アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメ感想

【アニメ】ケムリクサの1話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『ケムリクサ』の1話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『ケムリクサ』は「けものフレンズ」で有名なたつき監督のオリジナルアニメです。

2019年1月より放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても1話から観る事もできますよ。

まずは簡単にあらすじを紹介していきます。

 

ケムリクサのあらすじ

赤い霧に包まれた、荒廃した建造物に囲まれた人のいない世界を舞台に3人の姉妹が生き抜く物語。

物語の中心的人物でまとめ髪の特徴的なりん、猫耳でいつもおっとりしているお姉さんキャラのりつ、メイド調の服に身を包み天真爛漫なムードメーカーりな。

そこに現れた「わかば」と名乗る少年。そしてアカムシと呼ばれる存在。

謎が謎をよぶ不思議な世界の不思議なお話。

それではアニメ『ケムリクサ』の1話のネタバレと感想を紹介していきます

 

ケムリクサの1話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『ケムリクサ』1話のネタバレも含まれます。

物語は廃墟を探索する少女達の会話から始まります。

「この島にまだこんなところが…」
「前に崩れたところにあったのな」

髪をアップにしているしっかり者な雰囲気が漂うりんと、ツインテールが可愛らしい妹のようなりなこ。二人はどうやら水を探しに来たよう。
目的の水が見つかり、大喜びで戻ろうとした矢先に、りんが危険を察知して叫びます。

「アカムシだ!!」

先に戻るようりなこに言い渡し、りんはアカムシのいる場所に急ぎます。途中、緑色に光る根から映える猫耳りつが現れ、りんと共闘。二人でアカムシを撃退します。

一方その頃、戻るよう言われていたりなこは、言いつけを守らず、水を飲もうとしていました。結果、現れたアカムシにやられてしまい、貴重なロリっ娘が早々に退場。

場面はボロボロの電車の中に移り、そこには涙にくれるりんとりつが。

「まぁまぁ」
「まぁまぁ」
「りなこはその辺気にしない奴だから大丈夫だな」

そこへ、りなこのそっくりさんが4人現れ、りんとりつを慰めます。なんと、りなっち、りなじ、りなよ、りなむ、りなこの5人姉妹だったよう。
気を取り直して、見つけた水の回収をすることに。水は、電車に生えている小さな木“みどりちゃん”の根っこを使って水槽へと汲み上げられます。みどりちゃんの葉はりんやりな達の生きる糧となっているようです。

汲み上げている最中、水と一緒に何か大きなものが流されて来ました。突如水槽の中に現れたのは少年わかば。アカムシだと勘違いされ、捕らえられてしまいます。

自分はヒトだと主張するわかばに対し、絶対にムシだと警戒する姉妹達。アカムシを攻撃する際に使うケムリクサを当てることで、真偽を確かめます。
ケムリクサの攻撃を全身に食らったわかばはしかしなんともなく、むしろ回復している様子。
そこに再びアカムシの気配が。わかばも連れて、アカムシの撃退に向かいます。
結果として、わかばを連れて行ったことが功を奏しました。わかばは、アカムシの出現位置を察知したり、アカムシに食べられてしまったりなよを捨て身で助けに行ったりと、大活躍。

みんなに感謝され、これで疑惑も晴れるかと思いきや、再び縛られてしまう不憫なわかば。りんは、怖がっていたわかばが勇敢に立ち向かっていったことに驚き、問いただします。

「お前、ああも怖がっていたんじゃないのか」
「そうでしたそうでした。りんさんが心配そうな顔をされていたので」

あっけらかんとそう返すわかばに、返す言葉が見つからないりん。自分の心に恋愛感情が芽生えていることに、りんはまだ気づいてないようでした。

以上『ケムリクサ』1話のネタバレでした!

みんなの感想&コメント

こちらは独自に集めたケムリクサの1話の感想です。
 

<ダークで奥深い世界観が伺えます>

・あおいさんの感想

一話を見て、とにかく謎の空気感を漂わせる作品だと想って興味を引かれました。面白いと思います。
 私はこの作品の前情報を全くしりませんでした。なので余計に設定が謎だと思いました。

世界観を説明する字幕やナレーションも無しに物語はスタートします。そこにはもう文明というものはないのではないかと予想できる荒廃とした地で生きる少女達の物語が展開します。作品世界では水が枯渇しかけていて、ものすごく貴重となっています。

6人の少女達は水を求めて旅をし、その先で赤虫と呼ばれる機械虫のような化け物と対峙することとなります。
一話前半で幼い妹が殺されてしまいます。悲しんでいたのですが、少女達の基地に帰ると、死んだ妹と同じ顔の少女がまだ三人もいます。
姉二人は別人で、下の4人の妹は何故か同じ顔と声、ここがまた不思議な設定でした。そして少女達に味方する謎の緑色に光るツタの存在も印象的でした。
 

