クリエイターズワールド ミニステージ イベントプログラム発表

トップページ » ニュース » クリエイターズワールド » クリエイターズワールド ミニステージ イベントプログラム発表

クリエイターズワールド ミニステージ イベントプログラム発表

公開日:2012/02/29

クリエイターズワールド隣接のミニステージでは、クリエイターズワールド参加者によるプレゼンテーションやトークショーなど、クリエイターに関する様々なプログラムをお送りいたします。

クリエイターの最新情報と作品に出会える「クリエイターズワールド ミニステージ」に是非お越しください。ご来場をお待ちしております。

 

ステージイベントスケジュール

3月22日(木)

● 13:00~13:15 TAKORASU steam world
● 13:15~13:30 ピコグラフ新作プレゼンテーション~「レントヘッド」
● 13:30~13:45 シュガーレス ファクトリーのキャラクター提案    
● 14:00~15:10 「クリエイター2012プレゼンテーション 8組」        
● 15:30~15:45 山元隼一が受注したいお仕事    
● 15:45~16:00 きのしたがくのアニメーション    
● 16:00~16:15 TANGE FILMS について少し。

3月23日(金)

● 12:45~13:00 Spooky graphic「キャラクターデザインへのアプローチについて」
● 13:00~13:15 デコボーカル!
● 13:15~13:30 「ウサギ王・・・とりあえずいたずらに動かしてみましたがどうでしょう。あっ修正ですか。そうですか・・・(仮)」
● 13:30~13:45 ホネスタ「キャラクター・アプローチ」        
● 14:00~15:10 「クリエイター2012プレゼンテーション 8組」        
● 15:30~15:45 高橋昂也「映像時代の神話」
● 15:45~16:00 NEFT FILM(ネフトフィルム)紹介    
● 16:00~16:25 神風動画アニメーションメイキング「神風式」関連商品ご案内
● 16:30~16:45 ルンパロ・チータ「アニメフェアの実績!クリエーターズワールド展示作品が地上波テレビアニメ番組化」

3月24日(土)

● 14:00~14:15 栗栖直也「少人数制作・一ヶ月半で出来る事~CM映像メイキング他」
● 14:15~14:30 パンタグラフの活動内容について
● 14:30~14:45 絶対妄想不条理系メテオール(仮)

3月25日(日)

● 13:30~15:30 クリエイタートークショー「オリジナル作品で食べていけるか?」
パネラー:新海岳人 青木純 アオキタクト 大山慶

 

イベントの詳細

クリエイター2012 プレゼンテーション

● 3月22日(木)14:00~15:10
● 3月23日(金)14:00~15:10

クリエイターズワールドに初参加する 2012クリエーター 8組が、作品の紹介ほか参加の目的・新企画などをプレゼンテーションします。是非ご覧下さい。

参加クリエイター:青山桃実 epoketto 大高那由子 大桃洋祐 岡本将徳 新海岳人 TheBERICH 松本慶祐

クリエイターによるビジネスプレゼンテーション
【3月22日(木)】

● 3/22(木)13:00~13:15
タイトル:TAKORASU steam world    
内容:TAKORASU作品、制作中動画・企画紹介   

● 3/22(木)13:15~13:30
タイトル:ピコグラフ新作プレゼンテーション~「レントヘッド」
内容:ピコグラフの新作、3月配信のスマートフォン向けノベルアプリ「レントヘッド」の紹介と新しい企画を提案します。

● 3/22(木)13:30~13:45
タイトル:シュガーレス ファクトリーのキャラクター提案        
内容:小型の低予算案件から大型案件まで

● 3/22(木)15:30~15:45
タイトル:山元隼一が受注したいお仕事    
内容:アニメーション作家山元隼一の映像遍歴と今後引き受けたい仕事についてお話させていただく予定です。

● 3/22(木)15:45~16:00
タイトル:きのしたがくのアニメーション    
内容:自己紹介と自分のアニメーション紹介

● 3/22(木)16:00~16:15
タイトル:TANGE FILMS について少し。
内容:タンゲフィルムズの最近の仕事などを紹介しながら、タンゲフィルムズの内側を少しだけお話しします。


【3月23日(金)】

● 3/23(金)12:45~13:00
タイトル:Spooky graphic「キャラクターデザインへのアプローチについて」
内容:Spooky graphicが生み出すキャラクターと、そのデザイナーのご紹介、及びその手法について。

