたつき監督のオリジナルアニメです。

2019年1月より放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

3話を見逃した人もいると思いますので、簡単に3話のストーリーを紹介していきます。

ケムリクサの3話のストーリーと感想

アニメ『ケムリクサ』の3話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『ケムリクサ』の3話のストーリーは…

・線路をたどって別の島へ移動するりなたち一行

・りんたちの身体の中には赤い葉があり、水を補給しないと死ぬらしい事が語られる

・移動の途中、遊園地らしき跡で一旦休憩を取る一行

・りなよやりなっちたちは遊園地にある建造物を体内に取り入れる(必要な時には取り出せる)

・わかばと話すとあいかわらず赤面するりんは相変わらずこれは毒のせいだと思っている

・遊園地のジェットコースターの上でまたケムリクサを拾うわかば、ケムリクサはわかばに反応している様子

・移動車両に戻ると地盤がくずれ「大事なモノ」が赤い霧の中へ落下する

・間一髪、わかばが大事なモノをキャッチし、そのわかばをりんが引き上げる

・まだまだ先は長いのだった…

アニメ『ケムリクサ』の3話の詳細な感想まとめとネタバレはコチラから

【アニメ】ケムリクサの3話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『ケムリクサ』の4話のネタバレと感想を紹介していきます

 

ケムリクサの4話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『ケムリクサ』4話のネタバレも含まれます。

<エピソード4

三島に到着した一行は、そのまま橋を渡って四島へと向かいます。
わかばは、りな達に呆れられるほどケムリクサに夢中。りなはピンクのケムリクサを取り出し、わかばに自慢します。
ケムリクサを使って、スカートに小さな球体を生み出してみせました。どうやらピンクのケムリクサは増殖能力を持つよう。

道中、アカムシが出現しますが、りんが一瞬で倒してしまいます。
わかばはりんが武器にしていたケムリクサに興味を持ち、ミドリのケムリクサがアカムシには有害なのだと分析します。

わかばは引き続きケムリクサの使い方を模索しますが、成果はイマイチ。りつは、ケムリクサを上手に使えるりくという姉がいたと話をします。
りくは感覚が鋭く、手先が器用で、ミドリ以外のケムリクサを使えたのだとか。

夜が明け、一行は大きな障害物を越えて、四島へと繋がる橋を渡ります。アカギリが充満しており、危険なのでりんが先導します。
そのとき、橋が大きく揺れ、ヌシと呼ばれる大きなアカムシが出現。

「下がって!」

と電車に乗るりつ達を制し、1人でヌシに立ち向かうりん。しかし、りん1人では歯が立たず、後退を余儀なくされます。
じりじりと橋の端に追い詰められるりん達。すると、ヌシの動きを観察していたわかばが声をあげます。

「この後もう一度立ち止まるかも…」

わかばの予言どおりに立ち止まって辺りを見回すヌシ。
ヌシはわかばが落としたケムリクサを撃ちます。
この動きから、ヌシはケムリクサを狙うのだと推測するわかば。
りな達に協力してもらい、ある作戦を実行します。

りな達が生み出した丸い物体に白いケムリクサを持たせて、電車から放ちます。
わかばの推測通り、ケムリクサに反応するヌシ。
続けてケムリクサを持たせた大量の丸い物体を放ち、ヌシを撹乱させます。
ヘイトが外れたことで、ヌシへの攻撃ができるようになったりんは、一気に間合いを詰め、一撃でヌシを撃退。
しかし、最後の悪あがきのようにヌシが放ったビームが、りなむに迫ります。咄嗟にりなむを庇うわかば。

辺りに響く爆発音。やはり最初に死ぬのはわかばだったか…と思いきや、ピンピンしているわかば。
どうやら使い方が分からなかったケムリクサが、盾の効果を発揮したよう。
ヌシを倒したことを信じられない様子のりん達。喜びながらもまたアカムシが出ることを警戒して、急いで出発します。
わかばは作戦に使ったケムリクサを慌てて拾い集めていました。

開拓し尽くしていない四島に水があるかもしれないと期待に胸を膨らませ、一行は進んで行きます。
エンディング後のCパートで、突然ロボットが起動し、動き出す描写があります。次回のキーになるのでしょうか?

