アニメ大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】エガオノダイカの3話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『エガオノダイカ』の3話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『エガオノダイカ』はタツノコプロ55周年記念作品で、地球より数万光年離れた星で起こる戦争の物語です。

2019年1月より放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

ただ、前回をチェックしていない方もいると思うので、簡単に2話のストーリーを紹介していきます。

エガオノダイカの2話のストーリーと感想まとめ紹介

アニメ『エガオノダイカ』の2話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『エガオノダイカ』の2話のストーリーは…

<戦乱の真実>

王国の平和は破られようとしていた。
国境に押し寄せる帝国軍を食い止めるため、騎士団総長ハロルドは旗艦空母「エクセスアルカ」で前線に向かう。
搭乗クルーの中にはヨシュアの姿があった。
前線の苛酷さに圧倒されるヨシュア。
だが代々王家に仕えてきた誇りが、ユウキの笑顔を守りたい一心が、初出撃した彼の心を奮い立たせる。
「父さん。見ててくれ……必ず俺、あなたを超えてみせます…!」

『エガオノダイカ』のネタバレと感想まとめの詳細はこちらから

【アニメ】エガオノダイカの2話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『エガオノダイカ』の3話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

エガオノダイカの3話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『エガオノダイカ』3話のネタバレも含まれます。

<微笑みの兵士>

これまでは王国側が描かれていましたが、今回は帝国側のお話です。

前回の戦いから一ヶ月経ち、王国の北部は帝国によって次々と陥落していました。

戦力的には帝国が圧倒的に有利ですが、帝国は物資が乏しく、食糧難という問題がありました。
王国側は連戦連敗でユウキが指揮官として戦場に出なければ勝てないのではないかと不安になりますが、帝国の内部事情を見ると必ずしも帝国有利ではないようです。

帝国の視点の中心となるビュルガー分隊ですが、自分の事をほとんど話さず、命令違反で飛ばされて来たなど良からぬ噂の多いゲイルに隊員はいいイメージを持っていませんでした。
そのゲイルは上層部から命名を受け、アザリアという街の偵察を命じられます。
この街には物資が残されている可能性があるため、食糧難に喘ぐ帝国としては少しでも多くの物資を手に入れたいところでした。

街に到着すると、偵察という名の市内散策を行うリリィとヒューイは、帝国にはない綺麗な服屋などを見て、両国の産業レベルの違いにショックを受けていました。

一方、ヒューイ達と別行動を取っているゲイルとステラは、二人は今回の任務の目的地である食料貯蔵庫に潜入していました。
ただ、相手も貴重な物資を残してくれるはずもなく、中身はほぼカラでした。

少ない食料でもいいから何かないかと中を探すステラとゲイルですが、同じく中で物資を探していた子供達を発見します。

彼らはアランとマウリといい、近くにの管理棟に住んでいる少年達でした。
マウリはクリーニング屋が貯蔵庫にいる事を疑問に思いますが、ゲイルは知り合いがここで働いているとごまかし、アランとマウリを自分達の乗って来たトラックで仲間のところまで送ります。

こっそり持ち出して来た桃缶を子供達と一緒に食べるなど、ゲイルは「気のいいおっさん」を演じて子供達の心を掴むと、地元の騎士団の居場所を子供達から聞き出します。

「得意先への挨拶」と称して単身敵陣に向かうゲイルを見送る一方で、ステラは子供達の輪に加わろうとしないラナという幼女が気になっていました。

ラナの両親は戦争で亡くなっているとの事ですが、それはラナだけでなく、ここにいる少年グループ全員が戦災孤児でした。

笑顔のないラナに対して、ステラはある言葉を掛けます。

「ねぇラナ。もしもね…もしも今、あなたの居場所が無いって感じているなら…心配ない。いつか…必ず見付かるから」

一見すると名言に見えますが、読み解くとステラもラナと同じ境遇だった(戦争で家族を亡くしている可能性が高い)という事で、ステラのいう「居場所」があの個性派集団の輪なのか、それとも「戦場」なのか、それは本人にしか分かりません。

一方、潜入捜査を続けるゲイルは、今回のターゲットである新型クラルスの稼働している食料プラントを発見します。

大量のレタスが栽培されるなど食料も豊富ですが、程なくして王国軍が食料の回収にやって来るためのんびりしていられません。
王国軍が来る前に新型クラルスのダッシュとプラントの破壊という任務がゲイルに与えられます。

その任務自体は遂行可能なものですが、爆破をすると先程の子供達も巻き込まれるという大問題がありました。
戦の基本は兵糧にあるため、食料が王国に行き渡ると今度は帝国側が不利になるという理屈は分かりますが、ゲイルとしては関係ない一般人を巻き込みたくないのが本音でした。

作戦に難色を示すゲイルですが、万が一任務が失敗した時のために帝国は街を襲撃するための戦力を向かわせており、子供達を救うには自分で動くしかないと判断したゲイルは了解と言うしかありませんでした。

