アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の公開に合わせ
7月1日より劇場版12作品を見放題で一挙配信開始!
▽31日間無料お試し期間あり!!▽

アニメ感想

【アニメ】どろろ(2019年)の6話の感想まとめとネタバレを紹介!

投稿日:

アニメ『どろろ』(2019年版)の6話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『どろろ』は手塚治虫原作のファンタジー時代劇作品で、50年ぶりにアニメ化されました。

2019年1月より放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

5話を見逃した人もいると思いますので、簡単に5話のストーリーを紹介していきます。

どろろの5話のストーリーと感想

アニメ『どろろ』の5話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『どろろ』の5話のストーリーは…

<守り子唄の巻・上>

・聴覚を取り戻した百鬼丸だが、突然の感覚に困惑する

・妖怪との戦いもおぼつかず、どろろや琵琶丸に助けられながら旅を続ける

・百鬼丸は唄をきき、その元へいくとミオという女と出会い、ミオが宿としてる場所へ案内される

・大勢の孤児たちと過ごしながら、優しさを忘れないミオに百鬼丸は惹かれていく

・琵琶丸が山を探索すると今の場所より良い住処を見つけるが、鬼の縄張りであった

・百鬼丸と琵琶丸は鬼を退治に出かけ、それを見たミオは自分も頑張らなくてはと仕事に出る

・ミオが無茶な仕事をしないか監視していたどろろが見たものは、複数の男と交わるミオだった

・一方、百鬼丸は鬼を倒すのだが、再生した足を鬼に喰われてしまった…

『どろろ』の5話のネタバレと感想まとめの詳細はこちらから

【アニメ】どろろ(2019年)の5話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『どろろ』の6話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

どろろの6話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『どろろ』6話のネタバレも含まれます。

<守り子唄の巻・下>

前回の戦いで足を失ったが「声」を取り戻した百鬼丸。

心が焦り動き出す百鬼丸を「まだ寝てないと」と心配するミオ。

一方ミオの仕事を見たどろろはたけに「姉ちゃんの仕事は知っているのかよ?」と問いだ出すが「どんな仕事か知らないけど、姉ちゃんの稼ぎないと飢え死にしてしまうんだよ」と。

「私たちだけの田んぼを持つ」という夢もち、家族はそれを本気で叶えようと頑張っているので、それ以上何もいえないどろろ。

場面は変わり多宝丸は父の醍醐に「堺の陣など簡単に落としてみせます!」と直訴するがダメと言われる。また母にも醍醐に言うようにお願いするが断られる。多宝丸は薄々何かを感じ取っているようで、母親は自分を愛しているが何かを隠している。父の醍醐も何かを隠していて、それは自分には言えない事だと思っている。醍醐は醍醐で日照り続きの状況から何かを感じとっていた。

場面は戻り、また動こうとする百鬼丸に「無理をしてはだめ!」といさめるミオ、せっかく聞こえるようになったのなら唄をきかせてあげると。「私は泣く変わりに唄を歌うの…」と百鬼丸に言い聞かせながら鎮めるように歌う。

一方、琵琶丸は鬼神の道を迂回して旅を続けるとどろろに伝える。そして「赤ん坊がおもちゃを取り返すのと一緒だ」「あのお嬢さんの唄を聴いている時だけ鎮まるみたいなだね…赤ん坊の頃の名残かね…」「穴倉から出てきた百鬼丸が鬼神にならないように気をつけな」とどろろに言うのだった。

醍醐の陣はいよいよ堺の陣に奇襲をかけるらしいが、稼ぎ時とミオは仕事に出る。

ミオの仕事を偶然どろろは見たというがミオは「生きていくためだから恥ずかしいとは思わないよ…」と答える。「その仕事は自分の母親は絶対やらなかったけど、それでも死んじまった…姉ちゃんは生きてるから偉いよ」と泣きながら気持ちを伝える。

ミオは何度も黄金の田んぼの夢をみながら仕事に行き、そしてある夜、再び義足をつけた百鬼丸は鬼神に挑む。気づいたどろろは飛び出し追いかける。

激しい戦いだったが、百鬼丸は奪われた足の代わりの刀を仕込み鬼神を斬り捨てるのだった。

奪われた足は元に戻り、宿に急いでいると火の手が上がっている。宿に戻るとミオや孤児たちは殺され、火をつけられていた。醍醐の人間がミオは堺の間者であるとして殺したのだった。

ミオの最後の唄をきき、全てに気づく百鬼丸。

叫びだした百鬼丸は醍醐の兵をすべて斬り倒していく。その姿は鬼神のごとく。どろろは琵琶丸の「穴倉から出てきたものが鬼だった、という事にならないようにな」の言葉を思い返す。

百鬼丸を止めたいどろろはミオの持っていた袋を見せながら「種もみだ!田んぼをつくる為に…侍から取り戻したんだ!姉ちゃんは負けてない、兄貴も負けないでくれ!」といい、百鬼丸は正気を取り戻す。

ミオたちの墓をつくり、再び旅に出る百鬼丸とどろろであった。

以上が『どろろ』の6話のネタバレでした!
 

みんなの感想&コメント

アニメ『どろろ』6話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めたどろろ6話の感想です。

<やはり悲しいお話になってしまいました>

・アニメ大好きマンさん

やはり悲しいお話になってしまいました。ミオが両手を広げて黄金の田んぼの中で立つシーンを観たときに「ああ、これは」と思いましたが、まさか全滅までさせらるとは。百鬼丸が醍醐の兵たちを斬り捨てるのにちょっと共感してしまいました。

どろろ初の上下の2つセットのお話でしたが、非常に楽しむ事ができました。
分かりやすくて観やすい。このクオリティのまま作り続けて欲しいですね。

とりあえず鬼神を倒せば、再び奪われたものも復活するみたいなのは驚きましたね。足、生えるんだ、みたいな。
声と耳、足を取り戻したから次は目ですかね?もしくは手かな?次回の話も期待しています。

<「怒り」という感情も初めて感じたのではないでしょうか>

・あおいさんの感想

百鬼丸の耳が聞こえるようになって初めてうるさいと思わなかった音が未央の歌であり、声が出るようになって初めて口にした言葉が未央の名前でした。
きっと、「怒り」という感情も初めて感じたのではないでしょうか。
死んでしまう悲しい結末ではありましたが、百鬼丸にとって忘れられない出来事になったと思います。
自分がしているのは汚れ仕事だというのを分かっていながら、なお真っ直ぐに前を向いて生きていた素晴らしい女性だと思います。
生きて、百鬼丸と恋をしてほしかったです。
百鬼丸をライバル視する未来が見える多宝丸ですが、彼も彼で真っ直ぐに育ってきたんだなと思いました。
両親に愛されていない訳ではないですが、それでも隠し事があると分かって接しているのは寂しいことだと思います。
多宝丸自身は何も悪いことはしていないので、彼にいらぬ災難が降り掛からないでほしいと願っています。

 

どろろの次回のストーリーは?

<絡新婦の巻>
蜘蛛の妖怪・絡新婦(じょろうぐも)は百鬼丸から受けた傷を癒やすため、人間に姿を変え弥二郎という青年を利用する。
絡新婦を取り逃がしたどろろと百鬼丸は、立ち寄った村で人攫いが出るという噂を聞く。

どろろの放送状況

TV放送時間

TOKYO MX        毎週月曜22:00から放送開始

BS11          毎週月曜24:30から放送開始

時代劇専門チャンネル  毎週金曜26:00から放送開始

Amazonプライムビデオなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】どろろ(2019年版)の動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『どろろ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『どろろ』(2019年版)の6話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

7話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.