以上『ケムリクサ』の4話のネタバレでした!

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めたケムリクサの4話の感想です。
 

<わかば並に好奇心でいっぱいです>

・あおいさんの感想

「主」と呼ばれる大きな虫が出てきました。
案外あっけなく倒した訳ですが、「主」と呼ばれていたこと、そして倒した時の驚きかたと喜び方からして、あれが1番強い虫だったのでしょうか。
しかし第4話の時点でそんな大きな敵を倒してしまったらこの後は虫はそれほど脅威ではなくなっていくのでしょうか。

もしかしたら実は主よりも強い虫が存在していたとか、虫ではない他の脅威に脅かされるようになるとか、これからもっと大きな恐怖が皆を襲うんだと思うと憂鬱になります。
忘れてはいけないのが、主が倒れた後に本体から出てきた物体です。
光って、そこには文字が映されていました。
あれが今後どのような影響を及ぼしてくるのか、わかば並に好奇心でいっぱいです。

<りん達の行く末が心配でなりません>

・AIさんの感想

ヌシとの戦いが描かれた第4話。強力なビームを放つ強敵でしたが、わかばの活躍により、見事倒すことができました。観察力に優れた頭脳派のふたばと、接近戦に長けた肉体派のりんは、いいコンビかもしれません。それにしても、一撃でヌシを倒せるりんの腕っぷしの強さと言ったら!絶対に怒らせたくないですね。
第4話はりなも大活躍でした。スカートについた丸いポンポンは飾りなのかと思ったら、動かすことのできる生物だったのですね。まさかヌシを倒すのに役立つとは思いませんでした。
遂にヌシも現れ、これからもっと強い敵が出てくるのかと思うと、りん達の行く末が心配でなりません。一人も欠けることなく、水のある島までたどり着けることを祈るばかりです。

<ヌシとのバトルシーンは迫力満点!>

・seventh.moonさんの感想

ヌシとのバトルシーンは迫力満点!
1話の巨大アカムシとの戦闘同様、見応えがありました。
そして、誰も欠けずに三島を超えられたことにひと安心です。

それもケムリクサ大好きなわかばの洞察力やとっさにりなをかばう心の強さあってのもの。

盾が消えた後青いケムリクサが一枚消えたことから青いケムリクサの能力は防御ということかもしれません。
一枚消えたのも能力を全て使い切ったからかもしれません。

1話のりなこが死ぬシーンがピンク色(りなの葉の色)だったのも、りなこがアカムシを倒した際に、体内にあるケムリクサの能力を使い切ってしまったからだとも思えます。

倒した後、赤い光が消えていくアカムシも、アカギリにある赤いケムリクサの能力で強くなったムシとも考えられます。

ミドリのケムリクサを使うことによって浄化しているのかもしれません。

ヌシから出てきたお掃除ロボットのような小型ロボットなど謎もあり、次回も気になります!

1話でも4話でもりなが狙われているので、桃色のケムリクサの増える能力がアカムシにとって重要なものだと思えました。

以上『ケムリクサ』の4話の感想まとめでした!
 

ケムリクサの次回のストーリーは?

<エピソード5>

ケムリクサの放送状況
TV放送時間

TOKYO MX 毎週水曜日 22:30〜
サンテレビ毎週水曜日 24:00〜
とちぎテレビ毎週水曜日 24:00〜
BSフジ毎週水曜日 24:30〜
北海道文化放送毎週水曜日 24:55〜
チバテレビ毎週水曜日 25:00〜
三重テレビ毎週水曜日 26:20〜

Amazonプライムビデオなど動画配信サービスで1話から観る事ができます。

【アニメ】ケムリクサの動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『ケムリクサ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『ケムリクサ』の4話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

5話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ大陸 , 2019 All Rights Reserved.