作中での空や街々の風景は寂しいかんじがして、全体的に色あいも雰囲気もどんより暗めな作品です。
独特な空気感のある不思議な作品に仕上がっています。
 
武器な赤虫やその他の化け物のデザインも興味を引くものでした。
これは全くマークしていなかった作品ですが、今期のダークホースとなり、意外な名作になるかもしれない作品だと想っています。
とにかく続きが楽しみです。
 
作品はCGアニメーションで描かれ、登場する少女たちも小さくて可愛らしいデザインです。
キャラクターの可愛さだけをみれば「けものフレンズ」のようなのですが、世界観はシリアスです。生きるために必死な姿が描かれます。
 
視聴者だってまだ話の全貌がわかっていない中で、世界のことを何もしらない人間の男の子が急に登場します。
急に登場した男の子は最初は敵と判断され少女たちに殺されかけますが、後に捕虜になります。
一話ではよく分からない世界で、とりあえず少女達が命がけで戦って暮らしているということくらいしか分かりません。

しかしダークで奥深い世界観が伺えます。かなり続きが気になる話です。ただでさえ分からなことだらけな所に、まるで異性界転生してきたかのごとく世界のことを何も知らない男子が登場したので、彼が作品キーパーソンになることだと思います。
 
メインキャラのりんを演じる小松未可子さんのお声が素晴らしいと思いました。彼女の凛々しく力強いお声によってヒロインりんの魅力がさらに輝いていると思いました。

<「いい人」を具現化したような人って気持ち悪い>

ノーネームさんの感想

水を見つけたときのリアクションにより、舞台の島がどれだけ廃れているかがまず私が受け取った最初の情報です。
その場にいる2人の女の子は人間ではないんだろうな、ともぼんやり考えているうちに虫が現れ、なんじゃそりゃ、と思いつつもやっぱり人間ではなかったんだなとそんなことを思いながら戦いの様子を見ていました。

最初に出てきた2人のうちの1人、りながこんなしょっぱなに死んでしまうんだなと、さっき水を見つけた事を褒められて喜んでいたばかりじゃないかと、開始数分にしてしょんぼりさせてくるなと、思ったらまさかのまさか。りな何人おんねん、と心の中で見事につっこまされました。あの子たちの姿形や声が同じなのは分かりましたが、どこぞの六つ子のようにそれぞれの個性があったりするんでしょうか。自分が自分だけじゃないなんて酷だよな、とアニメのキャラクターに珍しく感情移入してしまいました。本人達は気にしていないかもしれないのに。

りなについて考えていた前半とは打って変わって、わかばの登場により後半は思考が完全にそっちに持っていかれました。
もちろん、彼は一体どこから来たのかとか、私たちと同じような人間なのかな、とか1度は考えるわけです。
でも、いやそこじゃない、とすぐになりました。
なんたってこの人、自分でもどうしてその場にいるのか理解していないにしては元気すぎるしポジティブすぎるんです。
もはや怖いです。

いきなり知らない場所にいて、そのまま訳も分からずに追われて。
そんな中で「なにこれ?めっさ気になる〜!」なんて目をキラキラさせて好奇心丸出しにするもんだからここでも思わず心の中でつっこんでしまいました。いや逃げなさいよ!殺されるかもしれないんだから!

いざケムリクサでとどめを刺されそうになった時も、仕方ないですよね、とよくそんなすぐ受け入れられるなと思いました。
生きたい気持ちはあるのかな、と。知らない人たちにいきなり殺されるなんて、普通だったら理解できないし納得できません。
やめてください、どうしてですか、と懇願するくらいでいて欲しかったです。やっぱり、その方が人間らしくて私は好きです。

わかばは、自分が死んでも仕方ない、とりん達のために言っていました。たぶんその言葉は彼の心の底からのものなんだと思います。
それと同時に、ここまで「いい人」を具現化したような人って気持ち悪いというか怖いんだなとも思いました。
実際いたらどうなんだろうと考えると、きっと嫌悪感じゃなく恐怖を感じるのではないでしょうか。
そんなわかばに対して最後頬を染めていたりんは一体何を思ったんでしょう…。

<期待感が自然と高まりました>

たくさんの感想

けものフレンズ2と同時期に放送されることに何やら因縁を感じさせるのが、たつき監督が手がけるアニメ作品のケムリクサです。
けものフレンズでない作品でたつき監督がどんなアニメを制作するのか、今期の話題作の1つであることは疑いようもありません。

そのケムリクサの1話ですが、荒廃した都市から物語がいきなりスタートしました。設定を説明するようなナレーションはなく、キャラクターたちがまず動き回っています。

まずキャラデザインですが、フレンズではもちろんありません。登場した女の子たちは、赤い髪が特徴的です。そしていろいろな疑問を残したまま、物語は進行していきます。

1話を観ていて思ったのは、色使いが非常にキレイだということです。画面の背景がとても暗いので、その分鮮やかな光がよく映えていると感じました。このあたりのコントラストのつけかたは、さすがたつき監督だと思いました。けものフレンズとはまた違った表現の方法だと感じましたね。

