アニメ動画大陸

動画配信やネタバレ情報などを最新アニメから懐かし作品までご紹介

アニメ感想

【アニメ】どろろ(2019年)の10話の感想まとめとネタバレを紹介!

更新日:

アニメ『どろろ』(2019年版)の10話の感想まとめとネタバレなどを紹介していきます!

『どろろ』は手塚治虫原作のファンタジー時代劇作品で、50年ぶりにアニメ化されました。

2019年1月より放送が始まり、注目が集まっていますね!

TV放送に加えて、動画配信サービスでの配信も始まっていて見逃しても最初から観る事もできますよ。

前回を見逃した人もいると思いますので、簡単に9話のストーリーを紹介していきます。

どろろの9話のストーリーと感想

アニメ『どろろ』の9話のストーリー(ネタバレ)と感想まとめを紹介します。

アニメ『どろろ』の9話のストーリーは…

<無残帳の巻>

風邪で熱にうなされるどろろ。

朦朧としながら曼珠沙華を目にしたどろろは、父・火袋と母・お自夜とのかつての日々を思い出す。

『どろろ』のネタバレと感想まとめの詳細はこちらから

【アニメ】どろろ(2019年)の9話の感想まとめとネタバレを紹介!

それではアニメ『どろろ』の10話のネタバレと感想を紹介していきます。
 

どろろの10話を視聴したネタバレ感想

※ここからは『どろろ』10話のネタバレも含まれます。

<多宝丸の巻>

今度の旅は湖の潜む蟹のような姿をした鬼神が相手となります。
冒頭、鬼神が村人を襲うシーンからスタートします。

醍醐の領内では2ヶ月ほど日照りが続いています。作物も思ったように育たず、しかも隣国の朝倉に不審な動きありと通達があります。
一方、多宝丸は醍醐のただならぬ様子にやはり何か隠していると思案します。家臣に命令し密かに動きます。

醍醐は鬼神のお堂へ行き、百鬼丸が鬼神を倒し、自分の身体を取り戻しつつあると知ります。

百鬼丸はさらに妖怪を倒しながら旅を続けています。旅の途中、どろろが次の村は豊かで飯や饅頭が食べれるかも!とはしゃぎながら百鬼丸に話しかけます。川で妖怪の血を洗い流しがら話していると、百鬼丸が持つお守りの家紋に気がつきます。ただ、それがどこのものかは分かっていない様子。

多宝丸は醍醐の手下をつかまえ、なぜあのような様子なのか聞きだします。
「16年前の赤子と産婆を探し出せと命令されています」といわれ、さらに情報を聞き出そうとしますが、舌を噛み切りそれ以上聞き出さなくなってしまいました。

多宝丸は醍醐に直接赤子のことを聞き出そうとします。母親がいつも拝んでいる首のない菩薩像と関わりがあるのではないかと。
しかしここでも「知らずともよい!」と一喝されてしまいます。

飛び出した多宝丸は幼少の頃より来ていた湖にて醍醐の言葉を思案します。そこへ家臣をやってきて励ましますが醍醐にとってまだ自分は子どもに見えるらしいと落ち込んだ様子。そうしていると近くの村の騒ぎを聞きつけ向かいます。

「このままだと化け物に村の皆が食われちまいます…!」「突然、うずしおが出来たと思うと船ごと飲み込まれてしまうんです!」

多宝丸は村人からそう言われると船に乗り退治しに出向きます。船を進ませると鬼神が湖から出てきますが、多宝丸の策によりうずしおに引き込まれまいと抵抗します。そこから鬼神を挑発しおびき出すと激しい戦闘になります。鬼神の足(はさみ)を両断すると鬼神は湖に潜ってしまいました。鬼神も船を攻撃し撤退をよぎなくされます。

次の策を考える多宝丸に家臣の一人が火薬で自爆攻撃することを進言しますが、どうしても犠牲が出るやり方に首を縦にふれません。多宝丸は自分を信じろと激励し、再び鬼神退治に挑みます。多宝丸は村人と協力し水門をつくり、鬼神をおびき出す作戦を実行するのでした。

猛攻により鬼神を追い詰めますが鬼神も水門を壊すことで、再び湖をつくり出す抵抗をします。水の勢いもあり家臣の兵庫が鬼神に食われそうになりますが、その一瞬、百鬼丸があらわれ鬼神を切り捨てます。

湖の上で百鬼丸と多宝丸は邂逅したのでした。

以上が『どろろ』10話のネタバレでした!
 

みんなの感想&コメント

アニメ『どろろ』10話を観たみんなの感想を紹介します。

こちらは独自に集めたどろろ10話の感想です。

<「鬼神」によって起こる出会いもまた、二人のこれからを暗じており、印象深いワンシーン>

・homo1013さんの感想

不審な父を問いかける多宝丸が、父に関わるなと怒鳴られる様子は「どろろ」という世界観でとても不思議なものであった。
今までは不幸な運命をたどる「百鬼丸」に対して、父の愛を受ける「多宝丸」であったが、父の目が亡きもう一人の息子へと向けられるこの描写は、主人公「百鬼丸」とキーパーソンである「多宝丸」のこれから起こる出来事を感じさせるものだった。

最後には多宝丸と百鬼丸が同じ敵である「鬼神」によって起こる出会いもまた、二人のこれからを暗じており、印象深いワンシーンとなっていた。

今回話の起点となるのは、
「父である醍醐の鬼神との契約」
である。

一話において、百鬼丸の五体と五感を捧げたことによって、己の繁栄を手に入れた醍醐であったが、百鬼丸が体を取り戻すことによって醍醐と鬼神の契約は崩れていく。

その描写が2ヶ月にも続く日照りであり、壊れた像たちである。醍醐はこれらを見て鬼神たちに百鬼丸の仕業か、と問う。すると床に光が点となり、燃え始める。燃えた床が生じた煙の中には、百鬼丸の現在が写し出されていた。