作戦の決行時刻となり、ゲイル達はプラントにあっさり潜入します。

王都防衛のため戦力の大半が出払っているとはいえ、たった6人しかいないゲイル達に簡単にやられるザル警備は色々な意味で疑問に思ってしまいますが、後続が迫っているためゲイル達にも残された時間は多くありません。
子供達を逃がすため、ゲイルは野暮用と称して隊員達から離れます。

昼間、ゲイルと一緒に行動していたステラを除く隊員はゲイルの行動の意図を理解出来ず、不満を抱えながら中に入ります。
ゲイルに対して不満を漏らしつつも、王国の警備は相変わらず緩いため5人で難なく突破します。

一方、隊員から離れ別行動を取っていたゲイルは、管理棟で眠るアランを起こすと、すぐに子供達を集めるよう伝えます。

既に隊員達は新型クラルスの奪取、及び爆薬のセットを完了しており、後はプラントを爆破するだけでした。
ゲイルも子供達を連れて逃げようとしますが、アランはゲイルが自分の両親を殺した帝国軍の人間である事に気付き一緒に逃げる事を拒否します。

爆破を止めろというアランですが、任務なので爆破を止める事は出来ません。

お互いに話が進まない中ステラが現れると、ステラは威嚇射撃の後にアランに銃を向けると「あなたが拒否する度に一人ずつ殺す」と、これまで笑顔だった彼女からは想像も出来ない、感情のない声で告げます。

結果的にこのステラの「脅し」によって子供達はトラックに乗り込み、プラントは作戦通り爆破され任務は成功に終わります。

ですが、ゲイル達は彼らの両親の命を奪った帝国の人間であり、子供達の命を救ったにも関わらず誰からも感謝されない、辛い現実が待っていました。

また、ゲイルの身勝手な行動はステラを除く隊員からいい印象を持たれておらず、自身の任務を放棄して子供を助けるゲイルの行動に不満を爆発させます。
「部下を信頼するのも隊長の役目だ」と、ゲイルは隊員の不満に関して特に気にする素振りを見せず、隊員の輪にいないステラを探します。

そのステラは、昨日会った時にラナから貰った飴を食べていました。

ラナに対して銃を向けた事を謝ろうとして拒絶されたのが想像以上にショックだったのか、見た目は平然を装っていても精神的にダメージを受けているのは隠しきれておらず、彼女にとっては見た目以上に辛い任務でした。
ゲイルはステラが辛い思いをしている事を指摘しますが、ステラは「徹夜なら夜戦で慣れています」ととぼけ「次の任務はいつ来ますかね」と、平静を装っていました。

人と接する時は笑顔を絶やさない一方で、ステラは命令であれば躊躇なく人を殺すと公言する冷徹さを持っていますが、辛い感情を隠しながらも次の任務を待つステラを見たゲイルの発した「イカれてやがるな」というセリフは、視聴者の声を代弁したものでした。

 

みんなの感想&コメント

アニメ『エガオノダイカ』3話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めたエガオノダイカの3話の感想です。

<彼の行動を「偽善」と呼ぶ声が少なからずあるのは事実です>

・matsudaさんの感想

王国から帝国に視点を移した第3話ですが、各自勝手に動いた挙句選択肢を間違えて自ら悪い方向に進む王国と違い、帝国は登場人物の行動の統制が取れており、決して下手を打たないという安心感があって非常に安心して見る事が出来ました。

「正義の反対は別の正義」という言葉があるように、帝国に攻められる王国側だけ見ていたらどうしても帝国側が悪者になってしまうため、王国に攻め込む分隊の行動と、彼らがどのような気持ちで戦っているのか(ゲイルのように心根は悪くない人間もいると)描かれたのは良かったです。

また、視聴者の間でずっと議論になっているゲイルの行動ですが、知り合った子供達を助けたいという彼の行動を「偽善」と呼ぶ声が少なからずあるのは事実です。
それでも、子供達を助けようとしたゲイルの気持ちは紛れもない事実と思いたいし、個性派が揃ったビュルガー分隊の中で異彩を放つ人情家として今後もゲイルを中心にビュルガー分隊を追いたいと思います。

 

エガオノダイカの次回のストーリーは?

希望の選択

王国と帝国の戦争が始まって2ヶ月以上が経過した。王国は劣勢を強いられ、国土の北部を帝国軍に占領されつつある。
苦悩するユウキ。彼女を支えるのはレイラ。

レイラはかつて夫や娘と共に、帝国で暮らしていた。だが。ある悲惨な出来事で愛する家族を失い、王国に仕える身となった。
レイラの励ましにより、再び立ち上がるユウキ。王族として今、果たすべき責任とは?
ユウキは厳しい選択を迫られる。

『エガオノダイカ』の放送状況

TV放送時間

WOWOW
2019年1月4日(金) 21:30~
TOKYO MX
2019年1月7日(月) 22:30~
読売テレビ
2019年1月7日(月) 25:59~
AT-X
2019年1月8日(火) 24:30~
J:COMテレビ
2019年1月9日(水) 22:30~

U-NEXTなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】エガオノダイカの動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『エガオノダイカ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。
 

まとめ

以上が『エガオノダイカ』の3話のネタばれと感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

4話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-,

Copyright© アニメ大陸 , 2019 All Rights Reserved.