そして何といっても気になるのが、アカムシと呼ばれている不思議な生き物です。この生き物は登場人物の女の子たちに害をなす存在のようで、女の子たちは問答無用でアカムシと戦っていました。このアカムシとの戦いが、ケムリクサのメインストーリーになっていくのかもしれません。

さらに1話で印象に残った点を挙げるとすれば、女の子たちの中であたふたするわかばの存在です。わかばは突如として現れた男の子で、ケムリクサのキーポイントになりそうなキャラなのは間違いありません。わかばはシュッとしていて頭が切れるようなタイプではなく、どこかにくめない天然キャラなのもストーリーにアクセントを加えていきそうです。

1話の段階では、わかばが善良な存在であると女の子たちに信じてもらえていませんでした。わかばはかなり警戒されていましたので、この先もそう簡単には信じてもらえない可能性が高いのではないかと思いましたね。

1話はまだ「どんな世界設定なのか」「キャラたちはどんな性格をしているのか」ということを追っていくだけで精一杯でした。ただそれでも1話を観終わった後は「何か気になる作品だ」と思いましたし、色使いなど演出面で光るものがあったことは紛れもない事実です。

1話を観終わっただけではまだ「このアニメがおもしろい」と断言できるまでには至りませんでしたが、それでも2話3話と続けて観ていきたくなりました。たつき監督が手がけるアニメ作品だけに、期待感が自然と高まりました。

<わかばとりんの関係がどう進展していくかにも目が離せませんね>

・AIさんの感想

けものフレンズを制作したたつき監督による待望の新作ということで、わくわくしながら観ました。
廃墟を舞台にした世界観や、個性的な可愛い女の子、アカムシという強敵の存在など、たつき監督らしい作品だなぁと思いました。
ただ、全体的に暗い場面が多く、今回はシリアス調なストーリーです。
序盤でりなこが死んだときは、いかにも主要キャラっぽい子がいきなり死んだぞ!?と驚きましたが、自分の分身を作り出せる増殖系キャラだということで安心しました。
ケムリクサとは何なのか、アカムシの正体は何なのか、突然現れた記憶喪失の少年わかばは何者なのか、疑問は尽きません。
恋愛要素もある作品のようで、わかばとりんの関係がどう進展していくかにも目が離せませんね!

<人間の姿をした別の存在かもしれません>

・asakuraさんの感想

謎の敵アカムシとの命がけのバトル、廃墟や光る草のケムリクサ、大量にいるりななど謎にあふれた世界観が気になりました!
たつき監督の自主制作アニメをテレビアニメ化したのが今作ですが、主人公のりんが妹を助けてくれたわかばの優しさに惹かれてしまうという恋愛要素が加わりおもしろく見れました。

そして、けものフレンズ同様に考察しながらストーリーやバトルを楽しめるアニメになっている思えます。
島にある緑色に発光する木、通称ミドリちゃんの力を使う姉妹たちそれぞれの持ち味が興味深いです。
りんがミドリのケムリクサを使い、アカムシを直接倒す役割。
りつはミドリの根っこを使って音で水やアカムシを探知する役割。
りなは味覚が鋭く水のありかを見つけたり、がれきを食べることができる反面、何故か敵に狙われやすいのが特徴的でした。

また、りんはミドリの葉を吸収してエネルギーを得ている様子でしたが、りつはエネルギーをどのようにエネルギーを得ているのかが気になります。
咳込んでいる様子もあり体調が心配。
3人とも食べ物を食べないため、人間なのかどうか疑問です。
けものフレンズのかばんちゃんのように姉妹を助けるわかば君の活躍もこれからたくさんありそうで楽しみです。

高温のアカギリに飛び込み、りなを助ける強さがあり頼もしい少年でした。
わかばは姉妹に比べて人間らしい印象でしたが、かばんちゃんが人ではなくヒトのフレンズだった前例もあり、人間の姿をした別の存在かもしれません。
わかばだけに、ケムリクサと何らかの関係がある可能性もありそうです。
バトルシーン、張り巡らされた伏線、キャラクター達も個性的で次が見たくなる面白いアニメだと思いました。

ケムリクサの次回のストーリーは?

次回予告 なし

ケムリクサの放送状況
TV放送時間

TOKYO MX 毎週水曜日 22:30〜
サンテレビ毎週水曜日 24:00〜
とちぎテレビ毎週水曜日 24:00〜
BSフジ毎週水曜日 24:30〜
北海道文化放送毎週水曜日 24:55〜
チバテレビ毎週水曜日 25:00〜
三重テレビ毎週水曜日 26:20〜

Amazonプライムビデオなど動画配信サービスで1話から観る事ができます。

【アニメ】ケムリクサの動画を全話無料で観れる配信サイトを紹介!

今すぐ『ケムリクサ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『ケムリクサ』の1話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

2話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.