● 3/23(金)13:00~13:15
タイトル:デコボーカル!
内容:「デコボーカル」活動や作品についてと、iPhoneアプリ「ちきゅう時計」の紹介など。

● 3/23(金)13:15~13:30
タイトル:「ウサギ王・・・とりあえずいたずらに動かしてみましたがどうでしょう。あっ修正ですか。そうですか・・・(仮)」
内容:2010~2011年のお仕事報告と2012年の予定、新作映像の発表。   

● 3/23(金)13:30~13:45
タイトル:ホネスタ「キャラクター・アプローチ」    
内容:ショートアニメーションとパノラマ画像によるキャラクタープロモーションの具体例を紹介及び、ホネスタオリジナル作品紹介

● 3/23(金)15:30~15:45
タイトル:高橋昂也「映像時代の神話」
内容:作品の上映、解説

● 3/23(金)15:45~16:00
タイトル:NEFT FILM(ネフトフィルム)紹介
内容:NEFT FILMの紹介

● 3/23(金)16:00~16:25
タイトル:神風動画アニメーションメイキング「神風式」関連商品ご案内
内容:
2011年に秋葉原や各学校機関で行った神風動画のアニメーションメイキング「神風式」に関連した書籍と、LightWaveでのテクニックを解説したDVDどをリリースすることとなりました。
法人化10周年ということで、書籍やDVDでは神風動画がここまでで得た映像表現技法を皆様に提供していこうと考えております。その一部の内容をご紹介させていただくミニステージとなります。

●3/23(金)16:30~16:45
タイトル:ルンパロ・チータ「アニメフェアの実績!クリエイターズワールド展示作品が地上波テレビアニメ番組化」
内容:
クリエイターズワールド2006でルンパロ・チータが展示公開した「ズモモとヌペペ」が4月3日よりEテレ「大天才テレビくん」の番組内アニメコーナーで毎週火曜日放送されることになりました。制作や監督などアニメフェアで出会った方々に尽力いただいており、アニメフェアがなければ実現しなかったテレビアニメ番組といえます。
今回、クリエイターズワールドから番組化に至る経緯を交え番組紹介を行いたいと思います。


【3月24日(土)】

● 3/24(土)14:00~14:15
タイトル:栗栖直也「少人数制作・一ヶ月半で出来る事~CM映像メイキング他」
内容:制作期間が同じ一ヶ月半の3DCGアニメーション映像(30秒CM・20分の展示館用映像)を例に、予算に合わせたリソースの割き方、その中での制作メイキングなどをご紹介します。

● 3/24(土)14:15~14:30
タイトル:パンタグラフの活動内容について
内容: パンタグラフの活動内容の紹介と、我々の特徴である立体造形や楽曲制作を 用いた新しい創作環境の提案を解説します。

● 3/24(土)14:30~14:45
タイトル:絶対妄想不条理系メテオール(仮)
内容:4月からテレビ埼玉で放映予定のバンドが主人公のCGアニメの制作発表を兼ねたミニライブ演奏。

クリエイタートークショー「オリジナル作品で食べていけるか?」

● 3月25日(日)13::30〜15:30

■ 司会 真狩祐志
■ パネラー 新海岳人 青木純 アオキタクト 大山慶 
■ 内容:
2000年代は新海誠さんや吉浦康裕さんなど、個人制作から長編映画の監督が誕生した。
一方でコメディものでも真島理一郎さんやFROGMANさんなどが誕生している。
そしてアカデミー賞で受賞した加藤久仁生さんなど数々のトピックスもある。

スタジオの企画や個人の企画といった様々な出発点はあるにしても、
いずれも単発で終わりやすく継続してオリジナルをリリースしていく事は難しい。
結局のところ、経済的な観点からするとアートやエンタメといった作品ジャンルに関わらず、売れたかどうかで判断されてしまう事に他ならないからだ。

当日は、オリジナル企画を実現しながら日々そうした葛藤と向き合うクリエイターの叫びをお届けする。
2000年代の「実験」は終わった。2010年代はどう生き抜くべきなのか。


一覧へ戻る

ページ先頭へ

  • ビジネスデーステージイベント
  • パブリックデーステージイベント
  • 出展者一覧
  • 会場マップ
  • コスプレ
  • キッズエリア
  • 会場へのアクセス
  • よくあるご質問
  • サイトマップ