これを見た醍醐は部下に16年前に捨てた赤子と捨てにいった産婆を探すよう命じる。

そして冒頭の感想でいったように、これに不審を感じた多宝丸が父へと問いかける。何故16年前に捨てた赤子を探すのか、と。

このシーンは父を不審に思う気持ちと、もっと自分を見てほしいと言う多宝丸の心情が如実に出ているシーンであり、そこで皮肉にも始めて激怒する父の顔を多宝丸は見るのだった。

落ち込んだ多宝丸は、幼少の頃から落ち込むと来る場所へ来ていた。するとその場所の眼下にある里では、農民たちが化け物から助けを求める声が上がっていたのだった。

多宝丸は農民を救うべく、化け物である鬼神の討伐するために湖と向かう。多宝丸は鬼神を討伐するなかで、剣の腕とリーダーシップを発揮し、鬼神を倒すための水抜きを作り出す。多宝丸の活躍により、無事に討伐成功かと思われたその時、鬼神が暴れ、水抜きが壊れてしまい、一気にピンチへと陥ってしまう。(鬼神との戦闘は二回あるが、一回目に切り落とされている腕は左腕なのに対し、場面が変わった後は右腕になっているのも見所)

そこへ百鬼丸が現れ、鬼神は討伐される。

10話はここで終わるが、この最後のシーンは作中にて初めて二人が邂逅するシーンであり、物語が終盤へ向かっていることを感じさせるシーンでもある。

物語の重要なポイントとしては、
「百鬼丸と多宝丸の出会い」
「醍醐の納める土地である」
の2つだ。

二人の出会いによって、多宝丸が何を感じたのか、そして醍醐が探していた人物が醍醐の土地にいることで起きる出来事。この2つによって物語は加速していくだろう。

動きによって心情を表す百鬼丸と話すことによって心情を表す多宝丸。
アニメだからこそ如実に現れる真逆の二人がどうなっていくのか、より一層楽しみである。

<百鬼丸は自分の人生を狂わせた父親と、対面することができるのでしょうか>

・mikaelさんの感想

今回のアニメ「どろろ」。
とうとう百鬼丸が家族と対面しましたね!
弟・多宝丸の存在を百鬼丸はもちろん知りもしません。
そのうえこの村が自分の生まれ故郷であることも知らない百鬼丸。
今回は残念ながら、かわいいどろろは登場しませんでした。
百鬼丸の弟、多宝丸の性格などに注目した回になっていましたね。
多宝丸はまだ、胎児を助けてくれた男が、自分の兄であるとは気づいていません。
そしてあの父親が招いた、忌まわしい過去のこともわかっていません。
しかし多宝丸は前向きな性格。
純粋に百鬼丸の戦闘能力の高さに、「闘い方を学びたい」と思うのではないでしょうか。
しかし父親が百鬼丸の容姿の事を、お付きの者と話していたのを聞いていた多宝丸。
次回は百鬼丸の存在に気づき、どう行動するのかも見どころになりますね。
怪物を百鬼丸が退治したので、何も知らない多宝丸は百鬼丸を父親に紹介するかもしれません。
次回、百鬼丸は自分の人生を狂わせた父親と、対面することができるのでしょうか。

<百鬼丸と相対する日が来た時彼が何を思うのかがとても気になりました>

・konisoraさんの感想

今回は題名でも分かるように多宝丸を中心とした話でした。あまり出番がなかった彼ですが、今回で血気盛んで実直な性格や父親に対する強い敬意など今まで深くとりあげられていなかった一面がよく分かりました。

百鬼丸と対照的に不自由なく育てられたお坊ちゃんという印象が強かったのですが、今回で彼の一国の後継者としての姿が見られ印象が変わりました。

また景光の登場も少し多く、言動自体は相変わらず冷酷でしたが個人的には彼が完全な悪人だとは感じられないので百鬼丸と相対する日が来た時彼が何を思うのかがとても気になりました。

ストーリーとしては物語が大きく動いていく予兆を感じる場面が多くあり、これからどんな展開になるのか期待感がます回だと思います。

 

どろろの次回のストーリーは?

<ばんもんの巻・上>

醍醐領に入ったどろろと百鬼丸は、国境の砦跡地に残る1枚の巨大な板塀「ばんもん」の存在を聞く。
百鬼丸はばんもんに現れる狐の鬼神と対峙するのであった。

どろろの放送状況

TV放送時間

TOKYO MX       
毎週月曜22:00から放送開始

BS11         
毎週月曜24:30から放送開始

時代劇専門チャンネル 
毎週金曜26:00から放送開始

Amazonプライムビデオなど動画配信サービスで過去の話もあわせて観る事ができます。

【アニメ】どろろ(2019年版)の動画を無料で観れるサイトを紹介!

今すぐ『どろろ』を無料で観たい方はチェックしてみて下さい。

まとめ

以上が『どろろ』(2019年版)の10話の感想まとめでした!

まだ観ていない方はおすすめの作品ですし、今期のアニメの中でもいわゆる覇権の一角になることだと思います。

11話の感想まとめも公開していきますので、ぜひ視聴のお共にして下さい。

-アニメ感想
-

Copyright© アニメ動画大陸 , 2019 All Rights Reserved.